fc2ブログ

6月のADP雇用者数大きく上振れ 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆東京時間夕方には143円56銭近辺まで売られたドル円は
NYで急反発。ADP雇用者数が大きく上振れ、米金利が上昇
したことで144円65銭までドルが買われる。
◆ユーロドルは依然として上値を切り下げ、この日は1.09
前後を天井に1.08台前半まで売られる。
◆株式市場では3指数が揃って続落。6月のADP雇用者数が
予想の倍以上だったことでほぼ全面安の展開。
◆債券は続落。長期金利は4%台に載せ、一時は4.03%台
まで上昇。
◆金は続落し、原油は横ばい。

◆米6月ADP雇用者数                  →  49.7万人
◆ 新規失業保険申請件数                  →  24.8万件
◆5月貿易収支                      →  -69.0b
◆6月S&Pグローバルサービス業PMI(改定値)     →  54.4
◆6月S&Pグローバル総合PMI(改定値)        →  53.2
◆6月ISM非製造業景況指数               →  53.9
◆5月雇用動態調査(JOLTS)求人件数         →  982.4万件

本日の注目イベント

◆日  5月景気先行指数(CI)(速報値)
◆中   中国6月外貨準備高
◆独   独5月鉱工業生産
◆欧   ラガルド・ECB総裁、パネル討論に参加
◆米   6月雇用統計
◆加   カナダ6月新規雇用者数
◆加   カナダ6月失業率


昨日のドル円は上下に大きく動きました。

東京時間は日経平均株価の大幅下落に反応して144円台を割り込み、さらに
日経電子版が内田日銀副総裁とのインタビュー記事を配信したことで、143
円56銭前後までドル売りが進みました。副総裁はYCCについて、「金融仲
介や市場機能に配慮しつつ、いかにうまく金融緩和を継続するかという観点か
らバランスを取って判断していきたい」と述べています。その上で当面は「Y
CCを続けていく」とも述べており、これまでの植田総裁の発言と大きく異な
る点はありませんでしたが、ヘッドラインに反応してドル売りが先行したもの
と思います。

およそ10日ぶりに143円台半ばまで売られ、上値を重くしたように見られ
たドル円でしたがNYでは大きく反発しました。
それもそのはず、米労働市場の好調さが再確認され、米金利が急騰するなど、
「ドル買い材料一色」といった状況でドルが上昇しました。
6月のADP雇用者数は市場予想の「22.5万人」に対して、「49.7万
人」と、倍以上の結果でした。雇用は建設、貿易、運輸、娯楽、ホスピタリテ
ィといった比較的広い範囲で増加しており、地域別でも南部を除いた全地域で
増加していました。特に従業員250人未満の企業で大幅に増えていました。
(ブルームバーグ)
ADPは民間部門の雇用統計で、必ずしも今夜の雇用統計とは一致しないケー
スが多く見られますが、この結果を受け、いやが上にも今夜の数字にも上振れ
期待が高まります。

また6月のISM非製造業景況指数も、4カ月ぶりの高水準となり、業況指数
や新規受注が拡大しています。さらに再就職あっせん会社「チャレンジャーG
&C」が発表したデータでは、米企業の人員削減数は6月が昨年10月以来と
なる低水準でした。
5月の求人件数も前月からは減少したものの、歴史的には高水準にとどまって
います。
これらドル買いのデータに加えて、FOMCメンバーからも相変わらず「タカ
派寄り」の発言も出ています。
ダラス連銀のローガン総裁は、「インフレ率が持続可能かつ適時な形で目標に
戻るかどうかについて、依然として非常に懸念している」と発言し、「物価安
定と最大雇用というFOMCのゴールに達成するためには、より景気抑制的な
金融政策が必要になると考える」との見解を示しています。

これらの材料に株式市場ではダウが一時500ドル下げるなど、ほぼ全面安の
展開でした。
債券も大きく売られ、2年債は5%の大台に載せ、10年債も3月2日以来、
約4カ月ぶりとなる4%台を記録しドル買いに拍車を掛ける結果になりました
。ドル円は結局、この日の底値から1円程戻したことになりますが、あらため
て米労働市場の好調さは人手不足に支えられているとはいえ「想定外の強さ」
です。
この結果、2時間足までの短期のチャートでは「売りシグナル」が点灯しまし
たが、急速に戻しています。
ただ、日足ではMACDが「デッドクロス」を示現している点には注意してい
ますが、それでもまだ「プラス圏」でのクロスです。一応念のために。
今夜の雇用統計では非農業部門雇用者数(NFP)は「23万人の増加」と予
想されています。
昨夜のADPのように大きく上振れすれば再び145円テストの可能性もある
かもしれませんが、今朝8時過ぎにはドル円は再び144円を割り込んできて
います。どちらかと言えば上値の方が重くなってきた印象ですが、どうでしょ
う。

本日のドル円は142円70銭~144円70銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。