fc2ブログ

ドル円欧州で140円前半まで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆上値を重くしているドル円は欧州市場で140円17銭近辺まで
下げたが、その後はNY時間にかけて反発。NYでは一旦ドルが
買われたものの141円には届かず再び140円台前半まで下落。
◆ユーロドルは小幅に上値を切り上げ1.1009まで上昇。
◆株式市場は3指数が続伸。マイクロソフトの大型買収が前進した
ことで市場のセンチメントも好転。ダウは317ドル買われた。
◆債券は続伸。長期金利は3.97%台に低下。
◆金と原油は反発。

本日の注目イベント

◆英   BOE、金融安定化報告・BOE総裁会見
◆米   6月消費者物価指数
◆米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆米   ブレーナード米国家経済会議(NEC)委員長講演
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、討論会に参加
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、討論会に参加
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演
◆加   カナダ中銀政策金利発表


下値を徐々に切り下げているドル円は昨日の欧州市場で140円17銭前後
まで売られ、140円割れを試す動きが見られました。
その後のNYでは一旦反発したものの、141円には届かず再び140円台
前半まで押し戻される展開でした。これで直近のドルの高値から5円近く急
速に円高が進んだことになりますが、その背景に
ついて、昨日は当社のお客様からも何件か問い合わせがありました。

先週後半からドル円は上値を徐々に重くはしていましたが、金曜日の雇用統
計が市場予想を下回った辺りから下落基調を強めています。
今月のFOMC会合では0.25ポイントの利上げはほぼ確実と見られる上
に、パウエル議長も含め、多くのFOMCメンバーが年内にさらなる利上げ
が必要との「タカ派」発言を行うなど、外部環境はこれまでとほとんど変わ
っていません。最も変わったのは日銀に対する見方です。
少なくとも6月下旬辺りまでは「7月の決定会合では政策変更はない」との
見方が支配的でしたが、今週に入り「サプライズ」を予想する向きが一気に
増え、風向きが変わってきています。

「市場の移り気」は今に始まったことではありませんが、日本の債券市場で
は先月27日には一時「0.355%」まで低下した10年債利回りが、昨
日は「0.45%」まで上昇してきました。
市場参加者が今回の会合で「ひょっとしたらYCCの修正など、何らかの動
きがあるかもしれない」ことを織り込み始めたことの表れです。
好調だった日本株もこのところ下落基調が続いているのも、それが理由の一
つと見られます。筆者は「今週のレンジ予想」ではその可能性についてコメ
ントを書きました。またFOMCでも今後の追加利上げの可能性はあるとし
ても、米金融当局が金融引き締め政策の終盤にいることについても再三述べ
てきました。一方日銀はどこかの時点で政策修正を迫られることもほぼ確実
と見てきました。
ブルームバーグは記事で、「既に日銀の政策修正リスクをオプション市場が
織り込み済みと考えれば、ドル円のスポット市場のリスクは151円超えに
傾いており、当局による介入が現実味を帯びてきたと言える」といった記事
を配信しましたが、これは7月3日のことで、まだ先週月曜日の話です。
また、バンク・オブ・アメリカが顧客向けレポートでドル円は大幅に上昇す
ると予想したのも、この頃だったと思います。
市場は常に先を読み、その見方を確かなものにするため右往左往しながら材
料を探しています。発表されるデータ次第では翌日にも見方が変わる可能性
もあるため、今後も投資家は冷静かつ柔軟に向き合い、フットワークの軽さ
も必要です。

今夜発表の6月の消費者物価指数(CPI)は、総合CPIが前年比「3.
1%」(前月は4%)、コアCPIは同「5%」(前月5.3%)と、前月
に比べインフレ率の伸びは鈍化していると予想されています。
ただ、それでも7月会合での追加利上げ見送りの材料にはならないと見てい
ますが、予想を下回るようだと、「7月会合以降で、年内もう1回の利上げ
」観測も一気に後退する可能性もあります。そうなると、ドル円は140円
割れを試すことになりますが、その際のメドは「138円33銭前後が極め
て重要」と見られています。
この水準はドル円が141円近くまで上昇しその後落とされた時と、さらに
その後何度か下値を試した際にもサポートされた重要な値位置です。
もちろん、CPIが予想を超えていれば、ドル円は142円を試す可能性
もありますが、米インフレが収まらないことを理由に、ドル円が再び145
円をテストするには時間を要すると思われます。

本日のドル円は138円80銭~141円30銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。