fc2ブログ

月別アーカイブ

 2023年07月 

FOMCを前にドル円反落 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆ドル円はFOMCを前に利益確定の売りに押され140円86銭
まで下落。消費者マインドが市場予想を上回り、ドルが買われる場面も
あったが続かず。
◆ユーロドルもやや軟調に推移。IFO景況感指数が下振れしたことも
あり、1.1021まで下落。
◆NYダウは26ドル上昇し、これで12連騰。FRBによる金融
引き締めは最終段階にあるとの見方が広がる。他の2指数も揃って上昇。
◆債券は続落。長期金利は3.88%台に上昇。
◆金は4日ぶりに反発。原油は続伸し79ドル台半ばに。

◆5月ケース・シラ-住宅価格指数         → -1.70%
◆5月FHFA住宅価格指数            → 0.7%
◆7月コンファレンスボード消費者信頼感指数    → 117.0
◆7月リッチモンド連銀製造業景況指数       → -9

本日の注目イベント

◆豪   豪第2四半期消費者物価指数
◆豪   豪6月消費者物価指数
◆日  5月景気先行指数(CI)(改定値)
◆日  5月景気一致指数(CI)(改定値)
◆米   6月新築住宅販売件数
◆米   FOMC 政策金利発表
◆米   パウエル議長記者会見
◆米  企業決算 → AT&T、ボーイング、コカ・コーラ


ドル円は、日本時間明日の朝方に発表されるFOMCを前に利益確定のドル
売りに押された格好です。昨日のNYでは、コンファレンスボードが発表し
た「7月の消費者信頼感指数」が「117.0」と、2020年3月以来2
年ぶりの高水準でした。直後にドルが買われ141円59銭近辺まで上昇す
る場面もありましたが勢いは続かず、その後141円台を割り込んでいます
。コンファレンスボードのチーフエコノミストは、「信頼感の改善は全ての
年齢層で顕著で、年収5万ドル未満と10万ドルを超える所得層でも同様だ
」と指摘しています。消費者マインドの上振れで、米経済がリセッション入
りを避けられるとの見方が広がり、株式市場ではこれを好感し株価の上昇に
つながっています。注目されていたNYダウはこの日も26ドル上昇し、こ
れで「12連騰」です。これまでの記録である「13連騰」も視野に入り、
新記録達成もあるかもしれません。

一方で、やはり米経済はリセッション入りが避けられないとの見方も根強く
、ダブルライン・キャピタルのシャーマン副最高投資責任者(CIO)は、
「多くの経済指標が警告を発するか、リセッションのシグナルを点滅させて
いる。FOMCが利下げに踏み切る頃には、100bpの引き下げが必要に
なっているだろう」と述べ、「深刻な米リセッションに金融市場は備えるべ
きだ」と指摘しています。(ブルームバーグ)
ただ株式市場では、米経済はソフトランディングが可能との見方が徐々に増
えており、株価を支えています。今年後半のデータが注目されます。

IMFは世界経済の見通し発表し、4月時点の予測を上方修正しました。
2023年の世界経済成長率を、4月時点の「2.8%」から「3.0%
に引き上げました。米国がデフォルトを回避し、米欧の金融当局が銀行危機
を食い止めたことから、ここ数ケ月でリスクは和らいでいるとの見方を示
しています。
IMFは米国がソフトランディング出来るとの見方に同意しながらも、金利
上昇と中国の予想以上の景気回復の遅れ、新興国の債務問題、ロシアのウク
ライナ侵攻と米中関係緊張で加速している地理経済的分断による貿易への脅
威の中で、金融の安定性に対する継続的なリスクがあると指摘しています。
国別では、米国の今年の成長率を「1.8%」と予想し、4月の時点から0
.2ポイント引き上げており、日本については「1.4%」とし、4月時点
からは0.1ポイント上昇修正しています。
また中国については、今年は「5.2%」と前回予測を据え置いています。
不動産業界の軟調な投資が打撃を与えているほか、外需の低迷と若年層の失
業率の上昇などをその理由に挙げていました。

FOMCの結果発表は明日の朝3時で、3時半からパウエル議長の会見が始
まります。
ブルームバーグは、「FRBはインフレとの闘いにおいて極めて重要な局面
を迎えた。当局者らは1年余りの間、利上げが必要であるとの認識で一致団
結していたが、利上げをいつ止めるか、ピーク金利をいつまで維持するのか
について、意見の相違が深まり始めている」と指摘しています。
FOMCメンバーは大きく3つのグループに分かれており、「ハト派」のポ
スティック・アトランタ連銀総裁とグールズビー・シカゴ連銀総裁がそのメ
ンバーです。
サンフランシスコ連銀のデーリー総裁とコリンズ・ボストン連銀総裁を「中
間」で、他のメンバーは「タカ派」と見られます。これまでも書きましたが、
パウエル議長を始めFRBの幹部は概ね「タカ派」で、明日朝の会見でもパ
ウエル議長は「インフレ率がさらに持続的、安定的に鈍化することを示す確
かなデータが必要だ」といった意味合いの発言を行うと予想しています。

本日のドル円は139円80銭~142円程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。