fc2ブログ

米金融当局者4名、利下げは急がず 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆ドル円は朝方売られ147円台半ばまで下落したがその後反発。
米金利が上昇したこともあり、148円26銭まで買われる。
◆ユーロドルは小動き。1.07台半ばから後半で推移。
◆株式市場は3指数が高値を更新。S&P500は40ポイント買われ、
「5000」の大台に迫る。
◆債券は反落。長期金利は4.12%台に上昇。
◆金は小幅に続伸。原油も3日続伸。

◆12月貿易収支   →  -62.2b
◆12月消費者信用残高→  1561b

本日の注目イベント

◆日   12月国際収支・貿易収支
◆日  1月景気ウオッチャー調査
◆日   内田日銀副総裁が奈良市内で講演(10:30)
◆日   記者会見(14:30)
◆中   中国1月消費者物価指数
◆中   中国1月生産者物価指数
◆欧   ECB経済報告
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   イエレン財務長官、上院銀行委員会で証言
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆米   大統領選の共和党ネバダ州党員集会


ドル円は東京時間では148円を挟み小動きでしたが、NYでは147円台
半ばまで売られた後148円台を回復し、148円26銭まで買われる場面
もありました。
底堅い米景気と大型ハイテク株の好決算を手掛かりに株価は上昇し、昨日は
3指数が再び引け値ベースで最高値を更新しています。
債券はやや売られ、金利が上昇するなかでも株式市場には資金流入が続いて
おり、この一端には日本からのNISAを通じた買いも貢献しているようで
す。
米国株を買うには、円を売りドルを買い、そのドルで株式を買うというスキ
ームが一般的です。また外人投資家が日本株を買う際には逆の取引きが発生
しますが、ある程度為替のヘッジを行えば、ドル買い円売りのオペレーショ
ンも行います。円とドルの金利差から先物は「ディスカウント」となってい
ることから、ドルを安く買うことができ、ドル円でドル安が進んだ際には、
この種の取引も起こりやすいと言え、これもドルが底堅い動きを見せる一因
となっている模様です。

昨日もFOMCメンバー4人の講演などがあり、総じて「利下げを急ぐ根拠
は見当たらない」という考えを示しています。
FRBのクーグラー理事はブルッキングス研究所で、理事就任後初めてとな
る講演を行い、「インフレと労働市場の継続的な鈍化により、ある時点でフ
ェデラルファンド(FF)金利融誘導目標レンジの引き下げが適切になる可能
性がある。一方、ディスインフレの進展が失速した場合、FRBの2つの責
務を確実に進めるために、誘導目標レンジをより長期にわたって現行水準に
維持することが適切になるかもしれない」と述べています。
ボストン連銀のコリンズ総裁はボストン・エコノミック・クラブで講演を行
い、「利下げに踏み切る前に、インフレ率が、金融当局が目標とする2%に
着実に近づきつつあることを示すさらなる証拠が必要だ」と話し、同氏は今
年のFOMCでの議決権は有していないが、「年内に政策の引き締まりを緩
和し始めるのが適切になる可能性が高い」と述べています。

そして、リッチモンド連銀のバーキン総裁は、エコノミック・クラブ・オブ
・ワシントンのイベントで講演を行い、「到達するべきところに至るために
辛抱強い姿勢でいることを強く支持する」と発言し、「勝利宣言は非常に心
をひかれるが、私からその言葉を聞くことは決してないだろう」と付け加え
ています。
最後はミネアポリス連銀のカシュカリ総裁です。カシュカリ総裁はCNBC
の番組で、「われわれはより良好なインフレデータを求めているわけではな
く、2%の水準付近にあることを示す追加のインフレデータを求めているだ
けだ。さらに数カ月そうしたデータを目にできれば、強い確信を得ることが
できると私は考えている」と語っています。(ブルームバーグ)
4人の金融当局者が「利下げは急がない」と判で押したような認識を示しま
したが、これはすでにFOMCでのコンセンサスになっていると考えられま
す。

EU加盟国は、11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した場合にEUを襲
う可能性のある「懲罰的措置」にどう対応するかについて、内部で協議を始
めた、とブルームバーグは伝えています。
「トランプ氏のチームはEUに対して取り得る多数の措置を計画しており、
最低10%の関税を広範に課す措置や、米テクノロジー企業を暗に狙うEU
のデジタルサービス税への対抗措置などが含まれる可能性がある」と報じて
います。
同盟国日本も例外ではなく、EUと歩調を合わせ早めの対応を検討する必要
があります。

本日は内田日銀副総裁の講演が奈良市で行われる予定で、すでにその発言内
容が注目されています。発言が早期の政策修正を示唆するものであれば、円
が買われる可能性もあります。10時30分からの発言と14時30分から
の会見には注意が必要です。

本日のドル円は147円~148円80銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。