fc2ブログ

ドル円2カ月半ぶりに149円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆日銀副総裁の発言を受け、ドル円と日本株が買われた。NYでは
ドル高の流れを受けて149円台に乗せ、149円48銭まで上昇。
昨年11月27日以来となるドル高水準を記録。
◆ユーロドルは1.07台でのもみ合いが続く。
◆株式市場は小幅ながら3指数が揃って続伸。S&P500は
節目の「5000」を前に売り買いが交錯したが3ポイント高。
◆債券は続落し、長期金利は4.15%台に上昇。
◆金は小幅に反落。原油は中東情勢の混迷に大幅続伸。


◆新規失業保険申請件数   → 21.8万件 

本日の注目イベント

◆独   独1月消費者物価指数(改定値)
◆英   英1月消費者物価指数
◆米   米独首脳会談(ホワイトハウス)
◆加   カナダ1月新規雇用者数
◆加   カナダ1月失業率

ドル円は大幅に続伸し、NYでは昨年11月27日以来となる149円48銭まで
ドルが買われたというより、「円が売られ」ました。
やはり、日銀の内田副総裁の発言がトリガーになりましたが、それでも東京時間で
は、円が売られたといってもそれほど急激ではなく、148円台前半にとどまって
いました。
むしろ発言は株式市場に大きく影響し、「緩和姿勢が続く」との見方から日経平均
株価が一時800円を超える上昇を見せ、3万6900円台に乗せる場面がありま
した。

内田副総裁は奈良市での講演で、「物価と賃金の好循環が見通せる確度が少しずつ
高まっている」と述べ、ここまではこれまでも植田総裁が何度も口にしてきた「常
套句」でしたが、マイナス金利を解除しても、「どんどん利上げをしていくような
パスは考えにくく、緩和的な金融環境を維持していく」と述べたことで、市場は「
円売り」を加速させました。ドル円は欧州市場で149円台に乗せ、NYでは長期
金利の上昇もあり、149円48銭まで「円安」が進行しました。日銀の金融政策
の動向を巡っては海外勢の方がより敏感に反応しやすい傾向はこれまでと変わりま
せん。
昨日は円が一段と売られたことで、ユーロ円など、クロス円も総じて円安に振れて
います。
146円台半ばから148円台半ばのレンジを上抜けし149円台半ばまで上値を
伸ばしたことで、150円も視野に入ってきたと見ています。
150円台に乗せることが出来るかどうかは分かりませんが、少なくとも一度はテ
ストする可能性が高いと考えています。

ウクライナのゼレンスキー大統領と軍の総司令官ザルジニー氏との確執が取り沙汰
されていましたが、ザルジニー氏はXで辞任したことを投稿しました。
ザルジニー氏自らが辞任したのか、解任されたのかは明らかではありませんが、氏
はXでチームの一員に残るとしつつも「そのような刷新をすべき時がやってきた」
と述べ、シルスキー陸軍司令官が後任の総司令官になることを明らかにしています。
「ザルジニー氏は兵士だけではなく、市民からも広く尊敬を集めていた。ロシア軍
の戦力を前にますます劣勢に立たされ、西側の支援が不足する緊迫した状況で軍の
トップが交代することになる」(ブルームバーグ)
ロシアの攻勢が強まる中での軍トップの辞任は、今後の対ロシア戦略にも何らかの
影響があると思われ、ゼレンスキー大統領にとっても、米大統領選挙の行方もあり、
頭の痛いところです。

前日に続きリッチモンド連銀のバーキン総裁がブルームバーグのインタビューに答
えていましたが、基本的な姿勢は変わらず、「労働市場は依然として非常に力強い
。インフレ率が低下していくのは喜ばしく、このまま低下し続けることを願ってい
る」と語り、「われわれは、辛抱強くなる時間はあると考えている」とし、「あと
数カ月のインフレデータを見極めたい」との考えを示しています。
足元の最大の変動要因である日米金融当局の政策スタンスでは、利下げのタイミン
グを模索しているFRBが「利下げは急がない」との姿勢を示し、一方大規模な金
融緩和政策の修正が近いと見られている日銀の「修正への歩みが鈍い」ことが、ド
ル円を再び149円台まで押し上げています。
先週も述べたように、テクニカルでは今年に入っては依然としてドル売りシグナル
は点灯しておらず、ドル高を示唆しています。

本日のドル円は148円50銭~150円程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。