fc2ブログ

月別アーカイブ

 2024年02月 

ドル円149円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き  

NY市場

◆連休前の欧州市場で149円57銭まで買われた
ドル円は一旦下げ、148円97銭まで売られたが再び反発。
149円48銭まで買われ、150円をうかがう展開が続く。
◆ユーロドルは引き続き1.07台で膠着状態。
◆株式市場はまちまちながら上昇傾向は続く。ダウは125ドル
買われ最高値を更新。他の2指数は小幅安。
◆債券はほぼ横ばい。長期金利は4.17%台で推移。
◆金は3日続落。一方原油は小幅ながら6日続伸。依然として中東情勢が材料に。

◆1月財政収支   → -21.9b

本日の注目イベント

◆豪   豪2月ウエストパック消費者信頼感指数
◆豪   豪1月NAB企業景況感指数
◆中東  OPEC月報
◆独   独2月ZEW景気期待指数
◆英   英1月失業率
◆英   英ILO失業率(10-12月)
◆米   1月消費者物価指数

ドル円は底堅い動きが続いています。
連休前の9日の夕方には149円57銭を付ける場面もあり、昨日のNYでは
148円97銭まで売られましたが、再び149円台を回復し、149円48
銭までドル高が進みました。
ユーロドルでもユーロが売られドル高は進んでいますが、ここしばらくは1.
07台で推移しており、結局ドル円での円の弱さが目立ち、クロス円でも円安
が進んでいます。
先週も触れましたが、FRBの利下げ開始のタイミングの遅れと、日銀の政策
修正観測が後退していることが背景ですが、足元の株価の上昇に、「リスク選
好」の流れが根底にあることも円売りに拍車を掛けている可能性があります。
日米で株価が極めて堅調に推移しており、日本のNISAを通じた米国株への
資金流入も無視できない規模になっている可能性があります。

バイデン大統領は11日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談を行い、パ
レスチナ自治区ガザ南部にあるラファについて、「市民の安全と支援に向けた
、信頼できる実行可能な計画がなければ、軍事作戦を進めるべきではない」と
述べ、これまでよりも強い言葉で警告しましたが、ネタニヤフ氏からは明確な
返答はなかった模様です。
同氏は、これに先だち米ABCの番組で、「市民はガザ地区の北部に移動すべ
き」と述べると同時に、「ラファでイスラム組織ハマスの残りの勢力を攻撃す
る」とも述べています。
ラファには100万人を超えるパレスチナ人が避難しており、今回の攻撃でも
すでに多くの市民が犠牲になっています。ネタニヤフ氏の強硬な姿勢に対して
、日増しに非難の声が高まっています。

トランプ氏の発言が再び耳目を集めています。トランプ氏は10日の集会で、
「大統領在任中にNATO加盟国首脳から、(国防費)を支払わずにロシアか
ら攻撃されたら我々を守ってくれるのか」と問われ、「守らない」と答えてい
ます。
トランプ氏は自国の国防費をGDP比2%以上にする目標が未達の加盟国を念
頭に「ロシアが望むことを何でもするよう奨励する」と語っています。(日経
新聞)
これに対して共和党の大統領候補を目指しているヘイリー氏は、「NATOに
もっと負担してもらいたいのは当然だが、一番やってはいけないのは凶悪人物
の味方をすることだ。プーチン氏が敵対する人を殺すことを忘れてはならない
」と非難し「トランプ氏が同盟国よりもプーチン氏の肩を持つのは間違ってい
る」と話しています。

ボウマンFRB理事は12日、テキサス州でのイベントで、「景気が現状で維
持する限り、政策金利は適切な水準にあると考える。利下げの時期や幅につい
て語るのは時期尚早だ。当面は利下げが適切だとはみていない」と、改めて早
期の利下げはないとの考えを述べています。
また、リッチモンド連銀のバーキン総裁も12日のイベントで、「インフレ圧
力が続くという現実的なリスクはあると思う。この段階で勝利を宣言するのは
かなり大胆に思える」と語り、「13日に発表される最新のインフレデータを
検証するつもりだ」と話しています。3月会合での利下げの可性はほぼないと
思いますが、明日のCPIの結果次第では5月会合での利下げ観測が急速に高
まる可能性はあります。

ドル円は節目の150円に向っていると見られますが、やはりこの水準から上
方は介入警戒感もあり、そう簡単には突破できるものではなく、2次攻撃、3
次攻撃が必要ということでしょう。上でも述べた2つの大きな変動要因が、こ
の先どのように変わって来るのかがポイントになります。

本日のドル円は148円50銭~150円程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。