fc2ブログ

豪ドル貿易収支を受け大幅に下落。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は上値の重い展開が続くものの、積極的に円を買う動きも無く

    やや膠着状態に。NY市場では値幅も出ず、終始79円台後半で推移。

  • ユーロドルは前日1.30台半ばまで反発したものの、やはり上値は重く

    大統領選に勝利したオランド氏の言動や、ギリシャの連立政権の行方など

    不透明感が増したことで、再び1.30台を割り込む。

  • 豪ドルも大幅に下落。貿易収支や景況感の悪化を嫌気して売りが先行し、

    対ドルでは昨年末以来となる1.01台割れまで下落。

  • 株式市場は5日続落。ギリシャの財政不安やスペインの長期金利が再び上昇した

    ことを材料に一時190ドルを超す大幅な下落を見せた。引けにかけては下げ幅を

    縮小し、結局前日比76ドル安で、1万3000ドルの大台を割り込む。

  • 債券相場は5日続伸。10年債利回りは一段と低下し、1.84%台に。

  • 金は大幅に下落し、一時は約4ヵ月振りに1600ドル台を割り込む。

    対ユーロでドルが買われたことが背景。原油価格も5日続落で97ドル割れ目前に。




本日の注目イベント


  • 日   3月景気動向指数(速報値)

  • 独   独3月貿易収支

  • 独   ワイトマン・独連銀総裁講演

  • 独   ジョイブレ・独財務相講演

  • 英   BOE金融政策員会(10日まで)

  • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演

  • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演





上値が重い展開が続いているドル円は80円を挟み一進一退の展開ですが、昨日の

NY市場では79円台後半にへばりつき、膠着状態を強めてきました。

80円台が重くなる一方、79円70銭以下では個人投資家からの買い意欲も強く、こ

の水準から積極的に円を買い進めるには「ややリスク」もあるのか、ドルの下値も今の

ところ限定的です。

株式市場の低迷が続き、米10年債利回りは1.84%台まで低下してきました。

この金利水準を見る限り、ドル円でも「円高ドル安」がさらに進んでいてもおかしくな

いレベルですが、79円台後半で推移しています。

日銀の緩和姿勢が鮮明なことや、一部にある介入警戒感などから、さらに円買い

を進める動きを抑制しているようにも思えます。

しかし円以外の通貨に対してはドルは買われており「ドル高」が進んでいるため、

クロス円は軒並み円が上昇し、円が最強の通貨となっています。

クロス円の売りが、ドル円の上値を抑えている面もあろうかと思います。

方向感のないドル円ですが、フランスとギリシャの選挙結果を受けユーロドルが

再び1.30台を割り込むなど、市場全体が「ドル高傾向」に推移していることから、

ドル円も今週発表される日本の貿易収支などをきっかけにドルが買い戻される展開が

あるかもしれません。

短期的なの上値のメドは、80円15銭近辺を抜けできるかどうかが注目されます。

フランス大統領選でオランド氏が勝利したことでEUもこれまでの緊縮財政一本やり

の政策を見直す機運が高まってきています。

バローゾ欧州委員長は「財政再建と成長をどのように融合させるかが課題だ」と述べ

、オランド氏を意識した発言も目立ってきました。また、EUは23日に緊急首脳会議

を開催することを発表しています。

この会議にはオランド氏も出席する予定で、現行の緊縮経済政策に景気刺激策を

どう取り込むのかが議論されると思われます。

特にこの会議ではメルケル独首相の出方が焦点で、同氏は「成長は必要だが効果

の薄い財政出動はすべきでない」と牽制していることから、独仏トップ会談でどちら

がどのような歩み寄りを見せるかが注目されます。

豪ドルの下落が鮮明になってきました。

昨日の貿易収支の発表では赤字幅が15億8700万豪ドルと、市場予想より拡大し

ており、さらに景況感なども悪化しています。このため豪ドルは対米ドルで昨年末

以来となる1.01台を割り込み1.0088まで売られています。

今月1日に0.5%の大幅な利下げに踏み切ったばかりであることから、すぐに再利

下げを実施することはないと思われますが、利下げ観測は今後もくすぶり、豪ドルの

上値を重くしそうです。

1.01台を割り込んだことで「MACD」(日足)でもデッドクロスが示現し、下落基調

に入ったことを示唆しています。豪ドルはご承知のように個人投資家に最も人気のあ

る通貨です。個人投資家の買い持ち額の合計は数百億ドルに達しているものと思

われます。

豪ドル円が80円を割り込みさらに下落するようなことがあると、「損切り」の売りが大

量に出てくることも考えられます。

安易に買い向かうのは得策ではありません。

買うのであればできるだけ引きつけ、短期的なトレンドが変わってからでも遅くはあ

りません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1068-ada219e0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。