fc2ブログ

ユーロ円ギリシャの政局混迷で102円台に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 欧州不安を背景にドル円は緩やかな「ドル安円高」が続く。欧州市場では

    一時79円半ばを割り込み、79円43銭まで下落。米長期金利の低下も加わり

    円が買われ易い展開に。NYでは79円半ばから30銭程度の値動きに終始。

  • ユーロドルは1.30台を大きく割り込み1.2912までユーロ安が進行。

    スペインの大手銀行が国有化になるなど、同国の株式、債券が大幅に下落したことで、

    ユーロは主要通貨に対して軒並み値を下げる。

  • スペイン政府は同国の銀行「バンキア」を公的管理下に置くと発表。

    バンキアは国内不動産保有ではスペイン最大手の銀行。

  • 株式市場は6日続落。スペインの10年債利回りが再び6%を超えるなど、欧州危機が

    拡大するとの見方が強まり、ダウは97ドル安と1万2900ドル台も割り込む。

  • 債券相場は続伸。連日利回りが低下している10年債は、この日もギリシャの政局混迷

    を材料に価格が上昇し利回りは1.82%台まで低下。

  • 金は続落し、引け値で1600ドルの大台を割り込む。原油価格も6日続落。

    原油在庫が記録的な高水準であったことが嫌気され96ドル台まで下落。




本日の注目イベント


  • 豪   豪3月雇用統計

  • 日   3月経常収支

  • 日   3月貿易収支

  • 日   4月景気ウオッチャー調査

  • 中   中国4月貿易収支

  • 欧   ECB月例報告

  • 英   BOE政策金利発表

  • 英   英3月鉱工業生産

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   3月貿易収支

  • 米   バーナンキFRB議長講演

  • 米   ゼーリック世銀総裁講演

  • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演






ドル円は昨日の欧州市場で79円の半ばを割り込み、79円43銭まで下落しました。

その後のNY市場では79円50銭以上を維持してはいますが、引き続き上値の重

い展開が予想されます。ドル円そのものを手掛ける参加者は多くはないものの、ユ

ーロ円や豪ドル円など「クロス円」で参加してくる個人投資家が目立ってきたように

思います。

その「クロス円」の売りがドル円の上値を重くし、主要通貨ではドル高が進んで行く

中、円だけが買われる展開が続いています。ドル円が一気に77-78円台まで下

落しないのも「市場全体ではドルが買われている」ことが背景だと思われます。

ユーロ円は102円台後半まで下落し、2月16日以来の安値を記録しています。

昨日の動きを見る限り、市場はフランス大統領選の結果を問題にしているわけで

はなく、ギリシャの政局の混迷を嫌気していると思われます。

ギリシャ国債の下落がスペインなどへ波及し、再び重債務国の債務問題が注目

される展開になっています。特に注目されているのがギリシャのユーロ圏離脱問

題です。

ドイツのショイブレ財務相は昨日「ギリシャがユーロ圏にとどまらないと決めた場合、

われわれが残留を強制することはできない」と発言し、ユーロ圏に残るかどうかは

国民が決めることと冷めた言い方をしています。

またECBのアスムセン理事も「ギリシャがユーロ圏のメンバーに残りたいのなら、

合意した財政再建プログラムの代替策は存在しないことを自覚する必要がある」

と言い放っています。

ギリシャの資金繰りが徐々に厳しくなっているような印象を覚えます。

1.30の大台を大きく割り込んだユーロドルは今後もギリシャの混迷を材料に売り

圧力が強まってきそうです。今年1月13日には1.26台前半まで下落しましたが、

徐々にその水準を試しそうな気配です。

1.29台から下値には重要なサポートはなく、どのレベルで下げ止まるのか目処

がつきにくい状況です。欧州時間には注意が必要です。

ドル円は79円台半ばで推移していますが、世界的な株安が収まらないとドルの

大幅な反発は望めない状況です。

株安はリスクが取れないことを意味し、リスク資産は売られ、安全資産が買われ

ます。

債券価格の急騰は金利の低下に繋がり、米国、ドイツ、日本では10年債利回り

が記録的な水準まで低下しています。

特に日本の10年債は0.85%まで金利が低下し、今後の「下げ余地」は限定的

であることから、「誰が最後のババを引くのか」という状況も近いのではないかと考

えています。

円が主要通貨に対して買い進まれるのもこの流れから来ていますが、われわれ

日本人が考える以上に海外では「円は安全」といった見方が依然として主流の

ようです。

本日は朝方8時50分に日本の「4月上中旬分」貿易収支が発表されます。

予想では430億円程度の「貿易赤字」と観られていますが、赤字幅が拡大し

ていると円がやや売られる展開も予想されます。

本日のレンジは79円30銭~79円90銭を予想しています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1069-06152f6c

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。