fc2ブログ

ドル円下落が一服。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米失業保険申請件数の好転にドル円の下落も一服。79円台後半で取引が始まった

    ドル円は、株価の反発や長期金利の上昇にドル買い戻しの流れが優勢となり80円台に

    乗せる場面はあったものの、勢いはなく79円台に押し戻されて引ける。

  • ユーロドルも小幅に反発。ギリシャで連立政権樹立の可能性が出てきたことや、

    欧州金融安定基金(EFSF)がギリシャ向けの融資の一部を実施したことなどが好感され

    1.29台半ばから後半まで上昇したが勢いも限定的。

  • 豪ドルは対円対ドルで反発。昨日発表された雇用統計で、雇用数、失業率がともに

    市場予想を大幅に上回ったことが背景。豪ドル円は一時81円前後まで上昇。

  • 株式市場は7日ぶりに反発。雇用関連の指標が改善していたことを手がかりに、

    ダウは前日比100ドル近辺まで上昇したものの、引けでは19ドル高に縮小。

  • 債券相場は反落し長期金利は上昇。株高と雇用指標の改善を手掛かりに利益確定の

    売りが先行。10年債利回りは1.87%台を回復。

  • 対ユーロでドルが売られたことで金、原油はともに小幅に反発。

  • 新規失業保険申請件数 → 36.7万件

  • 3月貿易収支 → 518億ドルの赤字







本日の注目イベント


  • 日   4月マネーストック

  • 中   中国4月生産者物価指数

  • 中   中国4月消費者物価指数

  • 中   中国4月鉱工業生産

  • 中   中国4月小売売上高

  • 独   独4月消費者物価指数(改定値)

  • 英   英4月生産者物価指数

  • 米   4月生産者物価指数

  • 米   5月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

  • 加   カナダ4月失業率




新規失業保険申請件数が2週連続で改善していたことでドル円の下落基調

もやや一服しました。昨日のアジア市場でも79円台半ばがサポートされ、も

み合いを続けていましたが、海外市場に入るとクロス円の買い戻しを中心に、

円を売る動きが優勢となりドル円もNY市場では80円台に乗せる場面もありま

した。

ギリシャ問題がやや好転の兆しを見せたことで、株価の反発→債券価格の下

落→金利の上昇という流れから、やや「リスクオン」に傾いた結果、ドル円でも

ドル買い円売りが優勢だった、ある意味分かりやすい相場展開だったように思

います。

ただ、80円台に乗せてもストップの買い戻しなどを巻き込む勢いもなく、上値

を抑えらた格好になっています。

この水準はテクニカルでも200日移動平均線(1時間足)が79円95銭にあり、

さらに一目均衡表(4時間足)の雲の下限が80円07銭にあることから、レジス

タンス・ゾーンになっています。

本日の東京市場の株価の反発具合にもよりますが、大幅な株価の上昇があ

れば上記ゾーンの上抜けも考えられ、80円30銭程度までのドル高も予想で

きそうです。

一方下値も79円台半ばを徐々に固めつつあるように見えることから底堅い

展開が予想されます。

市場のセンチメントは依然として「ドルの戻りを売りたい」と言った相場観が

優勢であることで、本日の予想レンジは79円60銭~80円30銭です。

中国の経済指標が多く発表されるため、その結果によっては上下にぶれる

可能性もあります。特に豪ドルのポジションを持っている投資家には注意が

必要です。

豪ドルは昨日大幅に反発しましたが、その後上昇分を吐き出しており、結

局「行って来い」の相場展開でした。4月の雇用統計ではマイナスと見込ま

れていた雇用者数が1万5500人増加でしたし、失業率も4.9%と市場予

想を0.4ポイントも下回っていました。

今月初めの「予想外の大幅な利下げ」以来悪材料が続いている中、評価

すべき好材料だったわけですが市場の弱気なセンチメントを払拭するには

至っていません。

今後も追加利下げの可能性もあることから、本日の中国の経済指標の行

方も含め、NY株価と資源価格の推移など慎重に見極める必要がありそう

です。

豪ドル円では79円37銭が重要なサポートで、テクニカルではまだ下落を

示唆しています。

当社における豪ドル円の買いポジションは昨年6月以来、約1年ぶりの高

水準になっています。

79円を割り込むような展開になると「損切りの売り」も出ることが予想され、

豪ドルのもう一段の下落に繋がることが予想されます。

しばらくは軟調な地合いが続くと観られることからポジションを膨らませる

のは避けたいところです。

関東地方は突風やヒョウなど、このところ天候が不順です。

今朝も「台風一過」のように快晴ですが油断は禁物です。

良い週末を・・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1070-be6af42b

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。