fc2ブログ

ギリシャの再選挙決まる。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米経済指標が一部改善していたことを受け、ドル円は80円台を回復。

    さらに「ユ-ロ安ドル高」の影響もあり80円33銭まで上昇。

    10日ぶりの高値を付け80円台前半で引ける。

  • ユーロドルは連日の大台替えを示現。ギリシャの連立政権樹立の可能性が消え、

    再選挙が実施されることが決まり大幅下落。ユーロドルは一時1.2722と、

    4ヵ月ぶりのユーロ安水準を記録。ユーロ円も同様に102円割れ手前まで下落。

  • 株式市場は3日続落。朝方は前日比プラスで推移していたが、ギリシャの

    連立に向けた協議が決裂したとの報道で下げ足を速め、ダウは63ドル安。

  • 債券相場はやや上昇にブレイキがかかったものの、前日とほぼ同水準で引ける。

  • 金、原油はともに続落。原油は2月末の高値から15ドル強と大幅な下げを記録。

  • 4月消費者物価指数 → ±0.0%

  • 5月NY連銀製造業景況指数 → 17.09

  • 4月小売売上高 → +0.1%

  • 5月NAHB住宅市場指数 → 29




本日の注目イベント


  • 豪   豪5月ウエストパック消費者信頼感

  • 欧   ECB定例政策委員会

  • 欧   4月ユーロ圏消費者物価指数

  • 欧   ユーロ圏3月貿易収支

  • 英   英4月失業率

  • 米   FOMC議事録(4/24-25日分)

  • 米   4月住宅着工件数

  • 米   4月建設許可件数

  • 米   4月鉱工業生産

  • 米   4月設備稼働率

  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演





ユーロの下落が止まりません。

昨日の夕方にはドイツのGDPの発表があり、これが市場予想を大幅に上回って

いたことからユーロドルは一旦買い戻される動きもありましたが、結局ギリシャの政

局混迷を嫌気してユーロ売りが一段と加速しています。

連日、連立政権樹立へ大統領による仲介で協議を続けてきましたが、結局決裂

し6月中旬に「再選挙」を行うという結果に終わってしまいました。

ある意味、市場が予想した通りの結果になり「意外感」はありませんでしたが、為

替市場ではユーロが大きく売られ、欧米株式市場も続落するなどさらに「リスク回

避」の流れが進んでいます。

これで「再選挙」を行うことが決まり、急進左派連合が支持を受ければ「第1党」と

なる可能性も出てきました。「第1党」は自動的に「50議席のボーナス」をもらえる

ことから、これまでの緊縮財政政策が修正される可能性もありユーロ売りが加速し

ています。

昨日のブリュッセルでの財務相会合でジョイブレ独財務相は「ギリシャがユーロ圏

に留まりたいならば、条件を受け入れなければならない。これは大多数の総意だ」

と述べ、さらにギリシャが救済条件を受け入れないならばユーロ残留は「不可能だ。

選挙ではどの候補も、これを有権者から隠しておくことはできない」と強調していま

す。(ブルームバーグ)

このように、ギリシャ支援で中心的な役割を担っているドイツの財務相が、これまで

の救済プログラムに議論の余地はなく、交渉は行われないとの立場を明確にして

いることで、今後ギリシャの資金繰りが行きづまり、ユーロ圏から離脱する可能性が

高まってきたと観られます。

ユーロドルはギリシャのユーロ圏からの離脱を織り込みながら1.27台前半まで下

落してきました。既に「週足」でも下落基調が鮮明になり、反発のきっかけがつかめ

ない状況です。

1月に記録した1.26台前半が視野に入ってきたと思われますが、注意したいのは

投機筋のユーロ売りのポジションです。

先週8日(火曜日)時点でのユーロ売り建て玉は、ネットで14万枚を超える高水準

になっています。

この先ユーロが下落した際には徐々に買い戻しも入ってくるものと思われますが、

反発があるとすれば材料はこのあたりになります。

ただ、ユーロの「上値は売りたい」と考えている市場参加者も多いものとも見られま

すが、多くの人の相場観が「ユーロ売り一色」になった時は注意が必要です。

相場の反転にはそれほど明確な理由はいりません。

今年1月の1.26台前半から1.34台後半まで、860ポイント戻ったことは記憶に

新しいところです。

また、同じようにユーロ円は、97円台前半から111円台まで14円強も急反発しま

した。

さすがに主要通貨に対し「ドル高」が進んだことで、ドル円も80円台に乗せています。

79円50銭ー80円のレンジがやや上方へブレイクしたように思えますが、上値は

依然として重いと観られます。80円の半ばを明確に抜けるかどうかが重要です。

現在のドル円は、「日足」では3月21日に記録したドルの高値84円10銭を頂点

にトレンドラインを引くと、ちょうどラインに上値を抑えられているところです。

このまま下落に転じれば、下落トレンドが継続されることになり、反対に80円半

ばを抜けば「トレンドの転換」の始まりと観ることもできます。

すでにMACD(日足)ではゴールデンクロスを完成させており、上昇への期待が

持てなくもありません。

本日の予想レンジは80円~80円50銭と観ていますが、どちらか抜けるとしたら

「80円50銭」かもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1073-1904c51c

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。