fc2ブログ

ギリシャの再選挙6月17日に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円はユーロ円など「クロス円」の買い戻しもあり

    2週間ぶりに80円台半ばを上抜けしましたが、勢いも無く

    米金利の低下に引っ張られる形で再び下落し、80円30-40銭で

    取引を終える。

  • ユーロドルは4ヵ月振りに1.26台まで売られた後反発したものの、

    ECBがギリシャの銀行への資金供給は各行の資本増強が完了

    するまでギリシャ中銀に委ねる、と発表したことから再び下落。1.27台

    前半でもみ合う。

  • FOMC議事録では、前回に比べ「必要な際には追加緩和はすべき」との

    意見を持ったメンバーが増えていたことが判明。また、FRBは2014年1月

    まで全てのFOMCを「2日間の日程で開催」することを発表。

  • 株式市場は4日続落。ギリシャの政局不安が株式離れを加速させ、ダウは

    33ドル安で1万2600ドル台も割り込む。

  • 債券は続伸し長期金利はついに1.76%台を割り込む。

  • 主要通貨に対してドル高が進んだ流れから金、原油はともに下落。

    商品市場でも安全志向から資金が流出。

  • 4月住宅着工件数 → 71.7万件

  • 4月建設許可件数 → 71.5万件

  • 4月鉱工業生産  → +1.1%

  • 4月設備稼働率  → 79.2%



本日の注目イベント


  • 日   1-3月GDP(速報値)

  • 日   3月鉱工業生産

  • 欧   スペイン長期債入札

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   4月景気先行指数

  • 米   5月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演





NYダウは4日続落し、株価の下落が止まりません。

ダウは5月に入り下げ足を速めていますが、正直なところ、ギリシャの政

不安がここまで株価を押し下げるとは予想外でした。

ダウは昨日までで、5月の営業日12日中で10日下げており、上昇した

のはわずか2日だけです。世界の主要株式市場も似たり寄ったりで、

「ギリシャ悲劇」が世界の株式市場の時価総額を急激に減少させている

と言う状況です。

株式はリスク資産の代表です。

株価の下落は個人法人を問わず、世界の投資家がリスクを取れなくなる

ことを意味し、安全志向が急速に高まります。

その結果日米独など安全国の国債が買われ、金利の低下に繋がってい

ます。日本の国債も一部では「バブルの再来」との指摘もある中、資金流

入が止まらず、10年債の利回りは昨日1年7ヵ月ぶりとなる0.82%まで

金利が低下(価格は上昇)しています。

ギリシャ不安はさらに金や原油など商品価格の下落にも繋がっています。

金価格は昨日一時1520ドル台まで下落し、昨年12月29日以来の安値

を記録しました。同じように原油価格は年初来安値です。

ギリシャの再選挙が6月17日に決まったことで、今後1ヵ月は少なくともギ

リシャに関する「悪材料」は出にくい状況かとは思いますが、再選挙では

急進左派連合が第1党に躍進するとの見方がもっぱらで、焦点は仮にそ

うなった場合にツィプラス党首があくまでも緊縮財政に徹底して反対する

のかどうかという点です。

国民の緊縮財政反対に推挙された左派連合ですが、その国民の多くは

「緊縮財政には反対でもユーロ圏には残りたい」と希望しているからです。

財政再建の中断は、EU、IMFからの資金供給が止まることを意味し、

ユーロ圏からの離脱の可能性が極めて濃厚になります。

ツィプラス党首も支持者の多くがユーロ圏からの離脱を望まない以上、

そう簡単にこれまでの緊縮財政政策を反故(ほご)にすることはできない

のではないかと思います。

そのあたりに、歩み寄りの余地があるのではないでしょうか。

一方資金供給者側のEU、IMFにしても「緊縮財政が唯一の資金供給

の条件」とは言っていましたが、そう簡単に資金をストップさせるような強

硬手段には訴えにくいところもあります。

メルケル独首相は「ギリシャの成長支援に応じる用意がある」と柔軟な姿

勢を見せているのもその一例です。

またドラギ・ECB総裁も昨日、ECBが原理原則を曲げてまでギリシャの

ユーロ圏離脱を止める意思はないことを示唆しながらもギリシの残留を

「強く選考する」と述べています。

一部には、ギリシャ側が歩み寄ってくるのであれば、財政削減期間の

延長などの「猶予」を考慮するとの意見もあるようです。

来週23日には緊急のEU首脳会合が開催されます。この会議である程度

の妥協案が議論されるのではないかと思われますが、

「ギリシャのユーロ圏からの離脱」といった最悪のシナリオの可能性も否定で

きません。

そのシナリオはギリシャにとってはもちろん、他のユーロ諸国に取っても

「大きな痛み」であるはずです。

ドル円は昨日のNY市場で80円半ばを超えましたが、予想通り上値が重く

再び80円50銭以下に押し戻されています。

現状ではドル円単体での明確な方向感は出ていません。

ユーロが売られドルが買われていることや、ユーロ円など「クロス円」の上

げ下げによって動かされている状況です。

チャートでは「4時間足」までの短期的なテクニカルではややドル上昇を

示唆し始めていますが、まだ完成されてはいません。

本日は日本のGDP速報値と米国からの失業保険申請件数を睨む展開

になりそうです。

レンジは80円15銭~80円60銭と予想します。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1074-7b8a9208

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。