fc2ブログ

ユーロ円さらに下落し99円台に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 日銀政策決定会合で追加緩和が見送られたことや、EU首脳会議で

    欧州危機への具体的な対策が打ち出されないとの見通しから、リスク回避

    の流れが加速しドル円は79円台前半、ユーロ円は100円を割り込む

    水準まで円が急騰。

  • ユーロドルは1.26台を割り込み、約1年10カ月ぶりとなる1.25台

    半ばまで下落。ギリシャやスペインが自国の銀行に資本注入を決定するなど、

    金融システムへの不安も台頭。

  • 株式市場は売り優勢の展開だったが、引けにかけては上げに転じ

    ダウは小幅安、ナスダックは小幅高とまちまち。

  • 債権相場は反発。欧州危機の悪化を警戒し、10年債利回りは大幅に低下。

    前日比0.04%下げ1.73%台で引ける。

  • 金は大幅に続落し1548ドルに。原油価格も米国の在庫増加とドル高を



    材料に、約6ヵ月半ぶりとなる90ドル台割れ。

  • 3月住宅価格指数 → +1.8%

  • 4月新築住宅販売件数 → 34.3万件





本日の注目イベント


  • 中   中国5月HSBC製造業PMI

  • 独   独1-3月GDP(確報値)

  • 独   5月ifo景況感指数

  • 独   5月製造業PMI

  • 独   5月非製造業PMI

  • 欧   ドラギ・ECB総裁講演

  • 英   英1-3月GDP(改定値)

  • 米   4月耐久財受注

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   ダドリー・NY連銀総裁講演









昨日の昼前、市場の大方の予想通り日銀は追加緩和の見送りを決定しました。

その報が伝わるとドル円は79円85銭辺りから約30銭ほど「ドル売り円買い」に

動き、株価も下落しました。前回の決定会合では追加緩和を実施したにも関わ

らず、同じように反応し、どうも決定会合があるたびに「円買いが進み」

「株価が下落する」ようです。今回は市場の一部に「追加緩和の実施」を予想し

ていた向きもあり、これが「見送り」の報を受け円買いに動いたとの見方もあった

ようです。

夕方日銀総裁は記者会見で、欧州情勢を「最も意識しておくべきリスク」とし、

これまで通り「強力に金融緩和を推進していく」と発言しています。

市場の期待感が大きいということもありますが、日銀の考えている「強力」と市

場のそれとは隔たりがあるようです。

ドル円は海外市場でも、上記決定会合の結果とギリシャ問題の深刻化を背景

に円高が進み、特に対ユーロでは一段と円が買われ、100円を大きく割り込み、

一時99円53銭まで円が買われています。

ギリシャとスペインでは国内の銀行救済のため資本注入をおこなうとの報道か

らユーロが売りこまれ、「リスク回避」の流れが加速し、避難通貨として円に資金

が集まっている状況です。

ギリシャでは180億ユーロ(約1兆8千億円)の資本注入と、スペインではバン

キアに対して90億ユーロ(約9千億円)の資金を追加するようですが、どちらも

銀行からの預金の流出が続いていることが背景だと思われます。

ドル円は前日、イギリスの格付け会社フィッチが日本国債の格下げを発表した

ことで円売りが加速し、80円台に乗せたものの、結局そこで下げた分を取り戻

した格好でした。NYでは79円前半まで円買いが進み、現在おこなわれてる

EU首脳会議では具体的な対策は打ち出されないとの見方が優勢だということ

のようです。一部報道ではユーロ圏各国は、ギリシャのユーロ圏離脱に備えて

た対策をおこなっていると伝えられました。この報道はその後ギリシャ財務省が

否定していますが、前日の「パパデモス発言」といい、ギリシャの離脱は徐々に

現実味を帯びてきているようです。

ユーロの下落が止まりませんが、1.25台半ばまで下落したことで今年1月に記

録した安値を下抜けしています。これで、チャート的には重要なサポートが見

当たらず、せいぜい心理的な節目である「1.250」ということになります。

1.25を抜けると、1.20台割れも意識しなくてはならない状況があるかもしれま

せん。

連日大台を替える下落を続けていることで、相場観が「ユーロ下落を見込み過ぎ」

ではないかとも思えますが、足元の欧州情勢を考えるとやむを得ないかもしれません。

本日はEU首脳会議からどのような内容が伝えられるのかが最大の関心事ですが、

冷静に考えて「抜本的な解決策」が出される可能性は無く、ユーロの戻りは限定

的と言えそうです。

ユーロ円などクロス円の買いも入りにくいことからドル円でも上値が重そうです。

予想レンジは79円20銭~79円70銭程度と見ます。

クロス円の動きがドル円にも影響しそうです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1079-64fcff03

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。