fc2ブログ

ユーロ買い戻し進むも上値が重い。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は79円台半ばを中心に方向感のない展開が続く。

    海外市場では79円30銭を割り込む場面があったものの、

    米長期金利の上昇にドル買い戻しが進み、79円60銭近辺で

    取引を終える。

  • EU首脳会議を終え、予想通り具体的な対策が出なかったことで

    ユーロドルは1.25台前半まで下落。その後は買い戻しから1.26台前半

    までユーロ高が進んだものの、欧州経済指標の悪化から再び1.25台前半に。

  • ユーロ円も99円台半ばまで下落。100円台がやや重くなっており、

    今年1月の97円台まで下落するとの声も。

  • 米株式はまちまち。ダウは小幅に反発するも、ナスダックは小幅に下落。

    欧州危機を巡る情報にリスクオンとオフの波が交互に押し寄せる展開。

  • 債権相場は反落。7年債入札は好調だったが、株高とNY連銀総裁が

    現時点では追加緩和の必要はないとの見方を示したことが手掛かり。

  • 金と原油はともに反発、原油は90ドル台を回復。

  • 4月耐久財受注 → +0.2%

  • 新規失業保険申請件数 → 37.0万件








本日の注目イベント


  • 日   4月消費者物価指数

  • 独   独6月GFK消費者信頼感調査

  • 米   ボルカー元FRB議長講演

  • 米   5月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)








EU首脳会議では具体的な解決策が出てこなかったばかりか、共同債を巡っては

独仏の意見が食い違うなど、懸念されていた「独仏2大国の足並みの乱れ」が露

呈した格好となりました。

オランド仏大統領の共同債発行の提案は、ドイツのメルケル首相の反対により議

論が進まなかったようですが、会議では多くの支持があったとの報道もありました。

イタリアのモンティ首相は同国のテレビでのインタビュ-で、「欧州はほどなく共同

債を持つことが可能だ」と語っています。EU首脳会議では各国指導者の過半数が

ユーロ共同債に賛成しており、モンティ首相は「欧州の共通の利益」を支持するよう

ドイツを説得する際に支援が可能だと言明しています。

共同債を発行することで、ギリシャなど「重債務国」の資金調達コストが大幅に下が

り、危機回避に繋がると言う思惑のようですが、ドイツなど「優良国」にとっては逆に

「調達コストの上昇」となり、メルケル首相は「受け入れられない」と強力に反対して

います。

メルケル首相にとって盟友「サルコジ氏」を失ったことで、域内でやや孤立する状況

になっているとの指摘もあり、今後緊縮一本やりではなく、成長も必要だとするオラ

ンド大統領の持論がさらに支持を受けるようだと、メルケル首相も歩み寄ってくる可

能性がありそうです。

一向に解決の糸口が見えない欧州危機回避にはそれ以外の「特効薬」は見当た

らないというのが現状です。オランド大統領の「金融危機から24回目の首脳会議

だが、これまでの進展は遅い」という言葉が象徴的です。

次回にEU首脳会議は6月の下旬におこなわれる予定ですが、それまでにはギリ

シャの再選挙もおこなわれることから

次回会合では、ある程度市場を納得させられる結論を打ち出すことが要求され

ます。

ユーロドルは1.25の節目を割り込むことは避けられましたが、依然として上値

の重い展開はかわりません。

投機筋のユーロ売り持ち額が高水準であることから、きっかけさえあれば大量の

買い戻しが相場を押し上げる展開も考えられますが、そのきっかけを見つけにく

いのが現状です。

ユーロ売り持ちの投機筋にとってはあわてて買い戻す必要がない、という状況

です。

ドル円は79円台前半を底固めしているようにも見えますが、一方で80円台も重

く膠着が続いています。

ギリシャを巡る欧州からの情報が多いことから、ユーロ円の取引が活発になって

おり、そのユーロ円に影響される格好でドル円が動いている状況です。

100円を割り込んでいるユーロ円のポジションを見ると、思いのほか買い持ちが

増えていません。

ユーロの先安観が根強いため、予めユーロ売りのポジションを作っている個人

投資家も多いということです。もちろん買い持ちも多いことから、当社で見る限り

ユーロ円のポジションに大きな偏りは見られません。

ところが、豪ドル円となると景色が一変します。

多くの個人投資家が買い持ちをキープしており、豪ドルの反転を期待している

ようです。

これはやはり豪ドルと円の金利差、つまりスワップポイントが大きく影響している

ものと思われます。

多くの個人投資家が「多少為替差損が出ても、スワップ・ポイントがもらえるから」と、

多少損出が出ても持ち高を維持している様ですが、このところの豪ドル安で苦しい

展開を強いられているものと観られます。基本は為替益を狙うことです。

そして「スワップ・ポイント」は「おまけ」という位置づけで取引をおこなうことをお勧

めします。

本日は重要なイベントもないことから、ドル円のレンジを79円30銭~79円80銭と

予想します。

日中の気温も徐々に上がってきているようです。

良い週末を・・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1080-f3cc44a4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。