fc2ブログ

ユーロ円一時98円台に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は79円台半ばを中心に値動きが乏しい展開。

    79円36銭銭まで円高が進んだものの、株式市場の大幅な

    反発から買い戻しも入り79円半ばを超える水準まで上昇。

  • ユーロは一段と下落。スペインの金融不安が拡大するとの見通しから

    対円では99円を割り込み1月23日以来の水準を記録。

    対ドルでも1.25台を大きく割り込む。引けにかけては買い戻しが

    入り幾分値を戻すも、下値不安が払拭できない展開が続く。

  • 株式市場は久しぶりの大幅高。ギリシャのユーロ離脱観測が

    後退したことと、住宅市場に安定化の兆しが見えてきたことなどが

    材料となり、ダウは125ドル高で1万2500ドル台を回復。

  • 債券相場は小幅に反落。株式市場の大幅反発の割にはしっかりした

    展開。10年債利回りは小幅に上昇したものの1.74%台を維持。

  • 金は反落、原油は先週末とほぼ同じ水準で引ける。

  • 3月ケース・シラー住宅価格指数 → -2.57%

  • 5月消費者信頼感指数 → 64.9




本日の注目イベント


  • 豪   豪4月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏5月消費者信頼感(確報値)

  • 欧   ドラギ・ECB総裁講演

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演

  • 米   4月中古住宅販売成約

  • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演







ユーロの下落が止まりません。

ギリシャの政局不安に加え、危機はスペインにも拡大しており、スペインでは金融システ

ムへの懸念や財政不安からユーロ売りに繋がっています。

スペインはユーロ圏では第4位の経済規模を持つ国で、今後危機が拡大すれば「ギリシャ

の比ではない」との見方が広がっており、ユーロにとっては悪材料しか出てこない状況で

す。ギリシャでの世論調査の結果、ギリシャがユーロ圏を離脱するとの見方がやや後退し

てはいますが、6月17日の選挙結果を見るまでは離脱の可能性が依然残ります。

ユーロは対円では99円を割り込み、一時98円95銭まで下落し、約4ヵ月ぶりの水準

まで売られています。対ドルでも1.25台を大きく割り込み、1.2461までユーロ

安が進行しました。ユーロの下落圧力は依然強く、テクニカルでもユーロ円はすでに「週

足」でも遅行スパンが「逆転」を起こしており今年1月に記録した97円03銭が視野に

入りつつあります。

もしこの水準を割り込むような事態になれば、下値ではサポートポイントも見当たらず、

大げさに言えば、2000年9月のユーロ発足以来の安値である88円台ということにな

ります。やや現実的ではありませんが、仮にギリシャがユーロ圏から離脱ということにな

れば、考えられない水準ではありません。

一部シンクタンクではギリシャがユーロ圏を離脱した場合は、その混乱からユーロ圏全体

のGDPは少なくともマイナス4%の成長に留まるとの試算もあります。

また、海外メディアの中には「Xデー」を6月18日とするところもあるようです。再選挙

の翌日には、ということのようですが、実際にはそう簡単ではないようです。報道の内容も

「既に新通貨ドラクマを印刷する輪転機が回っている」などと、日増しにエスカレートして

いますが、個人的にはドイツを中心とするユーロ圏側と、ツィプラス党首の左派連合側がと

もに「妥協点」を探し歩み寄ってくるのではないかと考えていますが、現状では「楽観的過

ぎる」との批判の声も聞こえそうです。ただ、ギリシャのユーロ圏離脱は双方にとって経済

的損失が予想以上に膨らむ可能性があり、このあたりを十分考慮すれば「最悪のシナリオ」

を避ける行動に出てくると期待しています。「最悪のシナリオ」では、その影響は欧州域内

に留まらず、中国、あるいは米国にも津波のように押し寄せます。

この事態を憂慮した米財務省では高官が欧州に飛び、ギリシャ問題について協議するとの

報道もあります。6月17日の選挙まであと3週間弱ですが、この間にも欧州以外からも

様々なニュースが飛び込んできそうです。

ドル円がさらに値幅を縮小し、膠着感を強めています。

79円50銭を挟み上下20銭のレンジに治まり方向感がでて来ません。

ユーロ安ドル高に観られるように、市場全体がドル高に推移している中、リスク回避の円

買いも根強いことが背景です。

加えて、80円台では実需筋のドル売りも控えている一方、78円台では介入警戒感もあり、

一層動きにくい状況です。

明確な方向感がないことから、一つのメドは「52週移動平均線」のある78円68銭が

抜けるかどうかが注目されています。この水準を下回ると「再び75円を目指す」といっ

た相場観が急速に台頭すると見られます。

逆にこの水準を上回っている限りドル反発の可能性もあるということです。

今週末の米雇用統計が今後の相場展開のヒントを与えてくれるかも知れません。

予想レンジは79円30銭~79円70銭と、誰でも考える極めて常識的な予想です。

ユーロドルが1.24台半ばを下抜けするのかどうかの方が重要と思われます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1083-ee913276

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。