FC2ブログ

ドル円G7電話会議を受け78円後半に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 海外市場で78円10銭近辺まで売られたドル円は、G7緊急会議後の

    安住財務相の発言から、介入警戒感が急速に高まり79円目前まで一気に

    ドル買い戻しが進む。その後も一進一退が続くが、円買いにはやや慎重な

    展開に。

  • ユーロドルはアジア時間の1.25台半ばから急落し1.24台前半まで

    売られる。スペインの財務相が「銀行同盟」の創設を主張するなど、

    同国の金融システムへの不安が拡大したことが背景。G7電話会議では

    具体的な対応策がなかったことから反応は限られ1.24台半ばで引ける。

  • ダウは5日ぶりに反発。G7電話会議を意識した買い戻しがあったものの、

    欧州危機への不安は残り小動き。ダウは26ドル高と小幅に上昇。

  • 債券相場は続落。株価の反発に加え、過去最低水準を更新している

    金利水準に下げ止まり感もあり、10年債利回りは1.57%台まで上昇。

  • 金、原油価格はともに上昇するも値幅は小さく、依然売り圧力が強いとの

    見方。

  • 5月ISM非製造業景況指数 → 53.7




本日の注目イベント


  • 豪   豪1-3月GDP

  • 独   独4月鉱工業生産

  • 欧   ECB政策金利発表

  • 欧   ユーロ圏1-3月GDP(改定値)

  • 欧   ドラギECB総裁、会見

  • 米   地区連銀経済報告(ベージュブック)

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演







G7緊急電話会議終了後、安住財務相は会見で「過度の変動や無秩序な動きは

経済・金融に悪影響を与える」との認識を共有したとし、各国から異論はなかったと

述べました。

この発言内容に「介入の可能性が高まった」との見方が広がり、ドル円は78円台前

半から大きく買い戻され79円目前の水準までドル高円安に振れました。

先週末の雇用統計発表直後から、円が急落する場面が何度か観測され、「市場の

介入警戒感は高まってきた」と見られます。

水準が77-78円台ということもあり、この水準を割り込めば、昨年10月末に記録し

た75円32銭も視野に入って来ることもあり、円買いが優勢な展開が続いているも

のの警戒感も徐々に高まっています。

もっとも、G7電話会議では日本の市場介入については合意が得られていないとか、

議論されていないといった報道もあり、G7各国の中では介入問題は優先順位が低

かったものと見られます。

個人的には77円台のどこかの水準では、介入に踏み切る可能性が高くなってきた

と感じています。

ユーロは対ドルでも対円でも昨日のアジア市場では買い戻しが活発で勢いもありま

したが、欧州市場に入ると一変しています。

金融機関の資本不足が深刻な問題になってきていることから、モントロ・スペイン財

務相は、同国の銀行の資本強化に欧州が資金を提供するよう呼びかけています。

また、同財務相は市場からの資金調達の扉がスペインには開かれていないとも

語っています。

このような状況の中、本日ECBの理事会が開かれます。

理事会でどのような支援策が出されるか、また理事会後のドラギ総裁の会見も注目さ

れます。

ドル円は上述のように、介入警戒感の高まりを背景に78円近辺が底堅くなって来たよ

うにも思えます。77円台に向かって円をさらに買っていくリスクも徐々に高まっています。

欧州危機に加え、米景気の先行きに悲観論が拡大していることから「ひとまず円を買

う」と言う流れは続いていますが、それでも消去法的な「円買い」には限界もありそうです。

欧州問題が解決するにはまだ相当時間がかかりそうですし、米景気の回復にも時間が

必要です。円を買うことは、正に時間を買っていることです。

79円目前まで反発したドル円は、これまで述べてきた「52週移動平均線」のある78円

65銭近辺の重要なレジスタンスを超えてきました。

「週足」のため、今週末の水準を見なければ分かりませんが、この平均線を上回って越

週すればやや円の天井感もでてきそうです。

欧州危機は6月17日のギリシャの再選挙で最大のヤマ場を迎え、米景気については

19-20日のFOMCがヤマ場となります。

本日のECB理事会と明日のバーナンキ議長の講演が、それを占う前哨戦と位置づけ

ることができそうです。

特にバーナンキ議長は、先週末の雇用統計で雇用者の増加に急ブレイキがかかった

後だけに、「QE3」への言及があるかとうかが最大のポイントになります。

NY株式市場の動きを見る限り「QE3」を催促する相場展開が続いていますが、加えて

原油価格が急速に下落していることも「QE3」実施に動き易い状況になっています。

実施するかどうかはまだ五分五分ですが、仮に「QE3」が見送られた場合でも「ツイスト

オペの延長」を含めた、何らかの対応策が打ちだされるものと予想しています。

ドル円の動きは底堅くなっていますが、昨日のNYの高値である78円98銭を抜けるか

どうかと言ったところです。

この水準はちょうど「1時間足」の200日移動平均線で上昇を抑えられた水準で、現在、

同移動平均線は78円94銭にあります。

ここを抜け79円台に乗せられるどうかに注目します。

予想レンジは78円50銭~79円20銭に設定しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1088-a0726f77

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。