FC2ブログ

ドル円1ヵ月振りの80円台。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル全面高の展開の中、ドル円も約1ヵ月振りに80円台に乗せ、

    NY市場では80円34銭まで円が売られる。FRBによる追加緩和の

    可能性が後退したことや、リスク回避のドル買いが優勢だったとの見方。

  • ユーロドルは急落。アジア市場の1.27台前半から1.25台前半まで

    売られる。ジョイブレ独財務相が欧州危機回避への新たな対策に否定的な

    見方を示したことや、ムーディーズが世界の銀行を最大17行格下げするとの

    観測が強まり、ユーロを売ってドルを買う動きが加速。

  • 株式市場は大幅に下落。発表された経済指標が全て軟調で、世界景気の

    悪化懸念からダウは今年2番目の下げ幅となる250ドル安を記録。

  • 債券相場は堅調。それでも株式市場の下落幅に比べ価格の上昇は限定的となり、

    長期金利も小幅な低下に留まる。

  • 金価格は大幅に下落。ドル高が進んだことから売り物が膨らみ、前日比

    50ドルを超える下げに。原油価格も大幅に続落し、節目の80ドルを大きく割り込む。

  • 新規失業保険申請件数 → 38.7万件

  • 6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数 → -16.6

  • 5月中古住宅販売 → 455万件

  • 4月住宅価格指数 → +0.8

  • 5月景気先行総合指数 → +0.3%

    本日の注目イベント


    • 中   中国5月景気先行指数

    • 独   独6月ifo景況感指数

    • 欧   ギリシャ4月経常収支

    • 欧   EU財務相会合(ルクセンブルク)

    • 欧   メルケル・独首相、オランド・仏大統領、ラホイ・スペイン首相 ローマ訪問

    • 加   カナダ5月消費者物価指数


      昨日の海外市場ではドル全面高の展開になりましたが、これまでの

      「リスク」というキーワードではやや説明しにくい動きになっています。

      ドル円は約1ヵ月振りに80円台にしっかり乗せ、77-78円の底固

      めをしているように思えます。

      NY市場では経済指標の結果が悪く、特にフィラデルフィア連銀

      製造業景況指数は予想が「ゼロ」に対して、「マイナス16.6」とか

      なりの落ち込みを見せました。

      この水準は昨年9月以来の低水準で、米国全体の状況を表した

      ものではないとしても気になるところです。

      米経済指標の悪化に株式市場は「通常の反応」を示し、前日比

      250ドルの大幅安でした。当然リスク回避の流れが加速し債券が

      買い進まれ、金利が急低下しますが、昨日の債券の動きは限定的

      でした。

      ドルが売られたことで、金は「暴落」に近い下げを演じ、原油価格

      も節目の80ドル台を大きく割り込み、昨年10月以来となる78ドル

      台まで下落しました。

      このような状況下では、これまでならドルと円が買われ、ユーロ、

      豪ドルなどの「リスク通貨」が売られます。

      昨日の海外市場ではドルが買われ、ユーロが売られましたが、

      「円」だけはこの方程式に当てはまっていません。

      先日のFOMCでFRBが追加緩和を見送ったことで、ドル下落

      観測が後退したのは理解できますが、米経済指標が「総崩れ」

      の状況で、「リスク回避のドル買いが進み円が売られた」という説

      明に説得力はありません。50人を超える小沢グループが民主党

      を離党するといったニュースも影響しているとの声もありますが、

      そもそも「政局」の混乱は日本の専売特許で、円に影響を与え

      たことはそれ程多くはありません。

      ただ今週の動きを見ると、動きの乏しいドル円ではありましたが、

      底値も徐々に切り上げており「三角保ち合い」(さんかくもちあい)

      を形成しつつありました。

      「三角保ち合い」を上抜けしたことで、ストップロスのドル買いを

      誘発したとすれば、説明が付き易いと考えられます。

      問題は、約1ヵ月ぶりに「80円台を回復」したドル円がこの水準

      を維持できるかどうかです。

      しばらく78-79円台が続いていたため、実需筋のドル売りも遅

      れているものと見られます。また、ドル高円安傾向が定着するに

      は米長期金利の上昇は不可欠です。

      さらに、昨日の経済指標などを考えると、7月末に開催される

      FOMCでは「今度こそ追加緩和が実施される」という観測も

      台頭しそうです。

      そのように考えると、まだ本格的に円安が始まる環境ではない

      ように思えます。

      80円台でのドル売り意欲も強いということを考慮して、80円を

      挟む展開を予想します。

      これまでの77-79円のレンジがやや上方修正されて、

      78-81円になるのではと考えます。

      テクニカルでは「8時間足」までの短いチャートでは、一目均

      衡表の「遅行スパン」が既に「好転」を完成させて、

      上昇を示唆していますが、昨日の上昇は「200日線」で完璧

      に頭を抑えられています。

      またもう少し長い「日足」を見ると、これまで上値を何度も抑え

      られて来た「120日線」を既にブレイクしています。

      ただ、この上には比較的厚い「雲」もあり、「遅行スパン」は

      「好転」を見せては居ません。

      「100日線」が80円44銭にあることから、80円の半ばを上

      抜けすれば「遅行スパン」も「好転」を完了すると思われ、

      上昇に期待が持てそうです。

      ただ、基本的には欧州危機が解決されない以上「円が買わ

      れ易い」状況であることは意識しておくべきかと思います。


      早朝の関東地方は大雨で通勤が大変でした。

      駅に到着したサラリーマンの中には、まるでバケツで水をか

      けられたような人もいました。

      午後には雨は止みそうですが、今週は台風と大雨でさんざんです・・・。

      良い週末を・・・・。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1100-d13dfd2f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。