FC2ブログ

ユーロ上値重く元の鞘に 



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は緩やかにドルが下落する展開となり、78円12銭まで

    ドル安が進む。FOMCで何らかの追加策を実施するとの見方や、クロス円

    の売りが円の下落を抑え、ドル安値圏で引ける。

  • ユーロドルも先週末の上昇分を吐き出した格好に。アジア市場では

    1.23台が重く、ECBによる「ユーロ防衛策」に不透明な見方も台頭。

    NY市場では1.2225まで下落し、ユーロ円も再び95円台半ばまで売られる。

  • 株式市場はこのところの急激な上昇から利食い売りが優勢の展開となるも、

    引け値では先週末とほぼ同水準。ダウは2ドル安で1万3000ドル台をキープ。

  • 債券相場は反発。FOMCの結果を見極めたいとの雰囲気の中、

    買いが優勢となり価格は上昇、利回りは低下。

  • 金は4日続伸、原油は小幅に反落。



    本日の注目イベント





    • 豪   豪6月住宅建設許可件数

    • 日   6月失業率

    • 独   独7月雇用統計

    • 欧   7月ユーロ圏消費者物価指数(速報値)

    • 欧   6月ユーロ圏失業率

    • 欧   スペイン6月財政収支

    • 米   FOMC(8/1まで)

    • 米   6月個人所得

    • 米   6月個人支出

    • 米   6月PCE・コアデフレーター

    • 米   5月ケースシラー住宅価格指数

    • 米   7月シカゴ購買部協会景気指数

    • 米   7月消費者信頼感指数

    • 米   ガイトナー財務長官講演

    • 加   カナダ5月GDP


      先週末、ユーロ圏首脳による「ユーロを守るためあらゆる措置を取る」

      といった発言に急騰し、1.24目前まで反発したユーロドルでしたが、

      依然として上値は重く、結局「いい売り場」だったようです。

      ECBがユーロを守ることにドイツ国内から反発の声も上がっており、

      レスラー副首相は、ECBの職務は物価の安定であり、政府の債務に

      資金を供給することではないと、と発言しています。(ブルームバーグ)

      ユーロドルは海外市場で1.2225まで下落し、先週末の高値から

      165ポイントの下落を見せており、結局「行って来い」の相場展開に

      なっています。

      ユーロ圏ではこれまでも危機のたびに、時間稼ぎの発言が発せられ、

      市場は「実際に行動を起こすまでは信じられない」といった雰囲気に

      なっています。

      そのため今週木曜日のECB理事会でどのような「具体策」が出され

      るのかに注目しています。

      市場ではさすがに今回はユーロ防衛策が出されるとの見方が有力

      です。

      ユンケルユーロ圏議長は昨日、記者団の質問に答える形でスペイン

      国債を買い支える可能性を示唆しており、「ユーロ存続の分岐点」だ

      とも言っています。

      ユーロ防衛策が発表され、ユ-ロが反発したとしても、多くの市場参

      加者は「売り場」を探す姿勢を崩してはいません。それは「欧州危機

      の根本的な解決には繋がらない」と見ているからです。

      先週末の1.233台後半から1.25にかけては相当上値が重く、それ

      を消化するほどのユーロ買材料が出されるとも思えません。

      先週来株価が急速に戻り、ユーロも一時ほどの売り圧力がなくなりつ

      つあることから「リスク回避」の流れがやや後退しています。

      このような状況では円が売られ、ドル円ももう少し円安方向に振れて

      もおかしくないように思えますが、ドル円は依然として78円割れを試

      す水準にいます。

      明日のFOMCで何らかの追加策に踏み切るとの観測が背景ですが、

      やや期待が先行しているのではないでしょうか。

      個人的には、今回の会合では「追加緩和」のカードは温存され、

      ゼロ金利政策の延長が最有力候補と見ています。

      その上で、これまで通り「いつでも行動を起こす用意はある」とのコメン

      トで対応してくるのではないかと予想しています。

      今週の経済紙は「個人投資家のドル円買い持ちが増えている」ことを

      伝えています。

      77円台では政府日銀による介入で一気に円安方向に振れるとの期

      待が、円売りを膨らませていると指摘しています。

      確かに、77円台に突入し、そのままの状態では昨年10月末の75円

      台が視野に入ってくる可能性が十分あります。

      どこかのレベルで介入に踏みきるのではないかと思われますが、過

      度の期待は禁物です。

      相場の動きに「急変」や「投機的な動き」があれば介入に踏み切り易

      いと思われますが、緩やかに円が買われる展開だと介入しにくいと

      見られます。

      明日のFOMCの結果と明後日のECBの政策発表、さらには週末

      の米雇用統計と、重要イベントが目白押しです。

      8月入りと同時に、暑い夏本番です。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1126-05200f12

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。