FC2ブログ

ユーロドル約1ヵ月振りに1.24台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米経済指標の発表もなく特段材料のない中、ドル円はアジア市場の

    流れを引き継ぎ円買いが優勢な展開。78円15銭まで売られた後、株価の

    上昇に伴いやや円売りが出て、78円20-30銭で引ける。

  • ユーロドルはアジア市場の早朝に1.24台半ばまで反発した後、

    値ごろ感からユーロが売られたものの、株価の上昇や、メルケル独首相が

    ECBの国債購入を支持するとの発言が伝わり、再び1.24近辺まで反発。

    ユーロドルは約1ヵ月ぶりの高値水準で引ける。

  • 株価は続伸。メルケル首相のECBによる国債購入を支持するとの報道を

    好感し、ダウは21ドル高と1万3100ドル台を回復。

  • 債券相場は小幅に続落。市場の「リスクオン」の流れが債券売りに繋がり

    10年債利回りは1.56%台と先週末とほぼ同水準。

  • 金、原油は続伸。対ユ-ロでドル売りが優勢だったことで終日堅調。

  • バーナンキ議長の講演があったものの、金融政策に関しては特に触れておらず、

    多くの家計が困難な状況にあることに言及。


    本日の注目イベント





    • 豪   RBAキャッシュターゲット

    • 日   マネタリーベース

    • 欧   イタリア4-6月期GDP

    • 英   英6月鉱工業生産

    • 米   6月消費者信用残高

    • 米   バーナンキ議長講演

    • 加   カナダ6月住宅許可件数


      昨日の朝方、ユーロドルが急伸し約1ヵ月振りに1.24台半ばまで

      ユーロ高が進みました。

      欧州問題は依然根本的な解決策を見いだせないという見方を「基

      本」にしながらも、ユーロドルは着実に底値を切り上げています。

      昨日のアジアからNY市場にかけての動きを見ても、1.23台半ば

      が底堅く、終始1.23台から1.24台を伺う動きでした。

      ECBが先週スペインやイタリアの国債を購入する意向を示したこと

      について、メルケル独首相は「懸念していない」と、ドイツ政府報道

      官が6日の定例記者会見で述べたことが好感されています。

      これまでユーロの好材料が出て反発しても、すぐに売られる展開で、

      市場も「売り場を探す」といった姿勢を維持してきましたが、ここにき

      てユーロの底固さが目立っています。

      もっとも、堅調なのはユーロだけではなく、豪ドルやNZドルも金利の

      高さを背景に強含んでいます。

      市場全体が「リスクオン」に傾きかけていることから、株高、リスク通

      貨高の流れになっており、その中で

      円がもっと売られてもおかしくない状況ですがドル円では円が堅調

      です。これは昨日のこの欄でも述べたように、米国の「追加緩和」

      観測が根強く残っていることが主因かと思われます。

      ただ、ドルに対して主要通貨が上昇していると言う意味ではセオリ

      ー通りの動きです。

      今朝のブルームバーグのニュースでは、堅調に推移しているユー

      ロの動きに関して「欧州は問題は解決するだろう。それは考えられ

      ているより早期に実現するとみている」といったNYの為替関係者の

      意見を紹介しています。

      ECBのドラギ総裁が「あらゆる措置を取る」と明言したものの、ドイツ

      連銀が反対の立場をとっていることから、

      そう簡単に実現しないだろうという市場の見方が、ユーロの上値を

      抑えてきましたが、昨日のメルケル首相の発言に見られるように、

      結局ドイツの判断次第ということになります。

      ECBとしてはすでに行動を起こさざるを得ない状況にあり、このま

      ま放置しておけば再びスペインが標的にされ欧州危機を増幅させ

      ることになります。

      フランス、イタリアなど他の主要国が足並みを揃えつつある中、さ

      すがにドイツだけが国内事情を優先して「正論」だけを主張するわ

      けには行かないという状況に追い込まれつつあります。

      ユーロドルが1.25台を大きく超えてくるような展開になれば、スペ

      インのソブリン債リスクは大きく後退しNYからのコメントにあるように、

      収束方向に向かう可能性もあります。

      ただ個人的にはまだギリシャの再建問題もあり、これから先、一山

      も二山もあるとのシナリオを変えてはいません。

      豪ドルが堅調に推移しています。

      昨日の海外では豪ドル円は83円台前半まで上昇し、日足の120日

      移動平均線を明確に上抜けしています。

      また週足でも「MACD」がゴールデンクロスを見せており、間もなく

      「ゼロの軸」を抜けるかどうかが注目されます。

      「ゼロの軸」を抜けて来れば、しばらくは堅調な地合いが続くと判断さ

      れ、85円を目指す可能性も出てきそうです。

      堅調さの背景は豪州の経済指標が市場予想を上回っていることが挙

      げられます。

      このため、一時予想されていた「追加利下げ」の可能性がすっかり影

      をひそめ、一部には「緩和策終焉」を宣言するのではないかといった

      見方も出ています。

      相対的に金利が高いことに加え、NYダウなど株高も相場を押し上げ

      ています。

      今後はNYダウなど、株価をどのように読むかにもよりますが、欧州危

      機のさらなる深刻化がなく、米追加緩和観測がくすぶっている以上、

      豪ドル高はしばらく続くと予想されます。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1131-7a4b98ff

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。