FC2ブログ

円、主要通貨に対して下落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は米長期金利の上昇を手掛かりにドル高に。78円台半ばを

    抜け、一時は78円74銭までドル高が進む。日本の消費税増税法案が

    不成立に終わったら格付けに影響があるとしたムーディーズのコメントも

    円売りに作用。

  • ユーロドルは堅調に推移。1.24台に乗せると売られる展開が

    続くものの、下値も徐々に切り上がる。イタリアのGDPの落ち込みが

    市場予想ほど悪化していなかったこともユーロ支援材料に。

  • ユーロ円は一時97円80銭まで上昇し、約4週間ぶりの高値を記録。

  • 株式市場は3日続伸。ローゼングレン・ボストン連銀総裁が「QE3

    をすぐにでも行うべきだ」と発言したことが伝わり、ダウは51ドル高。

  • 債券相場は3日続落し、10年債利回りは1.62%台まで上昇。

    投資家のリスク許容度が高まり約1ヵ月半ぶりの水準まで売られる。

  • 金は反落。原油価格はカリフォルニア州の製油所で大規模火災が

    発生したこともあり大幅高。一時は94ドル台に乗せ、5月中旬以来の

    高値を付けたが、93ドル台で引ける。

  • 6月消費者信用残高 → 64.6億ドル


    本日の注目イベント








    • 日   6月国際収支

    • 日   7月景気ウォッチャー調査

    • 独   6月貿易収支

    • 独   独6月鉱工業生産

    • 英   BOE、四半期物価報告



      ドル円にやや動きが出て78円台後半までドル高円安が進みました。

      政局の混迷から、消費税増税法案が成立するかどうか微妙な状況

      になってきており、昨日、格付け会社のムーディーズは、消費税法

      案が成立しなければ格付け見通しに影響を与える、とのコメントを発

      表しています。

      自民党は本日の昼までに野田総理が衆議院解散の確約に関する回

      答を示さなければ、内閣不信任決議案を提出する構えで、野田総理

      の姿勢次第では消費税増税法案の成立が見通せない状況になって

      います。

      この動きに対して日本の債券市場でも債権を売る動きが出て、長期

      金利は0.78%まで上昇(価格は下落)しています。

      一時0.72%まで低下した長期金利は消費税増税案が「成立しない」

      ことを織り込んだ動きとも言えます。

      「とにかく買っていれば儲かる」といった相場展開が続いている債権市

      場ですが、誰が最後にババを掴むかという水準も、そう遠くないと思わ

      れます。

      久しぶりに国内の材料で為替が動いたような気もしますが、政局と並

      んでもう一つ気になるのが「日本の人口減少」のニュースです。

      昨日発表された人口動態調査では、日本の総人口が前年同期比で

      26万人も減少していました。

      人口減少はここ5年ほどの傾向ですが、26万人の減少は過去最大

      の減少数です。

      人口の減少が続く国の通貨が今後も強くなるとは思えません。

      地下でマグマが溜まっていくように、長い目で観れば円が売られる材

      料は少しずつ蓄えられているように思います。

      ユーロ円が97円台後半まで反発してきました。

      昨日はドル円が若干円安に振れたものの、ドル円自体の水準はほと

      んど変わっていません。

      ユーロドルが1.20台から1.24台に反発した分だけ、ユーロ円の上

      昇に繋がっていると言えます。

      先週のドラギ発言をきっかけに、ユーロ買い戻しの動きが活発になり、

      ユーロドルが1.24台を何度も試す展開が続いています。

      足元では1.24台半ばが抜けるかどうかが重要ですが、抜けて1.2

      5台に完全に乗せるようだと、ユーロ円ももう一段の上昇が考えられま

      すが、ここは相場観が入り混じっている状況です。

      ユーロ防衛に関してドイツがやや態度を軟化させ、歩み寄りをみせる

      ようになったことがユーロ買い戻しを活発化させた背景ですが、このま

      ま欧州問題が収束に向かうことはないと言った見方の人は、私も含め

      て市場に依然多くいると思われます。

      足元の動きは「ユーロショートの買い戻し」であって、「ユーロの新規

      買い」ではない、と考えられます。

      そのため、買い戻しが終わればユーロの上昇は一服し、次の欧州の

      動きを確認することになりそうです。

      特に、ドラギECB総裁が「数週間以内に行動を起こす」と言ったこと

      で、ECBの次の一手に注目が集まります。戻りの節目は、ユーロドル

      の1.250と、ユーロ円の100円という水準が衆目の一致するところで

      す。

      本日も欧米では重要なイベントは予定されていないことから、ユーロ

      は動きにくい展開が予想されます。

      朝方8時50分に日本の国際収支が発表されますので、その結果次

      第ではドル円に動きがあるかもしれません。

      株価も堅調に推移すると見られ、78円80-90銭辺りを抜けるかどう

      かがポイントになりそうです。

      予想レンジは78円40銭~79円とみますが、円安方向にバイアスが

      かかる可能性があるかもしれません。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1132-46b61b45

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。