FC2ブログ

バーナンキ議長講演待ち 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は堅調な米経済指標に支えられ78円台半ばを割り込まない
    ものの、上値も限られ動意なし。

  • ユーロドルは1.25台半ばから1.24台後半まで売られる。
    ラホイ・スペイン首相が支援要請を当面見合わせるとの方針を示したことや、
    中央政府に財政支援を要請したバレンシア州の要請額が膨らんだことなどが背景。
    ユーロドルはその後やや値を戻し1.25台に乗せて取引を終える。

  • 株式市場は大幅に反落。ラホイ首相が支援を見合わせる方針を示した
    ことで、欧州危機拡大に繋がるとの懸念からダウは106ドル安で1万3千ドルに。

  • 債券相場は堅調に推移。株価の下落や欧州不安から安全資産への需要が高まり、
    10年債利回りは1.62%と約10日振りの低水準に。

  • 金、原油はともに続落。原油価格は2週間ぶりに94ドル台まで下落。

  • 7月個人所得 → +0.3%

  • 7月個人支出 → +0.4%

  • 7月PCEコア・デフレーター → +1.6%

  • 新規失業保険申請件数 → 37.4万人


    本日の注目イベント


    • 日   7月失業率

    • 日   7月消費者物価指数

    • 日   7月鉱工業生産

    • 欧   ユーロ圏8月消費者物価指数

    • 欧   ユ-ロ圏7月失業率

    • 欧   イタリア短期債長期債入札

    • 欧   クーレ・ECB理事講演

    • 欧   ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演

    • 欧   スペイン7月財政収支

    • 米   8月ミシガン大学消費者信頼感指数

    • 米   8月シカゴ購買部協会景気指数

    • 米   バーナンキ議長講演(ワイオミング州ジャクソンホール)

    • 米   ラガルド・IMF専務理事講演(ワイオミング州ジャクソンホール)

    • 加   カナダ4-6月期GDP


      膠着状態の続くドル円は、東京時間だけではなく、海外市場に入っても

      大きな値動きは見られません。

      動かないから手掛けないのか、あるいは、手掛けないから動かないのか、

      市場参加者はやや諦めムードです。

      そのためドル円のボラティリティー(変動率)も3ヵ月で7.5%台まで

      低下しており、かなりの低水準にまで来ています。これは市場参加者が

      今後3ヵ月経っても、5-6円くらいしか変動しないと予想していることを

      表しています。

      ただ、安心はできません。ボラティリティーがさらに低下すると、

      逆に大きく動いた時には変動幅を予想外に拡大するケースもあります。

      用心は必要です。

      動きの良かったユ-ロドルも、さすがにバーナンキ議長の講演や

      ECB理事会を控えて動きにくくなっています。

      大きく値を下げないものの、ここからさらにユーロを買い上げるには

      リスクがあります。

      今後発表されるECBの政策が、ユーロにとってどの程度支援材料に

      なるのかを確認しなければなりません。

      スペインの財政不安を払拭させるような対策がなければ、

      もう一段上値を試すのも難しそうです。

      もし、市場を納得させるような支援策が出てこなければ、むしろ大きく

      下げることも考えられます。

      投機筋のユ-ロ買い戻しもかなり進んでおり、シカゴ先物市場の建て玉も

      ピークの半分程度まで減少しています。

      これは、ユーロにとってマイナス材料があれば、

      「いつでもユーロ売りを再開できる」ことに繋がり、投機筋が動き易い

      ということになります。


      ユーロドルの「日足」チャートの見ると、先週の23日からは1.25台半ばで

      上値は見事に抑えられています。

      この水準が「レジスタンスポイント」になりつつあり、抜けるにはパワーが

      必要です。

      スペインを取り巻く状況は改善しておらず、地方政府では財政悪化に加え、

      景気後退、失業率の悪化、などから中央政府への資金要請が膨らんでいる

      と伝えられています。

      バレンシア州、カタルーニァ州に加え、ムルシア州も今週に入って支援を

      要請しており、救済資金は、ラホイ首相が先月発表した180億ユーロ

      (約1兆7700億円)規模の中央政府による地方救済基金の半分を

      超えている、とブルームバーグは伝えています。

      スペインは9月下旬に66億ユーロ(約6500億円)の国債償還があり、

      さらに10月下旬には277億ユーロ(約2兆7200億円)の償還が

      控えています。


      本日もECB要人による講演が予定されていますが、注目はバーナンキ

      議長の講演です。

      「追加緩和」に関する言及はないといった見方が主流のようですが、昨日の

      米債券の動きを見ると、「追加緩和」に言及する可能性が高いことを

      「先取り」しているようにも見受けられます。

      もしFRBが「追加緩和」に踏み切るのであれば、11月には大統領選を

      控えていることから9月のFOMCが今年最後のチャンスになります。

      ロックハ-ト・アトランタ連銀総裁も昨日講演で同様なことを述べてました。

      政治日程も考慮したうえでバーナンキ議長がどのような判断を下すのかが

      注目されます。


      明日からは9月です。

      早いもので今年も既に残すところ1/3ということになります。

      連日の残暑でそんな気はしませんが、朝晩の日の出、日の入り時間を見ると

      少し納得させられます。

      良い週末を・・・・。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1146-49404db0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。