FC2ブログ

ECB、無制限の国債購入を決定 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ADP雇用者数が市場予想を大きく上回ったことからドル円は

    上昇、2週間ぶりに79円台に乗せる場面も。さらにECBが事前予想通り

    国債の無制限買い取りを決めたことで、リスクオンの流れが加速。

    ユ-ロ円など「クロス円」が買われ円を押し下げた。

  • ECBは無制限の国債購入を決めたが、既に織り込まれていたことから

    ユーロドルは1.26台前半から1.25台半ばまで下落。その後欧米の

    株価が急騰したことからリスクオンの流れに添って再び1.26台前半まで

    買われて引ける。

  • 株式市場は大幅に続伸。欧州危機拡大にブレイキがかかるとの見方に加え、

    ADP雇用者数など米経済指標が軒並み好転したことを好感し全面高の様相に。

    ダウは前日比244ドル上昇し、引け値でもリーマンショック後の高値を更新。

  • リスクオンの流れと、株価の急騰から安全資産の債券は売られる。

    10年債利回りは大幅に上昇し1.67%台に。

  • 金は反発し、引け値でも1700ドルを回復。原油価格は小幅に続伸。

  • 8月ADP雇用者数 → 20.1万人

  • 8月ISM非製造業景況指数 → 53.7

  • 新規失業保険申請件数 → 36.5万件


    本日の注目イベント





    • 豪   豪7月貿易収支 (市場予想 → -3億豪ドル)

    • 日   7月景気動向指数 

    • 独   独7月貿易統計 (市場予想 → -+153億ユ-ロ)

    • 独   独7月鉱工業生産(市場予想 → 0.0%)

    • 欧   ギリシャ4-6月期GDP(改定値)

    • 欧   コンスタンシオ・ECB副総裁講演

    • 英   英7月鉱工業生産(市場予想 → 1.8%)

    • 英   英8月生産者物価指数(市場予想 → 1.2%)

    • 米   8月雇用統計(市場予想 → 失業率 8.3%、非農業部門雇用者数 12.7万人)

    • 加   カナダ8月失業率(市場予想 → 7.3%)


      大方の予想通り、ECBはスペインなどの国債を「無制限で購入」

      することを理事会で決定しました。

      ドラギ総裁は決定後の記者会見で、「国債購入の対象は償還ま

      での期間が1-3年の国債で、既発債で残存期間がこれに当て

      はまるものも含まれる。購入後は不胎化措置を実施し、通貨供給

      量への影響を完全になくす。

      ECBは購入した債券について優先債権者とはならない」と説明

      していました。

      結局理事会で反対票を投じたのは、ドイツ連銀のバイトマン総裁

      だけだったようです。

      理事会の審議事項についての投票権は、ユーロ圏最大の経済

      規模を誇るドイツ連銀でも1票です。オランダやフィンランドなど

      も反対に回る可能性があると思っていましたが、ドラギ総裁の根

      回しや、説得が効を奏したようで、これまでに何度か市場に流れ

      てきた「対応策」で決まってしまい、特に「サプライズ」はありませ

      んでした。

      そのため、ユーロドルは1.2651を記録した後、決定内容が発

      表されると多少の「失望感」を伴って1.25台半ばまで約100ポ

      イントも下落しています。

      その後は欧米株価の急上昇を背景に再び1.26台前半まで値

      を上げていますが、これまで何度を述べてきた「週足」のトレンド

      ラインである1.263-50のレベルを完全に抜けてはいません。

      今後の注目はスペインが支援を要請するのかどうかに焦点が移

      ります。またその際に国債を購入する「条件」がどのような厳しい

      内容になるのかも注目されます。

      申請国の国債を購入することで、その国の国債の価格が安定し、

      市場からの資金調達を容易にさせてやることができますが、EC

      Bが購入した国債は最優先の順位が保証されていないことから、

      もしその国がデフォルトに陥った場合、ECBに与える影響も少な

      くなく中央銀行の健全性が懸念されます。

      市場がこのあたりを読んでいることから、足元ではユーロドルの上

      昇が抑えられているように思えます。

      昨日の一連のイベントの中でむしろ「サプライズ」であったのはA

      DP雇用者数でした。市場の予想を大きく上回る20万1千人の

      増加でした。

      この内容に、本日の「雇用統計でもひょっとしたら?」との観測を

      うみ、「追加緩和」期待が急速に後退したことでドル買い円売り

      に繋がっています。

      ドル円はここ2週間、78円台前半から半ばの狭いレンジでほと

      んど動いていませんでした。

      ADP雇用者数だけではなく、昨日はISM非製造業景況指数

      など他の経済指標も好調だったことで株価の急騰、債券価格の

      下落に伴い長期金利が下落、そしてドル円ではドル高に振れて

      います。

      問題は今夜の「8月雇用統計」です。

      昨日の流れからすると「市場予想を上回る」可能性の方がやや

      分がありますが、安心はできません。

      今夜の数字が15万人を超えるようだと、もう一段ドル高円安に

      振れるかもしれません。ただ、個人的には仮に今夜の雇用統

      計の内容が良くても、来週のFOMCでは何らかの景気対策に

      動くのではないかと予想しています。

      仮に今回の内容が15万人を超えていても「雇用の一定以上の

      増加が定着」したわけではないからです。

      これまで1-3月が好調で、4-6月が悪化、そして7月が好調

      だったわけですが、今回良い数字がでても「2ヵ月連続」になり

      ますが、「トレンド」と判断するには早すぎます。

      好調な数字に踊らされ、今回対策を見送った場合には政治日

      程的にも今後動けなくなります。後で後悔をしないためにも、

      FRBは「QE3」を見送っても、ゼロ金利政策の延長など、何らか

      のアクションを取るのではないかと予想しています。

      ドル円の上値のポイントは79円05-30銭辺りです。

      「日足」では一目均衡表の「雲」と、「200日移動平均線」があり

      ます。

      さらに79円66銭には「120日移動平均線」もあり、ここを明確に

      抜けると「MACD」もゼロの軸を超え、上昇に弾みがつく可能性

      もあります。

      まだまだ超えなければならない「ハードル」がありそうです。



      民主、自民ともに代表選に向けて候補者が「雨後の竹の子」のよ

      うに出てきました。

      昨日までの味方が、明日は敵になりそうな険悪な状況も生まれつ

      つあります。

      「政治の世界は一寸先は闇だ」とうまいことを言った政治家もいま

      したが、毎度の事ながら「国民のために・・」という言葉が連呼されます。

      この言葉の賞味期限の短さを多くを国民が知っています。

      良い週末を・・・・。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1151-c0f09160

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。