FC2ブログ

ドル円約3ヵ月振りに77円70銭まで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 追加緩和期待に加え、格付け会社ムーディーズが米国債の

    格付け引き下げの可能性を発表したことでドルは全面安。

    ドル円は約3ヵ月ぶりに77円70銭まで下落し、ドル安値圏で引ける。

  • ドル全面安の展開にユーロも続伸。ユーロドルは4ヵ月振りに

    1.28台後半までユーロ高が進む。

  • 追加緩和への期待から株価は反発。アップル株の下落で上げ幅を

    縮小したものの、ダウは69ドル高で高値を更新。

  • 株高に押される格好で債券は軟調に推移。10年債利回りは上昇し

    1.70%台に。

  • ドル全面安の流れから金、原油も続伸。緩和期待から商品市場への

    資金流入観測も根強い。

  • 7月貿易収支 → 420億ドルの赤字


    本日の注目イベント





    • 豪   豪9月ウエストパック消費者信頼感

    • 豪   豪4-6月期新規住宅着工(市場予想 → 3.0%)

    • 独   独8月消費者物価指数(確報値)(市場予想 → 2.0%)

    • 独   ESMの合憲性を巡る憲法裁判所の判断提示

    • 欧   ユーロ圏7月鉱工業生産(市場予想 → 0.1%)

    • 欧   バローゾ欧州委員長が施政方針演説

    • 欧   オランダ議会下院選挙

    • 英   英8月失業率(市場予想 → 4.9%)


      ドル円は78円台を割り込み、約3ヵ月振りに77円70銭まで円高

      ドル安が進みました。

      もっとも、ドルは円だけではなく他の主要通貨に対しても軒並み

      売られており、ユーロドルでは4ヵ月ぶりとなる1.28台後半まで

      ドル安ユーロ高が進んでいます。

      格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、米国が

      予算を巡る2013年の交渉で債務をGDP比で圧縮しない限り、

      最上級格付けを失う恐れがあると発表したことがドル売りを加速

      させています。

      ただこの内容自体は、既にスタンダード・アンド・プアーズが

      「AAA」(トリプルA)から1段階引き下げていることから目新しい

      材料ではなかったはずですが、来年に迫る「財政の崖」問題が

      改めて意識されたものと受け取れます。

      また、本日から2日間にわたり開催される米FOMCで、FRBが

      景気後押しに向けた国債買い入れを実施する

      との観測も拡大しており、ドル安は通貨だけではなく、商品や

      資源、穀物価格までも押し上げています。

      かつて「QE2」の時もそうでしたが、「追加緩和」によって市場に

      資金が大量に供給され、行き場のない資金が通貨以外にも流

      れ込むとの観測から、先回りをした買いが上記商品価格などを

      押し上げています。

      ドル円は77円70銭まで売られましたが、ここで意識されるのは

      6月1日に記録した77円66銭です。

      一部には、この水準を政府・日銀が「介入レベル」と考えている

      との観測もありました。77円66銭を割り込むと、相場観も円高方

      向へ傾き易く、さらに円高が加速するため、この水準以下では

      介入に踏み切るのではないかといった見方です。

      確かにその可能性は低くはないと思います。

      ただ、当局は必ずしも水準を決めているわけではなく、あくまでも

      「投機的」であるとか「相場が急変した場合」といった事態が前提

      になろうかと思います。

      従ってこれまでの繰り返しにもなりますが、「介入に対する過度の

      期待は禁物」です。

      通貨当局も円が緩やかに上昇する動きには、「大義名分」を見

      つけにくいということになります。

      個人的には、仮にFRBが「QE3」に踏み切ったとしても、昨年

      10月の様な急激な円高には振れないのではないかと考えてい

      ます。

      米長期金利と強い相関関係があるドル円ですが、米10年債利

      回りは1・7%です。

      今後さらに金利が低下したとしてもここからの下落余地は限られ

      ています。

      また、現在民主、自民で代表選が行われていますが、だれが総

      理になってもこれまで以上に日銀に対する圧力を強めてくると思

      われます。

      FRBが緩和に動いた後は、今度は日銀が行動を起こす番です。

      ユーロドルが1.28台後半まで買われ、5月中旬以来の水準まで

      ユーロ高が進みました。

      アジア時間では上値が重いものの、欧州に入ると一気に上昇す

      る展開が続いており、「一歩後退、二歩前進」といった

      流れが続いています。

      既にテクニカル的にも重要な水準であった1.2835-40を抜け

      ており、強気の見方では1.30を目指すといった声も出ています。

      本日のドイツ裁判所の判決も「合憲」が既に織り込まれている状況

      で、これを材料に買い進められているとも言えます。

      市場では欧州からの好材料には反応し、悪材料には反応しにくい

      状況が続いていることから、ユーロドルは底堅い動きをする可能性

      は高いと思われますが、1.28-1.30では戻り警戒感も出てきそ

      うです。ここからのユーロロングには慎重さが求められます。

      また、ショートも流れに逆らうことになり得策ではありません。ショート

      で攻めるのであればトレンドが下方に転換したことを確認してからで

      も遅くはないと思います。

      今日から明日にかけては欧州で2つの重要なイベント、そして米国

      ではFOMCが開催され相場が大きく動きそうです。

      足元の市場は欧州ではユーロに好結果、FOMCでは「QE3」を織

      り込む格好で「ドル全面安」の方向で進んでいます。

      結果が予想外だった場合に備えて、やや注意も必要かと思います。
      スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1154-b7344169

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。