FC2ブログ

ユーロ、対円対ドルで下げる 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • アジア時間からユーロ円などクロスの売りが優勢となり、

    ドル円の上値を抑える展開が続き、ドル円は78円台前半から

    下落し、海外市場では78円近辺まで売られる。

  • ユーロは対円、対ドルで大幅に下落。ユーロドルは1.30台を割り込むと

    ストップロスの売りも巻き込んで下落が加速。NY市場では1.2920まで

    売られた後、1.29台半ばまで戻して引ける。

  • 豪ドルも中国のPMIが軟調だったことを受け、対ドルでは10日ぶりに

    1.03台まで下落。

  • 株式市場はまちまち。中国景気の低迷を受け朝方は前日比マイナスで

    始まり取引は低調。ダウは18ドル高だったもののナスダックは

    小幅に反落。

  • 債券相場は小幅に続伸。10年物インフレ連動債の入札があったものの、

    応札は低調。10年債利回りは1.765%に。

  • 金は小幅に下落し、原油価格は4日続落。

  • 9月フィアデルフィア連銀製造業景況指数 → -1.9

  • 新規失業保険申請件数 → 38.2万件

  • 8月景気先行指標総合指数 → -0.1%


    本日の注目イベント




    • 加   カナダ8月消費者物価指数

    • 欧   リーカネン・フィンランドス中銀総裁講演

    • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演


      ドル円は78円近辺まで下落し、先週末の水準まで値を戻して

      います。日銀による「追加緩和」の効果も「行って来い」どころか、

      マイナスという結果になっています。

      昨日は株式市場でも軟調な展開となり、こちらも「追加緩和」が

      発表された後の上昇分を吐き出す格好になっています。

      中国の景気低迷を示す経済指標が出ると、このところ順調に推

      移していた豪ドルも、対円、対ドルで売られ、ユーロ円などの売

      りと共に「ドル円」の下押しに繋がり、下落に拍車をかけた格好

      になっています。

      中でも、ユ-ロドルは一貫して上昇を続けて来たこともあり、下

      落に転じるとそのスピードも速く、昨日は朝方の1.30台半ばか

      ら1.29台前半まで約140ポイントも下落しています。

      フィボナッチ・リトリースメントの23.6%が1.2905と計算され

      るため、昨日はこの一歩手前で下げ止まった様ですが、現在

      「1時間足」の「200日移動平均線」が頭を押さえていることか

      ら、この水準(1.2978)を完全に抜き、1.30台を回復しない

      限り上値は重いと見られます。

      今週に入り米地区連銀総裁の講演が頻繁に行われています。

      (下記「Whats going on 」参照)昨日も、「ハト派」の一人であ

      るコチャラコタ・ミネアポリス連銀総が講演で「FOMCが物価安

      定の責務を果たし続ける限り、失業率が5.5%を下回るまでは

      FF(フェデラルファンド)金利誘導目標を異例の低水準に据え

      置くべきだ」と述べています。

      これまでも「ハト派」の連銀総裁が現行の「ゼロ金利政策」は継

      続すべきだといった発言をしていますが、現政策を継続する判

      断目標を「失業率が5.5%以下になるまで」と明確な水準を示

      したことは注目されます。

      これまでもFRB内部では「失業率は7%以下」が望ましいと考え

      ているとの見方がありましたが、現在8.1%の失業率を5.5%

      以下に押し下げるのは簡単なことではありません。

      FRBは既に「2015年半ば」まで現行の低金利政策を継続する

      と公言しています。

      まだ一部の連銀総裁の意見ではありますが、2015年半ばに失

      業率が5.5%を超えているようなら、さらに「ゼロ金利政策」は延

      長されることになるかもしれません。

      一方で、「タカ派」の地区連銀総裁は「インフレの芽を育てている」

      と反対の姿勢を崩していませんが、「追加緩和」で、行き場のない

      マネーが原油価格や穀物価格を押し上げているのも事実です。

      足元ではやや調整モードになっている原油価格が100ドルを大

      きく超えて来るようなら物価を押し上げ、「インフレ」が現実問題

      になる可能性もあります。

      「ハト派」の代表格であるエバンス・シカゴ連銀総裁はインフレ率

      について「3%を下回っている間は」という見解を示しています。

      「米金利は今後当分の間上昇しない」とすれば、今後のドル円相

      場に影響を与えることにもなります。

      昨日も述べましたが、日米欧で政策会合を既に終えていることから

      しばらくは「材料不足」になり、為替相場は経済指標の結果で上

      下する展開が予想されます。

      値幅が限られているとすれば、利益の確定も早めにする必要があ

      るかもしれません。

      新生「日本航空」が再上場を果たしました。

      株価もそこそこ堅調のようです。

      企業再生請負人の稲盛会長の株価はさらに上昇しているものと思います。

      いっそのこと、稲盛氏に「日本再生」も託してみてはどうでしょう・・・?

      良い週末を・・・・・。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1160-fb479ec5

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。