FC2ブログ

米大統領選午後にも結果判明か 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米大統領選の投票が始まり、不透明感が後退したことから

    株高、債券安の展開となり、長期金利の上昇に押されるようにドル円も

    上昇。アジア時間の80円前半から再び80円台半ばに。

  • ユーロドルは上値の重い展開が続く。1.27台半ばは底堅く見える一方、

    ギリシャの緊縮法案を巡って48時間ストが実施されるなど、不透明感が拡大し

    ユーロの上値を抑えた。

  • 株式市場は大統領選の投票が始まったことを好感。ダウは一時170ドルを超える

    上昇を見せたが、引けは上げ幅を縮小し133ドル高。

  • 債券相場は軟調。株価の大幅高に加え、3年債入札の需要が弱かったことで

    売りを誘った。10年債利回りは大幅に上昇し1.75%台に。

  • 金、原油はともに続伸。原油価格はハリケーンによる影響もあり、在庫が減少

    していたことを手掛かりに前日比3ドルを超す上昇。






本日の注目イベント


  • 日   10月マネタリーベース

  • 独   独9月鉱工業生産

  • 欧   ユーロ圏9月小売売上高

  • 欧   メルケル・独首相欧州議会で講演

  • 欧   ドラギ・ECB総裁講演

  • 米   9月消費者信用残高





長期間にわたった米大統領選もいよいよ今日その結果が判明します。

多くのメディアが伝えるとこころでは、現職のオバマ氏が若干リードし

ているとのことですが、今日の午後には恐らく決着がつくと思われます。

接戦になれば日本時間の今夜ということも考えられますが、いずれに

しても今後4年間、米国だけではなく世界で最も重要なポストとなる「

米大統領」が決まります。

市場ではオバマ氏が再選されれば「ドル安」、ロムニー氏が勝利すれ

ば「ドル高」との見立てが一般的なようですが、オバマ氏リードの予想

の割にはドル円は上昇しています。

どちらが勝ってもそれほど明確なトレンドを決定するような動きにはな

らないと思っています。

今回の選挙では、終盤まで見せたお互いの「中傷合戦」に嫌気して

いる有権者も多いとの報道もありました。4歳くらいのブロンドの女の

子が「中傷合戦はもう止めて!」と大粒の涙をこぼしていたシーンが

印象的でした。

今週に入って上値がやや重くなってきたドル円は、昨日のアジア市

場では一時、3日振りに80円台を割り込み79円台に入りましたが、

すぐに80円台に押し戻されていました。

79円97銭には「1時間足」の200日線があり、これがサポートした

格好です。

80円前後には、100日線、120日線など他にも重要なサポートラ

インが集中しており、ある意味テクニカル通りの動きだったとも言え

ます。

これまでは、ドルが反発した後、上値が重いと見るとジリジリ値を下

げてくるのがパターンでしたが、今回はやや動きが異なりドルが粘り

腰を見せています。

しかし、そうは言っても上値は「週足」の120日線が80円35銭にあ

り、今週末のNY市場でこの水準を超えて越週しない限り、「上放れ

た(うわっぱなれた)」とは言えず、上昇に弾みがつきません。

また、この水準の上には、80円82銭に「雲の上限」があることは、こ

れまでに指摘してきた通りです。

ここを上抜けして、ようやく「一息」つける状況かと思われます。

80円~80円50銭でのせめぎ合いはまだ続き、今のところやや上

昇の可能性が高いといった程度の見方でいいのではないでしょうか。

ドル円が82円を目指すと言明できないのは、米国の「財政の崖」問

題だけではありません。

昨日もこの欄で述べましたが、忘れかけていたギリシャが再び注目

されています。

サマラス・ギリシャ首相は緊縮財政法案を議会に提出し、その法案

が成立するかどうかが非常に注目されています。

それは、この法案が承認されれば、EUなどトロイカから支援融資

を受けられると見られるからです。

反対に、この法案が否決されると、融資されない可能性が高く、ギ

リシャは資金が枯渇すると見られます。

サマラス首相としては何としても成立させたい意向ですが、この法

案に反対して昨日からギリシャでは48時間のストが行われています。

その規模も1万5千人を超える大規模なもので、サマラス政権下で

は初めての48時間ストになります。

今後ギリシャ情勢が混迷を深めれば、「リスク回避」の流れから、安

全通貨である円が買われるのが、これまでの経験則です。

市場はスペインの支援要請には注目してきましたが、「ギリシャもま

だ終わってはいなかった」という印象です。

ギリシャ情勢が再び不透明感を増してきたことで、ユーロが値を下

げて来ています。

ユーロドルは約2ヵ月振りに1.27台まで下落しており、これまでサ

ポートと見られていた1.280-12820水準を割り込んでいます。

テクニカル的にも1.29-1.31のボックスを下抜けして、「日足」

では200日線を下回っています。

トレンドラインも下抜けしたことで、次のターゲットは200日線のあ

る1.2614前後かと思われます。

また、このすぐ下には「雲の下限」もあり、1.26台が抜けると、か

なりの下落が見込めそうです。

個人的にはそこまでの下落は回避できるのではないかと考えて

いますが、ギリシャ情勢の行方と12日のユーロ圏財務相会での

結論が注目されます。(参照:下記「What's going on 」)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1192-014c8658

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。