FC2ブログ

「リスク回避」加速で円とドルが買われる 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米財政の崖問題と、ギリシャを巡る支援融資の不透明感から

    円が買われ、ドル円はNYで79円10銭、欧州市場でも

    79円07銭まで円高ドル安が進む。米経済指標の改善を手掛かりに

    引け値では79円台半ばまでドルが反発して越週。

  • 「リスク回避」の流れが収まらず、ユーロは引き続き上値の重い展開が

    続き、対ドルでは1.26台後半まで下落し、9月7日以来約2ヵ月振りの

    ユーロ安水準を示現。ユーロは対円でも一時100円台半ばまで下落。

  • 米株式市場は3日振りの小幅反発。消費者マインドが5年ぶりの高水準

    だったことを好感してダウは4ドル高。

  • 債券相場は3日続伸。財政の崖問題を懸念して引き続き需要が好調。

    10年債利回りは1.60%台まで低下。

  • 金、原油価格はともに続伸。金は直近底値から50ドルを超える

    反発。

  • 11月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) → 84.9




本日の注目イベント



  • 日   7-9月GDP(速報値)

  • 中   中国10月マネーサプライ(10/15までに発表)

  • 欧   ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)

  • 欧   クノット・オランダ中銀総裁講演

  • 欧   デギンドス・スペイン財務相、欧州議会委員会に出席

  • 米   ベテランズデー(債券市場は休場)


    引き続き「財政の崖」問題とギリシャへの支援融資を巡る不透明さから、

    株式市場を中心に「リスク回避」の流れが継続され、為替ではドルと円

    が買われています。

    円はドルだけではなく主要通貨全般に対しても買われ、ドルは対ユー

    ロなどでは続伸しています。

    「財政の崖」問題では、オバマ大統領は富裕層への減税は打ち切り、

    中間、低所得層への減税は継続したいと主張しているのに対し、共和

    党のベイナー下院議長は全ての所得層の減税継続を主張しており、

    両者の主張には隔たりがあります。

    しかし、9日両氏はそれぞれ別々に会見し、現行の税率を維持する一方

    で、歳入増加のため富裕層向けの税優遇措置を限定することで合意す

    る可能性が浮上したと、ブルームバーグは伝えています。

    オバマ大統領にとっては富裕層への増税要求を可能にするものであると

    同時に、ベイナー議長にとっては、自らが「容認できない」とする税率引

    き上げを回避できる方策になるのではないかとの期待もあり、今後の大きな

    焦点になりそうです。

    米国の「財政の崖」問題は早くから指摘されており、大きな懸念材料と見

    られていましたが、一方で多くの市場関係者はそれが「実際に起こる可能

    性は極めて低い」と考えているようです。

    「財政の崖」が実際に起きれば、米景気の急激な後退が世界中の景気

    に影響を与え、最も悲観的な識者は「最悪のケースでは1929年の世界

    恐慌の再来になる」と指摘する人もいます。

    先週のNY株式市場の大幅下落を見ると、確かに恐怖感を覚えますが、

    当時とはIMFなど安全網の態勢や中央銀行同士の結びつきなどが大

    きく異なり、現実的ではないと考えます。

    上記両首脳も、お互いの主張が「恐慌」に繋がることを望むわけもありま

    せん。どこかで妥協点を探ってくるものと思われます。

    もう一方の懸念材料であるギリシャ問題についても、ブルームバーグは

    「ギリシャ議会は12日、2013年予算案の採決を開始し、賛成票が可決

    に十分な151票に達した」と報じるとともに、「ギリシャ財務当局者は、11

    月末までに次回の融資が実行されると予想」といった内容の報道を行って

    います。

    ただし、これはあくまでもギリシャ側の希望であって、実際に融資するかど

    うかは、いわゆる「トロイカ側」が決定することになるわけで、これについて

    は10日付の独紙が「ショイブレ独財務相は、ユーロ圏財務相が12日の

    会合でギリシャへの融資実行を決定できないだろうとの見通しを明らかに

    した」と伝えています。

    このように、ギリシャを巡る問題は依然不透明です。

    ギリシャは今週末にも資金が枯渇すると見られており、同国財務省は短

    期国債を発行してこの危機を「しのぐ」と見られています。

    今後の為替相場を予想する上で、上記2つの懸念材料の行方が全てを

    決定します。

    ハードランディングになるのか、ソフトランディングに落ち着くのかで円が

    さら強含むのか、再び80円台に向かうのかが決まってきます。

    今週はその意味で注目材料の発表が多くあります。

    明日のEU財務相会合を始め、スペイン、ギリシャなどのGDPの発表も

    控えており、特にユーロが神経質な動きになるのではないかと予想して

    います。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1195-00c1f93f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。