FC2ブログ

ドル円91円固め完了か? 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 91円台の攻防が続いていたドル円は、シカゴ購買部協会景気指数

    などの経済指標の好転に、円を売る動きが加速。ドル円は91円台後半まで

    ドル高円安が進み、連日の直近高値更新を記録。

  • ユーロドルはもみ合いながらも堅調に推移。1.35台半ばから

    1.35台後半までユーロ高は進んだが動意は見られず。対円ではさらに上昇し、

    124円台半ばを示現。

  • 株式市場は続落。UPSなどの決算がさえなかったことや、本日の雇用統計を

    前にしたポジション調整に押されて、ダウは49ドル安の1万3800ドル台に。

  • 債券相場は上昇したものの方向感に乏しい動きに終始。10年債利回りは

    小幅に低下したが、下落圧力は限定的。

  • 金は大幅に下落し、前日の上げ幅を吐き出す。原油は4日振りに小幅反落。

  • 新規失業保険申請件数 → 36.8万件

  • 12月個人所得 → +2.6%

  • 12月個人支出 → +0.2%

  • PCEコア・デフレーター → +1.4%

  • 1月シカゴ購買部協会景気指数 → 55.6


    本日の注目イベント


    • 豪   豪第4四半期生産者物価指数

    • 日   12月失業率

    • 日   黒田・ADB総裁会見

    • 中   中国1月製造業PMI

    • 中   中国1月HSBC製造業PMI(改定値)

    • 欧   ユーロ圏1月製造業景気指数(改定値)

    • 欧   ユーロ圏12月雇用統計

    • 英   英1月製造業PMI

    • 米   1月雇用統計

    • 米   1月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)

    • 米   1月ISM製造業業指数




    今日から2月が始まりますが、週末です。

    どうやらドル円は91円台を固めそうな動きを見せています。

    91円台の攻防が昨日のアジア市場まで継続されましたが、NY市場

    では一気に91円台半ばを抜き、早朝には91円85銭までドル高円安

    が進行しました。

    今回の動きは「米株安、米長期金利の低下」という、本来なら円高に

    振れてもいい相場環境の中での高値更新です。円売り圧力が根強い

    ことを象徴しているようです。

    昨日も書いたように、「一歩後退、二歩前進」を繰り返しての上昇です

    が、円の先安観は衰えていません。円は対ドルだけではなく、ユーロ

    や豪ドルでも直近高値を更新し、主要通貨全てで「円を売る」取引が活

    発になっています。

    91円台の攻防はしばらく続いていましたが今朝の動きは、これまでの

    水準をさらに切り上げた形での攻防に移ってきたとみることができそうです。

    ただ、雇用統計発表前のポジション調整はまだ終えていないと見られるた

    め、これから約12時間の間にどんな動きがあるか分かりません。

    先日のADP雇用者数が市場予想を上回っていたこともあり、雇用統計の

    結果には上振れ期待が強く、20万人がひとつのメドとみられます。

    20万人を超えてくるようならさらにドルが一段高となる可能性もあります。

    ドルの下落リスクも当然ありますが、足元の円売りムードにもみ消されそうな

    雰囲気です。

    押し目を待ってもなかなか良い水準でドルを買えませんが、ここから買うに

    は勇気も必要です。「高所恐怖症」が邪魔をしそうです。

    クロス円でも円安が大幅に進み、ユーロ円は125円を目指す展開が予想

    され、豪ドル円は97円程度がターゲットのように思えます。

    これら通貨ペアは昨日のアジア市場ではいずれも「調整」を見せましたが、

    結局「微調整」に終わっています。今日から2月入りですが、今月も1月のよ

    うな展開を見せればドル円の95円抜けもありそうで、専門家の間でも「100

    円」という声が徐々に勢いを増しています。

    注目の日銀総裁・副総裁人事も今月中旬には固まってきそうですが、現在

    名前の挙がっている候補者の方々は、いずれも金融緩和には積極的な人

    たちです。

    その中でも、やはり岩田学習院大学教授が最も積極的な候補者です。

    日銀法の改正、日銀による外債購入、さらには市中銀行が日銀に預ける

    準備預金の額を倍にするなど、リフレ派の代表と観みられており、もし岩田

    教授が日銀総裁に就任したら「100円台」も夢ではありません。

    「みんなの党」は財務省、日銀出身以外からの総裁を主張していることもあ

    り、その可能性がないわけではありません。

    一段の円安を手掛かりに、今日も東京株式市場では株価が続伸しそうです。

    朝方からその辺りの動きを先取りする形でドル円は91円85銭まで上昇して

    います。株価次第では92円を試す可能性もありそうです。

    日経平均株価もドル円と同じように「微調整」を繰り返しながら上昇していま

    すが、最近の特徴は「大引け」にかけて急騰することです。

    本日もそのような動きがあるか注目して見たいと思います。

    予想レンジは90円70~92円20銭とみますが、月初め、週末、さらには米

    雇用統計と、相場の振幅は大きいと思われます。

    ==============================

    今日から2月で、1年の12分の1が過ぎたことになります。

    この冬の寒さは格別で、今年ほど春が待ち遠しいこともありません。

    温かさを感じるのはまだまだ先ですが、明日土曜日は東京で18度の予想とか・・。

    わずかですが、夕方の暗くなる時間が遅くなってき来たことは実感できます。

    良い週末を・・・・。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1249-e816cd57

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。