FC2ブログ

ドル円94円台示現後調整か? 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 株高を背景に東京時間で一時94円台を記録したドル円は、

    海外市場では小動き。

    急激な円安が続いたことで、一旦利益を確保する円買いドル売りが優勢

    となり、NY市場では93円28銭まで下落。ただ引けにかけては株価が

    プラスに転じたことから93円60銭近辺まで値を戻して引ける。

  • ユーロドルは売り優勢の展開の中下落。ユーロの水準を巡り、容認する

    発言もあったが、高すぎるとの発言もありまちまち。ECB理事会を前に

    1.35台前半で推移し、ポジション調整の範囲に収まる。

  • 株式市場は小幅ながら続伸。スペイン、イタリアなどの欧州問題が

    重荷となり、終始マイナス圏で推移していたが引けにかけてプラスに転じる。

  • 債券相場は反発。10年債利回りは2%近辺から急低下し、2%を巡る

    攻防が続く。

  • 金は反発し方向感が見えない展開。原油は小幅に反落。


    本日の注目イベント


    • 豪   豪1月新規雇用者数

    • 豪   豪1月失業率

    • 日   1月マネタリーベース

    • 日   12月景気動向指数

    • 日   中尾財務官、IMFセミナーでパネルディスカッションに参加

    • 独   独12月鉱工業生産

    • 欧   EU首脳会議(ブリュッセル)

    • 欧   ECB理事会

    • 欧   ドラギ・ECB総裁記者会見

    • 欧   クーレ・ECB理事講演

    • 英   BOE政策金利発表

    • 英   英12月鉱工業生産

    • 英   カーニー次期BOE総裁議会証言

    • 米   新規失業保険申請件数

    • 米   12月消費者信用残高

    • 米   スタイン・FRB理事講演

    • 加   カナダ12月住宅建設許可


      昨年11月以来、円がドルを含む主要通貨に対して大幅に下落したことで、

      ドル円の取引量が相当増えているようです。当社でもその傾向は鮮明で、

      個人投資家の参入が増えています。

      市場での通貨の主役はかつての「ユーロ」から「円」に移ったこともあり、東

      京市場の存在感も増しています。

      ドル円のトレンドは主に東京市場で形成されていると言ってもよく、海外市

      場の動きは鈍く、東京市場の元気さが目立っています。

      昨年の秋口までは1日の値幅が20銭程度の日も多く、「円」は完全に蚊帳

      の外でした。

      そのため、多くの個人投資家が動かない「ドル円」から、動きのいい「ユーロ

      円」や「ユーロドル」に取引通貨を変えたものでした。

      しかし、昨年11月から「ドル円」のボラティリテーが急拡大したことで今や

      「ドル円」をメインに取引している人が急増しています。

      値動きが軽くて値幅が出る市場は、損をしても取り返せるチャンスはあります

      が、同時に利益がすぐに損に変わるリスクもあります。

      動き過ぎるマーケットも困りますが、全く動かないよりはいいと言うことで

      しょうか。

      昨日東京市場でドル円は一時94円台まで上昇する場面がありました。日経

      平均株価一時前日比450円程値上がりした時間とほぼ同時でしたが、株と

      為替を一緒に手掛けている人が多いということが確認されたような場面でした。

      この流れが海外市場への期待にもつながりましたが、欧米市場では93円台

      前半までを円が買い戻される展開でしたが特に妙味もない動きでした。

      株式市場が大きく変動する東京時間が主戦場です。

      94円台まで上昇したドル円は今日はさすがに一服するのではないでしょうか。

      大きな節目でもある95円がやや見えてきたようですが、スピード調整は必要

      だと思います。

      92-93円台が当面の天井とみていた小生も、今後の相場観に戸惑いを感

      じます。

      「行くところまで行く」という感じもしますが、最終的には「本丸」である米

      国から直接「円安誘導批判」が出てくるまでは、足元の「ドル高円安」傾向は

      継続されるのかもしれません。

      正直「高値警戒感」がありながらも、どこまでドル高円安が続くのか判断でな

      い状況です。

      少なくとも、レベル感でショートメイクをしてもほとんど機能しない展開だと

      いうことです。

      安倍総理の言葉を借りるならば、「異次元の円安」「異次元の株高」が続くと

      いうことになりますが、相場である以上、このまま上がり続けることはないと思

      います。

      日銀総裁人事や、それに伴う緩和期待は既に相場に織り込まれて来たよう

      にも思われますが、一旦は節目である95円を見ないと収まらないような状況

      です。

      今朝の新聞にもありましたが、「株を持たないリスク」、「外貨を持たないリ

      スク」を感じ始めた個人投資家が新規参入していますが、中長期でみればまだ

      まだ遅くはありません。

      ただ短期的には過熱感があり、昨日の為替と株の動きは「ミニバブル」の様

      相を呈していたと感じました。

      ユーロ相場の水準を巡る発言が増えてきました。

      フランスの財務相はユーロ高を懸念する発言をしている一方、ドイツではそ

      れを打ち消すような発言もありました。

      本日はECB理事会だけではなく、EU首脳会議もあります。

      ユーロの水準を巡る発言が出てくる可能性は高いと思われますが、仮に発

      言がなければ現水準を容認と受け止められユーロ高に振れることも考えら

      れます。

      EU首脳会議では、既に円安に批判的な発言をしているメルケル・独首相

      の次の発言に注目が集まります。

      93~94円はが本日の予想レンジですが、株価からは目が離せません。
      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1254-ecbeed07

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。