FC2ブログ

イタリア国債入札好調でややリスク後退 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は92円台が重くなり、円が緩やかに買われる展開。

    NY時間では91円14銭まで買われたものの、米住宅関連指標が

    好調だったことや、ダウが5年ぶりの高値を更新したことなどから

    急速に円売りが加速し、92円台半ばまで売られる。

  • イタリア国債の入札がまずまずだったことから、同国の政局不安が

    やや後退しユーロは買い戻された。

    ただ、1.31台半ばまで反発したが上値の重い展開は変わらずとの声が優勢。

  • 株価は大幅に続伸。イタリア政局不安の後退や、バーナンキ議長の

    議会証言に加え、住宅関連指標の改善にダウは175ドル高と、史上最高値

    まであと70ドル余りの水準まで上昇。

  • 株価の大幅上昇を受け債券相場は軟調。10年債利回りは1.9%まで

    上昇。

  • 金は利益確定の売りに押され下落。原油は動意がない中小幅高。

  • 1月耐久財受注 → -5.2%

  • 1月中古住宅販売成約指数 → +4.5%

    本日の注目イベント


    • 豪   豪第4四半期民間設備投資

    • 日   1月鉱工業生産(速報値)

    • 欧   スペイン10-12月GDP(改定値)

    • 独   独2月雇用統計

    • 独   独2月消費者物価指数

    • 欧   ユーロ圏1月消費者物価指数(改定値)

    • 米   10-12月GDP(改定値)

    • 米   新規失業保険申請件数

    • 米   2月シカゴ購買部協会景気指数

    • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演



    イタリア総選挙の結果を受け政局が混迷するとの見通しから急速に「リスクオフ」

    が進み、「株安、債券高」と「高金利通貨安、低金利通貨高」となり、円が主要通

    貨に対して買い戻され、これまでの円先安観に一服がでている状況です。

    そのイタリアで、昨日国債入札が行われました。

    結果は、調達金利は上昇しましたが、応札倍率はまずまずで、予定の65億ユー

    ロ(約7800億円)を調達しています。

    今回の政局不安の台頭にも関わらず、イタリア国債に対する人気は衰えていな

    かったことになります。

    イタリア国債がひとまず「成功」だったことで、欧州危機の拡大には至らないとい

    った観測からユーロは買い戻され、今週月曜日から始まった円買いの流れもや

    や止められた格好になっています。

    昨日も述べましたが、長期的な円安トレンドが変わっていないと予想しています

    が、結局「日足」チャートでは

    一目均衡表の「基準線」で3日連続で止められ、しっかりサポートされたことが確

    認されます。

    今後上昇に向かうとすれば、「転換線」を超えることが必要で、ここを超えることが

    できればドル円は「元の鞘」に戻ったことになります。

    現在「転換線」は92円70銭に位置していることから、この水準が本日の戻りのメ

    ドと見ることもできます。

    仮に上抜けできなければ、しばらくは「転換線」と「基準線」の間での「もみ合い」

    に入る可能性もあります。

    円安修正が進んできたため、ドル円以外でも同じようなチャート上の形状が観ら

    れます。

    ユーロ円は「転換線」がまだ「基準線」を下抜けしてはいませんが、ローソク足が

    「基準線」を大きく下回っているため依然として上値の重い展開が予想されます。

    もっとも、このところボラティリティーが急速に高まっているため、イタリアの政局

    不安がさらに後退すれば一気に123円程度まで反発することもないとはいえま

    せん。

    豪ドル円も同様に「転換線」と「基準線」がかなり接近しており、ローソク足は両

    線を下回ったままです。

    昨夜の93円台からは反発していますが、95円20銭辺りを抜けるかどうかが「上

    昇トレンド復活」へのハードルになると考えられます。

    バーナンキ・FRB議長が前日の証言に続いて、昨日は下院で議会証言を行い

    ました。

    議長は、出口戦略を検討する際、FRBが保有する債券を償還まで持ち続ける

    ことを決定する可能性があることを示唆しました。

    質疑応答の中で、議長は「1つ異なる方法を取る可能性があるとすれば、一部

    証券の保有期間を若干延ばすことだ」とし、「償還まで持ち続けることもあり得る」

    と述べました。

    市場で国債を売却しなければ市場から資金を吸収することにはならないため、

    株式市場などが好感して株価を押し上げたものとみられます。

    本日は衆参両院の議院運営委員会理事会で、今週固めた正副日銀総裁の人

    事案を提示する予定です。

    民主党の出方が注目されますが、今回の人事案には特に反対する理由も見つ

    からず、承認される見通しです。

    黒田総裁と、岩田副総裁が正式に任命されれば、再び大規模な量的緩和が

    連想され円が下落する可能性もあります。

    だた正式に就任しても日銀の政策決定は合議制であることから、他の6人の審

    議委員がどのような持論を持っているのかも重要です。

    今回の人事が政策決定会合の議論にどのような影響を与えるのか、4月3日~

    4日の「初会合」で明らかになりそうです。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1267-276d9126

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。