FC2ブログ

ドル円94円台で堅調に推移 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 連日値幅の大きい動きを見せていたドル円は、上値が重い展開ながら

    米株価の上昇と、住宅関連指標の改善を手掛かりに堅調な動きを見せる。

    94円台前半から半ばで推移し、この日の高値水準で引ける。

  • ユーロドルは依然としてキプロス問題への懸念が払しょくできず、一時

    1.2828と、前日の安値近辺を試したものの、勢いはなく押し戻される。

    米株価の大幅高から「リスクオフ」もやや後退し1.28台半ばで引ける。

  • 株式市場は大幅高。ケースシラー住宅価格指数の上昇や、耐久財受注などの

    改善を好感し、ダウは111ドル高と、約10日振りに過去最高値を更新。

    S&P500も過去最高値に2ポイント以内に迫った。

  • 株高にも関わらず債券価格は上昇。消費者信頼感指数が予想を下回ったことを

    受け債券買いがやや膨らみ、10年債利回りは1.91%台に低下。


  • 金は3日続落で1600ドルの大台を割り込む。対照的に原油価格は

    景気回復を材料に3日続伸し、約1ヵ月振りに96ドル台に乗せる。

  • 2月耐久財受注 → 5.7

  • 1月ケースシラー住宅価格指数 → +8.08%

  • 3月消費者信頼感指数 → 59.7

  • 2月新築住宅販売件数 → 41.1万件

  • 3月リッチモンド連銀製造業指数 → 3

    本日の注目イベント


    • 独   独4月GFK消費者信頼感指数

    • 欧   ユーロ圏3月消費者頼感(速報値)

    • 英   英10-12月GDP(確報値)

    • 米   2月中古住宅販売成約指数

    • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演

    • 米   ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演

    • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演

    • 加   カナダ2月消費者物価指数





    キプロスの支援問題はやや小康状態を保っているようですが市場

    の関心は、銀行再編で民間セクターの損出負担が拡大するかどう

    かに集まっており、市場には依然として警戒感が漂っています。

    EUは、10万ユーロ(約1210万円)を超える預金者に損出を負担

    させる案を検討しているようですが、これが

    他の周辺国にも波及し銀行破たんが起きるのではないか、といった

    不安が払拭されていません。

    ユーロドルは昨日も下値を探る展開が続き、1.28台割れを試しま

    したが前日同様押し戻されています。

    「日足」チャートを見ると重要な「200日線」を下回っており、1.30

    が徐々に遠くなっています。

    一目均衡表の「遅行スパン」は雲を完全に下抜けしており、この

    「遅行スパン」が「200日線」でサポートされている状況です。

    1.28台を割り込めば「遅行スパン」の下抜けが完了しますが、

    そうなると次のターゲットは昨年11月に記録した1.26台半ばと

    いうことになります。

    米景気回復を背景にドルが買われ易い地合いの中、上値の重い

    展開が当面続くと予想されます。

    今朝の経済紙では、日銀が国債買い入れを拡大するため新たな

    購入目標を検討していると報じています。

    これまでの通常の国債購入枠と、金融緩和を行うための基金を統

    合し、より解り易い緩和規模を明示することで日銀の緩和姿勢を

    市場に働きかけようというもののようです。

    黒田日銀総裁は昨日の衆院財務金融委員会で「これまで以上に

    大胆に質的、量的な金融緩和をする」と発言し、

    「あらゆる選択肢を検討課題とし、期待外れにならないよう緩和を

    行う」と述べていました。

    既に市場では期待感が先行しており、追加緩和が実施されたとし

    てもある程度の「サプライズ」が伴わないと

    失望感が支配的になる可能性があり、このあたりを意識した発言と

    見られます。

    実際為替市場にはそれ程影響を与えてはいません。

    ただ、債券市場には大きな影響を与えています。

    連日低下を続けている長期金利は、昨日も一段と低下し0.525

    %を記録しました。

    2003年に記録した史上最低金利である0.43%に迫る勢いです。



    これは黒田総裁の「大胆な質的、量的緩和」を先取りした動きで、

    債券市場の参加者は「この水準で買うのは怖いけれども、買わざる

    を得ない」状況の様です。

    専門家の間では既に「債券バブル」とも言われていますが、「買うか

    ら上がる。上がるから買う」といった図式になっており、史上最低金利

    の0.43%を更新するとの声も聞かれます。

    ただ、これ以上長期金利が低下しても、残りは「0.5%」でしかありま

    せん。

    「あと0.5%しかない」と思うのか「まだ0.5%もある」と考えるのか、

    門外漢には解りませんが、「バブル」の中にいることには違いないと

    思われます。

    日本の長期金利の低下は日米金利差の拡大に繋がります。

    そしてドル円では「ドル買い材料」ということになり、米長期金利が

    景気回復を背景に今後上昇するようだと、為替相場にもじわじわと

    効いてくることが考えられます。

    一段の金融緩和に踏み切る可能性が高い日銀と、まだ時期尚早

    とはいえ量的緩和の縮小を検討する余地のあるFRB。

    この差がドル円の支えになっていることで、足元では93円台半ば

    がサポートされているようにも見えます。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1285-d36277cf

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。