fc2ブログ

ドル円100円台半ばでもみ合い 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は経済指標の内容が良かったことで101円台に乗せたが、

    午後株価が急落したことで円買いが強まり、100円22銭まで下落し、

    その後100円台半ばまで反発して越週。

  • ユーロドルは相変わらず1.3台が重く、ユーロ円の下落に伴い1.29台

    半ばまでユーロ安が進む。ユーロ圏の失業率が過去最悪だったこともユーロ売りに

    つながった。

  • 株価は大幅下落。経済指標が良好だったことで、緩和政策が縮小されるとの観測が高まり

    ダウは前日比208ドル安の1万5100ドル台まで売られる。

  • 一方債券相場も下落。出口に関する議論が高まり、金融引き締めへの警戒感から売り物が

    優勢となり、10年債利回りは上昇。結局長期金利は1週間を通じて2%台に留まる。

  • 金、原油はともに下落。原油価格は約1ヵ月振りに91ドル台まで下げる。

  • 4月個人所得 → ±0.0%

  • 4月個人支出 → -0.2%

  • 4月PCEコアデフレーター → +1.1%

  • 5月シカゴ購買部協会景気指数 → 58.7

  • 5月ミシガン大学消費者信頼感指数(改定値) → 84.5

    本日の注目イベント
  • 豪   豪4月小売売上高

  • 中   中国5月非製造業PMI

  • 中   中国5月HSBC製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏5月製造業景気指数(改定値)

  • 英   英5月製造業PMI

  • 米   5月ISM製造業景況指数

  • 米   イエレン・FRB副議長講演

  • 米   ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演



    101円台が徐々に重くなり100円台半ばを試しているドル円は、先週末の

    NY市場では100円22銭まで円買いが進み、100円割れテストは回避さ

    れたものの、依然としてその可能性を残した展開でした。

    NY株式市場の急落が円買いドル売りをけん引しており、その株価の動き

    は良好な経済指標がきっかけでした。

    シカゴ購買部協会景気指数などが市場予想を超えたことで、「量的緩和

    縮小が早まる」との観測が高まり株価が下落しています。本来良好な経済

    指標は株価の上昇材料です。景気回復は企業収益の増大に結びつくから

    です。

    ところがこのところの市場は全く正反対の反応をします。

    それは、市場のメインテーマが「出口戦略」に集中しているからです。

    NY株式市場だけではなく、主要国の株式市場は軒並み「最高値」を更

    新してきましたが、これは大規模な金融緩和が長い間続き、いわば「カネ

    余り」がもたらした株高でした。

    その金融緩和がいよいよ「終焉」を迎えることで、株式市場にとってはマイ

    ナスに働くというのがその理由です。

    しかし、金融緩和政策を徐々に解除するということは「景気が回復」してい

    ることに他ならず、経済成長は企業収益にとってもプラスです。

    また「金融緩和政策」の変更は、すぐさま「金融引き締め」に転換するわけ

    ではありません。

    考えられる政策変更は、先ず現在毎月850億ドルの資産購入を行ってい

    る規模の縮小だと思います。

    その効果を見極めつつ、その後は資産購入の停止、さらに時間を置いて

    金融の引き締めに移行するというのがメインシナリオです。

    その時期は早くとも2014年後半、遅ければ2015年半ばを過ぎる可能性

    もあります。

    これは昨年のFOMC声明文でも公にしており、今後経済環境がさらに急

    激に改善しない限りこのタイミングが早まることはないのではないかと予想

    しています。

    市場の関心が「出口戦略」に集中しているため、「出口」が早まれば株価

    は下落、遅くなるようだと株価の上昇という展開が続いていますが、金融引

    き締めそのものはドル円にとっては「ドル買い材料」です。

    ところが足元の為替相場は株価の影響を強く受けているため、株価の下

    落→リスクオフ→ドル売り円買い、といった流れが定着しています。

    今週の最大の焦点は100円割れがあるのか、あるいは100円台を維持し

    て再び103円に向かうのかどうかです。そして、そのカギを握るのがやはり

    「株価」です。

    今週は週末の米雇用統計を始め、重要経済指標が相次ぎます。

    特に雇用統計で米労働市場の一段の改善が確認されるようだと、「出口」

    観測が高まり株価の下落、円買いドル売りが進むことが考えられますが、

    市場が「良好な経済指標は株価にとって必ずしもマイナスだけではない」

    との意識に、どれほど傾いてくれるのかがポイントになりそうです。

    先週末のNY株式市場は大幅に下落していることで、今日の日本株も軟

    調に始まりそうです。

    今週、日経平均株価が1万3000円を割り込むようだと100円割れが避け

    られないように思いますが、

    1万4500円台を回復するようなら102円台もありそうです。

    また、日本の長期金利の安定も望まれます。

    米長期金利が上昇傾向を見せているだけに、日本の長期金利が低下傾

    向を見せれば「日米金利差拡大」からドル買いに進む可能性があります。

    予想レンジには100円~101円50銭と見ています。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1330-1612aea5

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。