fc2ブログ

ドル円節目の100円突破 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 日経平均株価が4日続伸し、1万4000円台を回復したことで

    ドル円は海外市場で100円の節目を抜ける。100円台ではストップ

    ロスのドル買いも巻き込み100円73銭まで上昇。週末の雇用統計に

    対する上振れ観測もあり、円は全面安の展開。

  • ドル高円安の流れに、ユーロドルでもドル高が進み一時1ヵ月振りとなる

    1.2964までユーロ安が進行。

  • 株式市場は反落。雇用統計に慎重な見方が広がり、ダウは42ドル安。

  • 債券相場は横ばい。10年債利回りも前日とほぼ変わらず2.47%台。

  • 金は反落。原油価格は続伸し100ドルの大台に迫る。

    本日の注目イベント
  • 豪   豪5月貿易収支

  • 豪   豪5月小売売上高

  • 中   中国6月非製造業PMI

  • 中   HSBC6月サービス業PMI

  • 欧   ユーロ圏総合PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏6月サービス業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏6月小売売上高

  • 米   6月ADP雇用者数

  • 米   5月貿易収支

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   6月ISM非製造業景況指数

  • 米   株式・債券市場は短縮取引

    昨日の東京株式市場では日経平均が246円高と、4日続伸し

    1万4000円台を回復。

    この間の上げ幅は1200円にもなり、株高を好感したドル円は

    海外市場で100円の節目を大きく超えました。

    個人的には一気に100円を超える可能性は少ないと予想し、

    仮に100円台を回復しても「定着」には時間がかかると見てい

    ましたが、今週末まで100円が維持できればどうやら見方を変

    えなければならないかもしれません。

    昨日の海外市場では「株安・金利低下」にも拘らず、ドル円は

    上昇しました。

    これは先月バーナンキ・FRB議長が金融緩和縮小に言及した

    時の状況と同じです。

    量的緩和の縮小により株式・債券市場への資金流入が減少する

    との見方から株式・債券が売られ、昨日は長期金利がやや低下

    しましたが、通常は債券が売られることで金利が上昇し、ドル高円

    安につながります。

    市場の一部には週末の雇用統計では良好な数字が発表されると

    の見方があり、FRBは早期に緩和縮小に動くといった予想が根強

    いようです。

    これが株安にも拘わらずドル円を押し上げたと見られます。

    また、FRBが緩和縮小に動く一方、日銀は緩和を継続するという、

    日米金融当局の「政策スタンスの差」を理由に挙げるコメントもあり

    ましたが、やや後講釈の感は否めません。

    この見方は4月の日銀による異次元緩和実施の時から変わってい

    ません。

    基本的な流れは景気回復が進む米国と、デフレからの脱却に奔

    走する日本との差がドル高円安をもたらすというものです。

    景気が回復すれば長期金利が上昇するのは自然の流れです。

    米長期金利が上昇すれば、日米金利差が拡大しドル高要因にな

    ります。

    また、昨日実施された日本の10年債国債の入札も無難に終わり、

    長期金利は0.8%台後半で安定してきたことも株高円安をサポ

    ートしています。

    既に今年は前半を終えたわけですが、特徴的なのは、このところ

    のドル円は下落すればかなりの値幅を伴って下げ、反対に上昇に

    転じると、こちらも一方的に上昇しています。

    ドル円のボラティリティーが高止まりしており、市場がやや投機的

    になっていることが背景かと思われます。

    5月に103円74銭まで上昇したドル円は、その後93円台後半ま

    で急落し、そして足元では100円台後半まで値を戻し、下落幅の

    7割程度戻したことになります。

    ドルが急落する過程では将来のドル高を予想し、ドルを買い下が

    った投資家も多くいたものと思われます。

    しかし、さすがに10円も値を下げると「底値」が見えなくなり、不安

    に駆られます。そのためやむなく「損切り」を決断した方もいたはず

    です。

    約1ヵ月の「時間軸」を経て、ドル円は元の鞘に戻ろうとしています。

    「もう少し余裕さえあったら・・・」という声も聞こえてきそうですが、そ

    のためにはやはり日ごろから「低レバレッジ」で取引を行うしかありま

    せん。

    そしてさらに重要なことは、余裕がありトレンドが正しいのであれば

    日々の動きに「一喜一憂しない」心構えも必要だということです。

    100円台後半まで上昇したことで、テクニカル的にも再び上昇傾向

    を見せ始めています。

    「日足」の一目均衡表では「転換線」が「基準線」を下から上抜けし

    「好転」を見せています。

    「日足」で「好転」を見せると比較的長いトレンドを形成することで知

    られており、昨年10月の78円台前半で

    「好転」を見せたドル円は、今年5月に100円を割り込むまで「逆転」

    を見せていませんでした。

    個人的にはまだ100円台が定着することに確信は持てませんが、本

    日101円30銭を明確に上抜けするようだと「100円台を固めた」と見

    ることができるかもしれません。

    それは「日足」の「雲」を抜けることになり、さらに「遅行スパン」もロー

    ソク足を抜けることになるからです。

    ドル円が再び103円台に向けて、一段の上昇をみせるかどうかの分

    岐点にいます。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1352-388ebc9a

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。