fc2ブログ

自民圧勝にもドル円動かず 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は経済指標の発表もなく、さらに日本の参院選の行方を見極めたい

    との雰囲気もあり小動き。100円台前半までドルが弱含む場面もあったが

    その後ドルが買い戻され、100円50-60銭の高値圏で引ける。

  • ユーロドルも値動きは小幅。1.31台前半から半ばで推移し、方向感が

    見られない展開が続く。

  • 株式相場はもみ合い後、前日とほぼ同水準で引ける。

  • 債券相場は反発。株価が小幅に下落したことと、前日のバーナンキ議長の

    議会証言を受けて買いもの優勢の展開に。10年債利回りは2.48%台まで低下。

  • 金は続伸し1292ドルに。原油は前日とほぼ変わらず高値圏で推移。

    本日の注目イベント
  • 米   6月中古住宅販売件数

    モスクワでの「G20」では、新興国が米国の金融緩和縮小観に伴う影響を懸念

    する発言を繰り返したものの、今後は金融政策の変更は注意深く行い、お互い

    に意思疎通をはかる必要があるということで合意。

    また、昨日の参院選では自民党が圧勝し、参議院での「ねじれ」が解消。安倍

    政権がより盤石になることで緩やかな「円安株高」が進むといった見方が優勢と

    なっており、いずれも事前予想通りの展開で「サプライズ」はありませんでした。

    今回の参院選では自民党が圧勝するとの予想が大半で、昨日夜の開票速報

    では8時過ぎには自民党候補が続々と当選を決め、その流れは終始続きました。

    今朝の為替市場は予想通りの結果に終わったことからドル円は100円台半ばで

    推移し、先週末のNY市場の引け値からほとんど変化はありません。

    安倍政権が信任されたことで、今後は第3の矢である「成長戦略第2弾」がどのよ

    うな内容で、それが具体的な成長につながるものなのかどうかが問われることに

    なります。

    黒田日銀総裁とともに、デフレからの脱却、そのための金融緩和策の継続、そ

    して2%のインフレ率の達成に向けた政策運営を積極的におこなって行くものと

    思われます。従って今後も緩やかな「円安株高」傾向が続くと見られます。

    バーナンキ議長の議会証言、モスクワでのG20、そして参議院選挙と、重要イ

    ベントは消化してしまいました。ドル円は下値も限定的ですが、上値も100円台

    後半から101円台半ばが抜けにくい状況となっており、動きにくい展開が続きそ

    うです。

    そんな中でやはり注意すべきは株価の動向です。

    今週からはその株価に影響を及ぼす4-6月企業決算発表が始まります。

    円安の影響もあり、大方の企業が好決算を発表するものと予想されますが、ある

    程度は織り込まれているため「増配」や「自社株買い」など、株主配分にどれだ

    け配慮するかも重要なポイントになってきそうです。株主を重視する政策をとり、

    好決算を発表するようなら日経平均株価も1万5000円台を回復し、場合によっ

    ては1万6000円を伺う展開があるかもしれません。

    そうなるとドル円も102ー103円を試す展開も予想されます。

    今年5月に日経平均が1万5600円程度まで上方した際に、ドル円は103円7

    4銭の今年の最高値を記録したことは記憶に新しいところです。

    株価とドル円の相関度は依然高いと考えられます。

    足元では先ず100円台を値がためできるかどうかが注目されます。

    先週金曜日の朝方もドル円は株価に翻弄される展開がありました。

    ドル円は前日のNY市場でダウ平均が過去最高値を更新したことを受けドル

    高で推移し、100円87銭まで上昇し101円台テストの期待もあった矢先です。

    前日比100円を大きく超える上昇を見せていた株価が急落し、わずか10分ほ

    どで400円を超える下落をみせました。

    株価の急落に伴いドル円も100円台前半まで一気に下落し、その後99円台

    後半まで円が買い戻される展開でした。

    先物市場で大量の売り物が出て、現物株の急落につながったようですが、為

    替と株価の連動性を思い知らされた瞬間でしたが、個人投資家にとっては何

    が起きたのか理解できなかったのではないかと思います。今後も株価の動きに

    は十分注意が必要です。

    ドル円は上述のように選挙結果を織り込んでいたためドル高への影響は限定

    的かと思われます。場合によっては利益確定のドル売りで下押しされる場面が

    あるかもしれません。

    ただ、冷静に考えれば政権の安定は「ドル高円安要因」であることは間違いな

    く、夕方からの海外市場の反応にも注意しなければなりません。

    また長い目でみれば、今回の選挙結果は安倍政権にとっても極めて「プラス」

    に作用することになります。

    そのため、米経済指標の内容に上下しながらも、円は緩やかな下落を続けて

    行く可能性が高いと思われます。



    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1364-e64c6a4f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。