fc2ブログ

ドル円1ヵ月振りに97円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 東京時間で98円台半ばまで円買いが進んだ流れを受け、NY市場でも
    午前中は株安に引っ張られる格好で、一時は97円台後半まで円高が進む。
    株価が持ち直したことで98円20-30銭で引ける。

  • ユーロドルでも「ドル安ユーロ高」が進む。ユーロドルは上昇ペースが
    鈍かったものの1.3294まで買われたが、前日の高値と同水準で上値を
    抑えられる。

  • 株式市場は午前中に大きく値を下げたものの、引けに掛けては値を

    戻し、ダウは3ドル高で取引を終える。

  • 債券相場は続伸。株価が軟調だったことや今週のFOMCを
    見極めながらも債券には買い物が集まる。10年債利回りは
    2.56%台まで低下。

  • 金、原油はともに軟調となり小幅に下落。

  • 7月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 85.1


    本日の注目イベント
  • 日   黒田日銀総裁講演

  • 米   6月中古住宅販成約指数



ドル円はやや円を買い戻す動きが強まって来ました。

先週末の金曜日、いつものように3時の引け際に日経平均株価が

急落し、前日比436円安を記録。

ドル円はこの動きに呼応するかのように98円台半ばまで円高が

進行し、NYでも朝方は株価の下落にドル円は1ヵ月振りに

98円台を割り込み、97円95銭を付けています。


米金融緩和を巡る観測が円買いを促していると思われ、17日の

バーナンキ議長の議会証言をきっかけに、やや米金融緩和は

長期化するのではないかといった見方が優勢になっています。

議長はそれまでの、市場の傾きすぎた早期の緩和縮小観測を

牽制する格好で「経済データ次第では継続もあり得る」と

発言し、FRBの政策スタンスをニュートラルに修正したものと

思われましたがが、足元では「9月にも緩和縮小」との見方が

徐々に後退しつつあります。


また、先週1週間は100円を挟む展開から、3日続けて

100円台半ばの節目と見られていた100円50銭近辺

を試しましたが、上抜けできなかったことも円を買い戻す

流れにつながったものと見られます。

少なくとも先週までは98-100円半ばが維持され、

もみ合いが続いていましたが、足元の動きは下値のメドを

テストしている状況かと思います。



97円台を示現したことで、「日足」では「三角保ち合い」

(さんかくもちあい)を下抜けしています。

現在「雲」の中を下落中ですが、雲の途中には「120日線」が

あるため、先ずはこの値位置が最初のサポートになると見て

いますが、水準的には97円65銭になります。

そして、「雲」(先行スパン1)を下抜けするには97円50銭を

割り込む必要があります。

今週は、このサポートを維持できるかどうかが注目されます。



今週末には8月に入りますが、相場の動きは夏休み前の「最後のラり-」に

なる可能性があります。

明日からFOMCが開催されますが、31日には米第2四半期の

GDPが発表され、さらには週末には7月の雇用統計が発表されます。

また、1日にはECB政策委員会も開かれドラギ総裁の記者会見もあります。

これだけ重要イベントが控えていることから、相場の動きも大きくなる

ものと予想されます。


バーナンキ議長はこれまでも「今後の政策は経済だデータ次第だ」と繰り返し、

特に雇用状況がその決め手になると発言してきました。

その意味で今週末の「7月の雇用統計」と、9月6日に発表される

「8月の雇用統計」はこれまで以上に重要なものとなります。

そうなると必然的に民間の雇用統計である「ADP雇用者数」も重要な

意味を持ってきます。

仮にここで好調な数字がでると、本番の雇用統計への期待が高まり、

ドル高円安に振れることも考えられます。

もちろん軟調な内容であれば、ドル円が97円割れを試すことも考えられます。


ただそれでも日米の量的緩和を巡るスタンスには大きな差があります。

金融緩和縮小を巡る動きが「9月説」であれ、「12月説」であれ、緩和縮小に

向かっていることは事実で、ようやく「異次元の緩和」を実施した日本との

差は変わりません。

従って、足元ではドルが軟調な展開を見せ始めていますが、どこかでドルが

弱含んだ場面では拾っておきたいと思います。

ドル円は一旦下落すると、結構な値幅で売られることがこれまでの経験で

解っています。

5月に103円74銭を記録し、その後一気に円買いに振れた際93円台

後半まで下落した時も同様でした。

今回はその際記録した93円78銭を下回るドル安に向かう相場展開とは見ていません。

足元では2.56%で推移している米長期金利がドル円をサポートすると

予想しています。



本日も株価の動きが重要です。

日経平均株価は節目の1万4000円を割り込みそうな気配ですが、どこまで

深押しするのかがポイントです。

先週末と同様に400-500円の大幅下落を見せるようだと、97円台半ばを

割り込む可能性がないとは言えません。

予想レンジは97円30-98円80銭程度と見ています。

================================================================

明日(30日)は都合により「今日のアナリストレポート」を休ませていただきます。

予めご了承下さい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1369-39ee4b5d

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。