fc2ブログ

ドル円98円台半ばから反落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 7月の雇用統計では、失業率は改善したものの、非農業部門雇用者数が

    市場予想を下回ったことからドル円は発表直後の100円手前から急落。

    一時は98円66銭までドル安が進む。引けにかけては株価が上昇したことで

    98円90-00まで戻して越週。

  • ユーロドルも1.31台後半から急伸。軟調な雇用統計を受けて1.32台

    後半までユーロ高が進む。

  • 株式市場は朝方から売られたものの、午後には雇用統計の軟調さが金融緩和継続に

    つながるとの観測から買われ、ダウは30ドル高と連日で最高値を更新。

  • 債券相場は大幅に反発。雇用者数が予想を下回ったことで、緩和策の継続観測が

    高まり買い物を集める。10年債利回りも大幅に低下しドル円の売り材料に。

  • 金、原油はともに下落。

  • 7月非農業部門雇用者数 → 16.2万人

  • 7月失業率 → 7.4%

  • 7月個人所得 → +0.3%

  • 7月個人支出 → +0.5%

  • 7月PCEコアコフデレ-ター → +1.2%

    本日の注目イベント
  • 中   中国7月HSBCサービス業PMI

  • 欧   ユーロ圏7月製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏7月サービス業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏6月小売売上高

  • 米   7月ISM非製造業景況指数

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演


    7月の雇用統計では、失業率が0.2%改善し7.4%に。

    これは2008年以来の低水準になったわけですが、労働参加率の低下が

    もたらしたもので、仕事そのものを見つけることをあきらめた結果との見方をし

    ている専門家が多いようで、それほど「ポジティブ」には捉えられてはいな

    いようです。

    一方、非農業部門雇用者数は市場予想の18.5万人から16.2万人と予

    想を下回り、さらに6月分が19.5万人から18.8万人、5月分も19.5万人

    から17.6万人にそれぞれ下方修正され、順調な回復傾向を見せていた

    雇用に一服感が出てきました。

    この結果を受けてドル円は、1円以上も急落しています。

    もっとも、発表前までにドルが買われる展開が続いており、ADP雇用者数

    の結果を含め、先週の経済指標がほぼ好調だったことから、雇用統計への

    期待感も高まっていたものと思われます。そのため、ドル円は発表直前の9

    9円95銭を天井に下落し、98円66銭までドル売りが加速しました。

    気になるのは「日足」チャートを見ると、5月22日の103円74銭を頂点に上

    値が徐々に切り下がっていることです。

    103円74銭を頭に約10円下落してからは、下落幅の8割程度まで戻したこ

    とで、「ドル高トレンドは変わらない」

    と考えていました。しかし、その後は101円台半ばまで戻して再度下落し、

    さらに100円台半ばまで戻して下落し、今回の戻りは100円手前まで行っ

    ての急落になります。

    上値が徐々に下がっていることで、左上から右下に向けて「レジスタンスラ

    イン」を引くことができます。

    今週中にはこのレジスタンスラインが100円程度まで下がってくるものと思わ

    れ、このままの状況が続くと100円が抜けずに、上値の重い展開が続く可能

    性もあります。

    逆に言えば、この「トレンドライン」を突破出来れば上昇に弾みもつきそうです。

    焦点は今回7月の雇用統計の結果を受けて、来月のFOMCで緩和縮小の可

    能性が無くなったのかどうかという点です。

    今回の発表で5月、6月が下方修正されたことで、FRBが緩和縮小の目安とし

    ている「20万人程度の増加」がやや遠のいたのは事実ですが、まだ「9月説」

    を排除するほど決定的ではないと考えています。

    仮に9月6日に発表される内容が今回の様であれば「9月説」の可能性は消え、

    「12月説」が注目されることにはなりますが、現段階ではまだ判断できません。

    そのため、今後の経済指標の行方が益々重要になって来ます。

    最重要イベントである雇用統計が終わり、今週はそれ程重要な経済指標はあ

    りません。

    そんな中、連銀総裁の講演が多く予定されていることから、そちらに注目が集

    まりそうです。

    中でも、7日(水)に行われるフィラデルフィア連銀のプロッサー総裁の講演は

    注目されそうです。

    先週のFOMC声明文で物価上昇率に関しての文言が加えられていましたが、

    同総裁は「現在の物価上昇率では金融緩和を縮小することを正当化できない

    」と述べています。声明文も同総裁の発言を配慮したものではないかとの観測

    があります。

    さすがに今週から「夏休みモード」に入る公算が高いと思われますが、今年の

    ドル円は予想外に動きます。

    参加者が減ることで値動きが荒っぽくなることも考えられるため油断はできませ

    ん。本日は98円30銭-99円50銭程度の動きになるのではないかと予想して

    います。

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1373-fd38d8e3

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。