FC2ブログ

ドル円一時95円台後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は約1ヵ月半ぶりに95円台まで下落し、一時95円81銭を記録。

    東京市場で株価の下落に伴うドル売りの流れが加速し、ストップを巻き込んだ

    動きがドル売りにつながる。午後にはNY株式市場が上昇したことと、

    このところの急激なドル売りへの警戒感からは反発し、96円台60-70銭まで

    値を戻して引ける。

  • ユーロドルでもドル安ユーロ高が続き、一時は6月19日以来となる

    1.34台まで上昇。来週発表される域内のGDPがプラスに転じるとの見方も

    ユーロ買いを誘った。

  • 株式市場は4日振りに反発。中国の輸出入がともに市場予想を上回ったことが

    好感され、ダウは27ドル高。

  • 債券相場は続伸。30年債入札が好調だったことが買い物を集め、10年債

    利回りは2.58%台まで低下。

  • 金は大幅に続伸し1300ドル台を回復。原油価格は5日続落し103ドル台に。

  • 新規失業保険申請件数 → 33.3万件

    本日の注目イベント
  • 豪   RBA四半期金融政策報告

  • 日   7月マネーストック

  • 中   中国7月消費者物価指数

  • 中   中国7月生産者物価指数

  • 中   中国7月工業生産

  • 中   中国7月都市部固定資産投資

  • 中   中国7月小売売上高

  • 英   英6月貿易収支

  • 加   カナダ7月雇用統計

  • 加   カナダ7月住宅着工件数

    ドル円はNY市場で96円を割り込み、95円81銭まで円高ドル安が進みました。

    今回のドル安局面の下値を95円程度と予想していましたが、先週金曜日の雇

    用統計発表直後から始まったドル安の流れは、ちょうど1週間で4円もの大幅な

    下落につながったことになります。

    この水準でドル安の流れが止まるかどうかは不明ですが、昨日のNY市場の引

    け値が96円70銭辺りまで値を戻して引けたことで、「日足」のローソク足では

    「長い下ヒゲ」を形成しました。この「下ヒゲ」は長ければ長いほど、底値を記録

    した可能性が高いことから、今後95円が当面のボトムとなることも考えられます

    今後のドル円を見る上では、もちろん米国の緩和縮小がいつ行われるのかどう

    かが極めて重要です。個人的には依然として「9月説」に傾いていますが、仮

    に9月に決定されても、その規模は緩やかになりそうです。

    現在FRBは毎月国債を450億ドル、MBSを400億ドルの合計850億ドルの債

    券購入を行っています。

    緩和縮小が開始されれば、200億ドルから300億ドル程度の規模で縮小が行

    われるとの見方がありますが、その規模が100億ドル程度になる可能性もあると

    いうことです。

    日銀は昨日の金融政策決定会合では市場予想通り、特に動きませんでした。

    黒田総裁は記者会見で消費税率引き上げについて、予定通り引き上げても成

    長は続くとの見方を示し、むしろ引き上げを先延ばしにした場合には長期金利

    が上昇し、現在行っている緩和政策に影響を及ぼすと述べています。

    消費税の引き上げは景気にはマイナスに働くことになりますが、足元の景気の

    伸びがそれを上回ると予想し、財政規律の問題は待ったなしという状況のようで

    す。

    本日も株価の動きから目が離せません。

    その株価は連日値幅が大きく、昨日も200円程度のプラスから一時は250円

    程度のマイナスになる場面もありました。

    その動きに連動して96円台後半まで進んだドル高が、午後3時の引け間際に

    は96円15銭辺りまで急速にドル安が進みました。

    東京時間内では米経済指標などの「手がかり」になる材料がなく、勢い、株価

    を見ながらの取引が中心になります。株価が下げればドル売りで反応し、株価

    が上がればドルを買うといった具合です。

    本日も同様に株価に注目しながら、10時半には中国のCPI(消費者物価指数)

    が発表されることから注意が必要です。

    また午後2時半には同じく中国の鉱工業生産や小売売上高が発表されることか

    ら、中国景気を占う意味では重要です。豪ドル円やドル円には影響が出そうです。

    短期的な動きを示す「1時間足」ではまだ「転換線」が「基準線」を下回ったままで

    すが、「遅行スパン」は好転を見せています。

    「MACD」も依然としてマイナス圏で推移していることから、一気に97円台を回

    復する状況でもありません。それでも96円台を維持し、株価が上昇を見せれば、

    上記指標も徐々に変化してきます。

    予想レンジは96円20銭-97円30銭で見たいと思います。

    ================================

    来週12日(月)から14日(水)まで、夏休みとさせて頂きます。

    その間「アナリストレポート」は休ませて頂きますので、予めご了承いただきますよう

    お願い申し上げます。





    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1377-d404e9d5

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。