FC2ブログ

ドル円102円には届かず 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は東京市場でのドル高の流れを引き継ぎ、欧州市場で一時

    101円91銭までドル高円安が進む。NY市場では住宅関連指標の悪化で

    やや下落したものの、101円台半ばで底堅く推移。

  • ユーロドルはECBの政策委員会メンバーが、中銀預金金利のマイナスに

    言及したことから下落。ユーロドルは1.35台半ばから1.35台割れまで

    下落した。

  • 株式市場はまちまち。ダウは高値警戒感があるものの小幅ながら続伸し

    史上最高値を更新。ナスダックも一時4000ポイントの大台に乗せたものの、

    引け値では維持できず小幅に反落。長期金利の低下と、原油価格の下落が支援材料に。

  • 債券相場は小幅に続伸。2年債入札が好調だったことを受け、10年債にも

    需要が波及。長期金利は小幅に低下し2.73%台に。

  • 金は反落。原油価格はイラン核開発協議の暫定合意を受け続落。

  • 10月中古住宅販売成約指数 →-0.6%

    本日の注目イベント
  • 日   日銀金融政策決定会合議事要旨(10月31日分)

  • 米   10月住宅着工件数

  • 米   10月建設許可件数件数

  • 米   9月住宅価格指数

  • 米   9月ケースシラー住宅価格指数

  • 米   11月消費者信頼感指数

  • 米   11月リッチモンド連銀製造業指数


    このところのドル円の特徴は東京市場で新値を取り、勢いよく上昇し

    「水準を変えている」ことです。節目の100円台半ばを超えたのも

    そうですし、昨日の朝方も同様でした。101円30銭前後で始まり、

    101円14銭まで下落した後、株価の上昇と同じようなタイミングで

    101円台半ばをトライし、その水準を上抜けると101円82銭まで

    押し目もなくドルが上昇しました。

    株価の上昇と円売りドル買いを同時に仕掛けているような動きです。


    基本的には東京時間では相場を動かす材料に乏しく、株価の行方を見ながら

    取引をするしかありません。株価が上昇すれば「ドル買い円売り」に傾き、

    下落すれば「円が買われる」展開です。

    このところの動きはその相関がさらに強まっている様に見られます。

    恐らく海外筋がドル円を買うと同時に、日経平均先物を買っているものと

    推測されます。


    昨日は東京市場が引けて間もなくドル円が102円に迫る水準まで

    買われました。

    日経平均は5月の年初来高値に近い水準まで買われ、高値引けでした。

    海外勢もその流れを見て一段のドル高を予想したようですが、その後は上昇に

    勢いはなく101円台半ばで一進一退でした。


    昨日もこの欄で触れましたが、100円台まで円安が進んでから今日で

    「9営業日目」です。

    7月や9月のドル高の際でも、5~7日を経て100円台を割り込む展開でした。

    その意味では今回のドル高局面はこれまでとは異なり、5月の103円74銭を

    記録した展開に似ているようです。

    現在足元では100円台の値固めを行っている状況で、時間をかけながらドルが

    上昇して行くと予想されます。


    それにしても、9月8日の雇用統計発表直後からのドル高の流れは急です。

    同時に日経平均株価の上昇もここ2週間で1500円にもなり、出遅れているとは

    言ってもこちらもスピードが速すぎます。

    ちょうど今日辺りが、「調整」が進み、利食いのドル売りと株式市場でも一旦利益を

    確保する動きがでるのではないかと予想しています。


    日米欧で金融緩和が進み、米国では「金融緩和縮小」が予想されるものの引き続き

    政策金利は「ゼロ」付近に留まり、緩和的な状況は変わりません。

    一方、欧州では昨日も、ECBの政策メンバーの一人であるハンソン・エストニア

    中銀総裁が「ECBには一段の利下げの用意があり、技術的には中銀預金金利を

    マイナスにする準備ができている」と発言している様に、今後の追加緩和の余地を

    残しています。

    また日銀の黒田総裁も、先週記者会見の席で「2%インフレ目標の想定が崩れたら

    政策の余地がある」と発言しており、来年4月からの消費税増税の影響次第では、

    追加緩和もあり得るとの認識を示しています。


    このため、株式市場には低金利でだぶついた資金がリスクを取りながらも、

    利益を狙って集まっている状況が続いています。

    正に「過剰流動性相場」の様相を呈していると言えます。


    本日はドル円の上昇も一服と見ていますが、上述のように株価がさらに

    上昇するようだと再び昨日の高値を試す展開があるかもしれません。

    下落した際のメドは52日線(1時間足)のある、101円40銭前後と、

    さらにその下には比較的厚い雲のある101円15-20銭あたりが

    サポートされると予想します。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1441-238841ea

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。