FC2ブログ

ドル円一段と上昇し102円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 東京市場でのドル高の流れを受け、ドル円はNY市場でも好調な経済指標を

    手掛かりにドル高円安が進み102円台に乗せる。新規失業保険申請件数など

    が市場予想を上回り、米長期金利も上昇したことで低金利の円が一段と売られた。

  • ユーロドルも約4週間ぶりに1.36台まで反発。対円での上昇も続き、

    ユーロ円は138円80銭までユーロ高が進む。

  • 株式市場は続伸。雇用を示す指標の改善にダウは24ドル高と5日続伸。

    ナスダックも4044ポイントまで上昇。

  • 債券相場は反落。多くの経済指標が改善傾向を示したことから売りもの優勢の

    展開に。長期金利は上昇して2.74%近辺に。

  • 金は反落し1237ドルまで下落。原油価格は在庫の増加を嫌気して4日続落。

  • 新規失業保険申請件数 → 31.6万件

  • 10月耐久財受注 → -2.0%

  • 11月シカゴ購買部協会景気指数 → 63.0

  • 11月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) → 75.1

    本日の注目イベント
  • 日   9月鉱工業生産

  • 中   中国 10月工業利益

  • 独   独11月雇用統計

  • 独   独11月消費者物価指数(速報値)

  • 欧   スペイン7-9月期GDP(改訂値)

  • 欧   ユーロ圏10月マネーサプライ

  • 欧   ユーロ圏11月景況感指数

  • 英   BOE金融安定報告書発表

  • 米   感謝祭(株、債券市場は休場)


    本日の「感謝祭」を前に、そろそろ「調整」があってもいいのではないかと

    予想しましたが、実際には昨日の東京時間の朝方にその動きが見られ

    たのみで、結局「円安、株高」の流れが継続しています。

    昨日の朝方に101円20銭程度までドルが売られ、日経平均株価も150

    円程度下げる場面がありましたが、そこからドル円は緩やかに上昇し、

    ほとんど押し目もないまま101円65銭程度まで上昇しました。海外市場

    でもこれまでと同様その流れは変わらず、NY市場では102円台前半ま

    でドル高円安が進行しました。

    昨日の日本株は下げ幅は縮小したとはいえ、結局前日比マイナスで

    引けており、昨日に限っては株価との相関もやや崩れた格好になって

    います。102台までドルを押し上げた要因はやはり米株の上昇でした。

    NYダウは5日続伸し、引け値で4000ポイントの大台を達成したナスダ

    ックは4044ポイント引けており、株価の上昇は留まるところを知りません。

    金も大きく下落しており、原油価格は92ドル台まで下落し、約半年ぶり

    の安値を付けていることから、多くの資金が株式市場に流れ込んでい

    るものと思われます。

    前FRB議長のグリーンスパン氏はブルームバーグとのインタビューで、

    米経済は来年、一部のエコノミスト予想よりも緩やかに成長する公算が

    大きく、最高値圏にある米株式相場については「バブル状態にはない」

    との認識を示しています。

    グリーンスパン氏は「そうゆう結果になる可能性もあるが、現段階ではそ

    うした状況は見当たらない」」と述べています。もともと米株式市場のダイ

    ナミズムについてはこの欄でもたびたび触れてきましたが、来年には

    ダウは1万8000ドルに達するとの見方も出て来ました。

    ただ、それでもこのところの株価の上昇は急で、「いつ調整が起きても

    おかしくない」との意識は持ち続けたいと思います。

    ドル円はついに102円台に乗せ、どうやら「100円台の値固めは終えた」

    と思われます。

    言うまでもなく、この先のターゲットは5月22日に記録した103円74銭と

    いうことになります。そしてユーロ円も140円を目指す展開です。

    昨日は新規失業保険申請件数が予想以上に改善しているなど、多くの

    経済指標が好調で、株価を押し上げ、ドルが上昇する原動力になってい

    ます。

    市場全体がかなりブル(強気)に傾いているとの印象はありますが、このま

    までは12月のFOMCでの「緩和縮小」の可能性にも影響を与えそうです。

    12月17~18日に開催されるFOMCについては、現時点では「緩和縮

    小」は見送られるとの見方が優勢ですが、これだけ株価が上昇し、好調な

    経済指標が続くと「緩和縮小」のタイミングが早まる可能性も出てきます。

    FRBが「緩和縮小」に踏み切る判断基準は「雇用」です。

    従って、12月6日に発表される「11月の雇用統計」が大きく改善していれ

    ばその可能性が急速に高まることになりますが、

    株価の連日の上昇で、「そこそこの内容」であっても「緩和縮小」に踏み

    切る可能性が出て来たと考えます。

    9月のFOMCでは「緩和縮小」が見送られ「サプライズ」でしたが、今回は

    逆の「サプライズ」があるかもしれません。

    多くのレジスタンスポイントをクリアしてきたドル円は、この先103円74銭ま

    で重要なレジスタンスは見当たりません。

    それでも「ストキャスティクス」の「日足」と「週足」が、過熱感を表す「80」を

    超えている点はやや気になります。

    来年早々にも訪れる「米債務上限問題」などは完全に忘れ去られた雰囲

    気もあるなか、ドルショートはなかなか機能しません。

    ショートメイクは避け、もしロングであれば、ひとまず決済のタイミングを探る

    スタンスでいいのではないかと思います。

    本日は101円80銭~102円80銭程度を予想レンジにしてみたいと思います。



    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1442-58e6ba77

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。