FC2ブログ

ドル円早朝も101円台前半に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円はウクライナ情勢の緊迫感が増したことで円買いが優勢となり

    101円67銭まで下落。その後は米経済指標の改善に反応し102円台

    前半まで戻すも上値は重く、101円75-85銭で越週。

  • ドル安が進む展開からユーロドルでもユーロ買いが活発となり、ユーロは

    1.3825まで上昇。昨年12月末以来のユーロ高水準を記録。

  • 株式市場は消費者信頼感の改善などを手掛かりに3日続伸。ダウは49ドル高

    と1万6300ドル台を回復。

  • 債券はウクライナ懸念から買い物を集め小幅に上昇。10年債利回りは2・64%

    まで低下。

  • 金は反落し、原油は小幅に反発。

  • 10-12月期GDP(改定値) → +2.4%

  • 2月ミシガン大学消費者信頼感指数(改定値) → 81.6

  • 1月中古住宅販売成約指数 → +0.1%

    本日の注目イベント

  • 中   中国 2月非製造業PMI

  • 中   中国 1月HSBC製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏2月製造業景況感指数(改定値)

  • 欧   ドラギ・ECB総裁欧州議会で証言

  • 米   1月個人所得

  • 米   1月個人支出

  • 米   1月PCEコアデフレーター

  • 米   2月ISM製造業景況指数


    ロシアがウクライナへの軍事介入を決めたことに対し、オバマ大統領は

    直ちに警告を与えたものの、ロシアのプーチン大統領がその警告を無視

    したため緊迫が一段と高まっています。

    米国が6月にロシアのソチで開催される「G8」への参加を見合わせて

    いることで、英、仏、カナダなども足並みをそろえ、今後は日、独など

    も追随する可能性が高いと思われます。

    さらに週末には、中国昆明で無差別襲撃があり、メディアによればウイ

    グル自治区の独立派によるテロではないかとの観測が高まっており、

    「中ソ」で緊張が高まっています。

    先週末の米経済指標は強弱まちまちで、いまいち米景気の拡大を見極め

    るには物足りない状況のなか、予想外の緊張の高まりから、安全通貨の

    円買いが徐々に強まっている状況です。

    週明けのオセアニア市場でも、先週末のNY市場の引け値から30ポイ

    ント程円高方向で取引が開始されており、一時101円30銭まで

    「ドル安円高」が進んでいます。

    先週までは102円台でのもみ合いが続き、この欄でも指摘したように

    「日足」のボリンジャーバンドは急速に「縮小」しており、いつ「拡大」

    してもおかしくない状況でした。

    今朝の同指標は上のバンドが下落から上向きになり、下のバンドも上向

    きから下向きに変化し始めて、いよいよ「拡大」し始めたことを伺わせ

    ています。

    「中国、ロシア」での緊張の高まりを考えると、円高に振れる可能性が

    高まって来たと思われます。

    「日足」の一目均衡表でも既にローソク足が「雲」を下抜けしており、

    下落しそうな形を見せ始めています。

    こうなると下値のメドは2月初旬に3日連続でテストして抜け切れなか

    った「120日線」で再び下落が抑えられるのかどうかが注目されます。

    現在この「120日線」は101円20銭に位置しており、ここを下抜

    けすると100円台が見えて来ることになりそうです。

    軍事衝突の可能性の高まりから円に対する需要が見込まれ、やや円高方

    向に振れ易い状況の中、ドルがしっかりサポートされるには米経済に対

    する信任が必要です。

    今週は本日、ISM製造業景況指数が発表される他、週末には「2月の

    雇用統計」も発表されます。

    ドルが再び102円~103円に戻すにはこれらの経済指標で米景気の

    底堅さを確認することが不可欠です。

    また6日の木曜日にはECBの政策委員会が開催され、ここで追加緩和

    が実施される可能性も高まっています。

    ユーロは先週末、対ドルで1.38台に乗せ、昨年末以来のユーロ高水

    準です。

    ドルが売られ易いことから、ドル売りユーロ買いも強まっているわけで

    すが、ECBが追加緩和に踏み切ればユーロが再び下落することも考え

    られ、そうなるとドル円が下落し、ユーロ円も下落する、「円の独歩高」

    という構図も考えられます。

    従って、今週は円がどこまで買い戻されるのかを見極める週になりそう

    です。

    本日は朝方10時に中国の非製造業PMIが発表されます。

    既に先週土曜日に製造業のPMIが発表されており、こちらも前月より

    弱めの内容になっています。

    非製造業PMIが先月の「53.4」に比べ大幅に悪化しているようだ

    と、上海株や日経平均株価が下落し円高が進むことも十分考えられます。

    本日のレンジはやや広めで、100円50銭~101円90銭程度を予

    想したいと思います。



    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1498-c30d8595

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。