FC2ブログ

G7、ロシアをG8への参加を停止 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円は「G7」でのロシアに対する制裁の内容を見極める

    雰囲気の中、緊張がやや緩和するとの見方があったが、株価の

    下落に反応し、102円台前半まで下落。

  • ユーロドルはドイツ、ユーロ圏のPMIの悪化に1.37台半ば

    まで下落したが、「G7」の結果を受け、軍事行動にはつながらない

    との見方から急伸。一時は1.38台後半までユーロ高が進み、

    1.3830-40で取引を終える。

  • 株価は続落。製造業景気指数が前月から低下したことで

    売り方が優勢に。ダウは先週末比24ドル下落。

  • 債券は続伸。ロシアを「G8」から除外するとの報道を好感。

    長期金利は2.73%台で引ける。

  • 金は米国の利上げが早まるとの見方が広がり24ドルの大幅安。

    原油は小幅に続伸。

    本日の注目イベント

  • 中   中国 2月コンファレンスボード景気先行指数

  • 独   独3月ifo景況感指数

  • 英   英2月消費者者物価指数

  • 米   1月ケースシラー住宅価格指数

  • 米   3月消費者信頼感指数

  • 米   2月新築住宅販売件数

  • 米   3月消費者信頼感指数

  • 米   3月リッチモンド連銀製造業指数

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

  • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演

    オランダのハーグで開かれた「G7」では、クリミア編入手続きを完了

    したロシアへの新たな制裁として「G8」への参加を停止することで各

    国首脳は一致しました。

    オバマ大統領は記者団に対して、「ロシアに対し、これまでの行動の代

    償を払わせることでわれわれは一致している」と述べ、キャメロン英首

    相も「方向を変える必要があるのはロシアだ」と語っています。

    (ブルームバーグ)

    これに関連して、6月にロシアのソチで開催予定だった「G8」は、ベ

    ルギーで「G7」として開催することになり、ロシアは事実上「G8」か

    ら排除されることになりました。

    これに対してロシアのプーチン大統領も昨日のテレビ番組では

    「(開催地のソチに)来たくなければ、来なくてもいい」と、強気の発

    言を繰り返しています。

    この内容を受け、市場は軍事衝突の可能性がやや後退したと受け止めた

    ようですが、シカゴのVIX指数(恐怖指数」は0.6%上昇し、15.0

    9%で引けています。

    ドル円は米長期金利の低下と、株価の下落に引っ張られる形で102円

    台前半まで売られましたが、依然として102円台は維持しており、ま

    だはっきりとした方向感が見えていないという状況です。

    一方ユーロドルが100ポイント以上急伸しました。

    地政学的にロシアに近いということで、今回の「G7」の結果が注目

    されていましたが、すぐに軍事衝突はないとの見方からユーロが大きく

    買われています。

    ユーロドルは今月13日の1.3967からちょうど200ポイント

    調整しましたが、昨日の急伸で「半値戻し」を見せたことになります。

    特にこれといってユーロを積極的に買う材料が見当たらないない中、

    ユーロは下値を切り上げています。

    ブルームバーグの報道によると、中国が外貨準備の一部をドルからユ

    ーロにシフトしているのではないかとの見方もあります。

    外貨準備の多くをドルで保有している中国が、「ドルを売ってユーロ

    を買う」こともあり得る話で、今後外貨準備の内訳が発表されれば、

    真相も明らかになります

    ユーロについてはまだ利下げ観測が消えたわけではなく、特にロシア

    に対する制裁がエネルギー分野にまで及ぶようだとユーロ圏にとって

    も厳しい選択となり、一段の景気刺激策が必要な事態が考えられ、利

    下げ観測が高まることになります。

    チャートを見る限り、ユーロドルも、ユーロ円も上昇基調を崩してい

    ません。

    ユーロドルでは1.40がやはり大きな節目となりそうで、ここを抜

    けることができるか、あるいは抜けずに再び1.35を目指すのかが

    焦点です。

    このところのドル円は東京時間にはほとんど値動きがないのが実情です。

    株価が低迷していることもありますが、雇用統計で103円台後半まで

    ドル高が進んでも、あるいはイエレン発言で102円台半ばを超えても、

    東京時間での反応は限られます。

    本日も株価が軟調に推移すると予想されることから、

    101円70銭~102円70銭程度を予想します。


    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1513-68a51739

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。