FC2ブログ

ECB政策金利据え置きでユーロ乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 東京タイムに104円台に乗せたドル円だったが、その後は

    本日の雇用統計を控え小動き。それでも米経済指標がさえない中、

    103円台後半を維持。

  • ECBは政策委員会で現行の政策金利を据え置くことを決定。

    この結果ユーロドルは1.38台まで急伸する場面があったものの、

    その後に急落、一時は1.37台割れまで売られるなど乱高下。

  • 株価は小幅に反落したものの水準は前日とほぼ変わらず。

    本日の雇用統計を見極めたいとする中、ダウは5日ぶりに下げた

    が45セント安に留まる。

  • 債券相場は反発。失業保険申請件数が予想を下回ったことで

    本日の雇用統計に対するセンチメントが悪化し、債券買いに繋がる。

    長期金利は2.79%台と、前日よりやや低下。

  • 金は反落し、原油は小幅に反発し100ドル台を回復。


  • 2月貿易収支        → 423億ドルの赤字

  • 新規失業保険申請件数    → 32.6万件

  • 3月ISM非製造業景況指数 → 53.1


    本日の注目イベント

  • 欧   EU外相会議

  • 米   3月雇用統計

  • 加   カナダ3月失業率

    株高とドル高がうまく機能し、ドル円は今年1月以来となる104円台

    まで上昇する場面がありました。

    ちょうど1週間前の金曜日のNY市場で102円50銭を上抜けし、こ

    れまでのレンジを放れる動きを見せましたが、それから1週間をかけて

    ドル円は緩やなドル高円安トレンドを形成しながら104円台まで値を

    伸ばしてきました。

    昨日は東京時間の午後に、日経平均株価が220円ほど上昇したことで、

    103円台後半で一進一退を続けていたドル円が104円台に乗せました。

    104円台乗せは時間的にはわずかでしたが、この水準では、今年1月

    以来のドル高水準ということもあり実需のドル売りや利益確定のドル売り

    が出たようですが、これは想定内の動きです。

    102円台半ばを抜けてからは、ほぼ押し目もなく緩やかに上昇したドル

    円です。このあたりでの日柄調整はある意味健全な動きと捉えられます。

    もっとも、この程度では「日柄調整」とは言えませんが・・・・。

    株式、債券を含めた金融市場は「リスクオン」が主流となり、昨年末に似

    た雰囲気になってきたように感じます。

    そうは言っても、米長期金利はまだ2.8%前後で、日経平均株価は昨年

    末よりも1200円も低い水準です。

    今年のドル高値である105円台半ばを抜けるにはまだ支援材料が足りま

    せん。今夜の雇用統計で雇用者数が20万人を大きく超えるようであれば

    支援材料となり、104円半ばから105円を試すことも予想されますが、

    一方で雇用者の大幅な伸びはFRBによるQE終了のタイミングを早め、

    金融引き締めが早まることにもつながります。

    この連想が株価の下落圧力になり、ドル円が株価の下落に反応し円高に振

    れるリスクもあろうかと思います。この点には注意が必要です。

    ECBは市場予想通り政策金利の据え置きを決めました。

    記者会見でドラギ総裁は、「QEについての議論はあった。この手段が無

    視されていたということはない。

    どのようなQEがより効果的かということについてはもちろん、さまざま

    な見解がある。今後数週間に、議論を進めていく」と述べています。

    (ブルームバーグ)

    この発言から、ECBの政策委員会ではQEを行うべきとのコンセンサス

    は出来上がっているものと受け止められます。

    これまでドイツ連銀がQEには難色を示していましたが足許では、インフ

    レ率が2%というECBの目安に比べ4分の1に留まっている現実が合意

    形成に働いたものと思われます。

    ドラギ総裁は同時に、最大の脅威の一つは「非常に高い失業率だ」とも述

    べており、長期の経済低迷の一因だとする見方も示しています。

    さて今夜は3月の雇用統計が発表されます。

    悪天候の影響もなさそうですし、毎週発表される新規失業保険申請件数も

    3月12日を含む週では減少していました。

    私も含めて、市場では上振れ期待が強いと思われます。

    仮に悪くても17万人程度ではそれほどドル売り材料にはならないと予想

    していますが、どうでしょうか・・・・。

    予想レンジはワイドに見積もって、103円~104円50銭程度でしょうか。



    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1521-44243618

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。