FC2ブログ

NY株式大幅下落でドル全面安 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円は米雇用関連の指標が改善したことで反発し101円97銭

    近辺まで上昇したが、株価の下落と、長期金利の低下に歩調を合わす格好で

    101円33銭まで下落。101円台半ばで反発して引ける。

  • ドルが主要通貨に対して下落する中、ユーロドルでもドル安ユーロ高が進行。

    ユーロドルは1.39ちょうどまで上昇し、約3週間振りのユーロ高を示現。

  • 株式市場は大幅安となり、前日の上昇分を吐き出す。ハイテク株が下落し、

    売りが売りを呼ぶ格好で下落幅が広がり、ダウは前日比266ドル安。

    ナスダックは3%を超える下げを演じる。

  • 株安と、30年債入札が好調だったことから債券価格は上昇。

    長期金利は2.64%台まで低下し、4週間ぶりの低水準を記録。

  • 金は続伸し、原油は反落。


  • 3月財政収支 → 369億ドルの赤字

  • 新規失業保険申請件数 → 30万件

    本日の注目イベント

  • 日   3月マネーストック

  • 日   日銀金融政策決定会合議事要旨(3月10・11日分)

  • 中   中国 3月消費者物価指数

  • 中   中国 3月生産者者物価指数

  • 米   3月生産者物価指数

  • 米  4月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

  • 米   決算発表 →JPモルガン・チェース、ウェル・ファーゴ


    ドル円は101円33銭まで下落し、ユーロドルは1.39、そして豪ドルドル

    も0.94台に乗せるなど「ドル安」が急速に進んでいます。

    そのため足許の「円高」は、実は「ドル安」と捉えることが正鵠を射ているとい

    えます。

    「ドル安」の原因は、米長期金利の低下と、株式市場の不透明感が主因と考えら

    れます。ブルームバーグによると、米国株を離れた資金はブラジルなど新興国に

    向かっているとの報道もあります。

    2月には新興国通貨の急落から円が買われたこともありましたが、運用利回り

    を上げるため世界中を駆け巡る資金の足は予想以上に速いようです。

    そうは言っても徐々に進行しているドル安の動きはファンダメンタルズからする

    と理解しがたい部分もあります。

    昨日は新規失業保険申請件数が発表されました。

    結果は30万件と改善しており、この件数は2007年5月以来の低水準となり

    ます。2007年5月と言えば、リーマンショックが起こる前ということになり、

    少なくとも失業保険申請件数についてはリーマン前の水準に戻ったことになりま

    す。

    また、同時に発表された3月の財政収支は369億ドルの赤字でしたが、3月と

    しては14年振りとなる小額です。

    因みに昨年3月の同指数は1065億ドルの赤字で、約1/3に改善しているこ

    とが分かります。

    これだけではドルが売られる理由は見つかりません。

    ドル円は101円33銭まで下落し、1週間前の雇用統計直前に記録した10

    4円14銭から、約3円近い「ドル安」です。

    ドル円が「日足」の「120日線」を下抜けした際にも述べましたが、テクニ

    カルでは強弱まちまちの相場観を示していましたが、現時点では「120日線」

    ブレイクの方に軍配が上がりそうです。

    昨日もNY株式市場が大幅安だったことから、本日の日経平均株価も「年初来

    安値」を更新しそうな気配です。

    このところドル円と株価との相関関係がやや崩れてはいますが、日経平均株価

    が大幅安になると、ドルの下値を試す展開が予想されます。

    下値のメドは、まず3月3日と14日につけた、101円20銭前後ということ

    になります。

    そして、仮にその水準を下回った場合には、101円という大台と、2月に記録

    した100円77銭前後が意識される水準になると思われます。

    市場関係者の間でもそろそろ、「100円割れがある」といった見方も広がって

    きました。

    現在の水準から1円50銭程度であることから、「100円割れ」の可能性が出

    てきましたが、ここは冷静に対処することが求められます。

    レベル感からの安易な買い下がりには注意が必要ですが、同時に売り込み過ぎに

    も注意すべきです。

    レンジ予想は100円90銭~101円90銭程度と見ますが、本日発表のミシ

    ガン大学消費者マインドの結果が注目されます。市場予想は「81.0」で、先

    月より改善が予想されていますが、これが下振れするようだとドルの底値を試す

    展開も予想されます。


    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1526-b79135d0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。