FC2ブログ

株高を背景にドル円102円台乗せ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 東京時間には日経平均株価の大幅な上昇を受け102円台を回復したドル円は

    欧州市場でもその流れを引き継ぎ、一時102円36銭までドル高が進行。

    ただ、NY市場では102円台前半でもみ合い、値動きも小幅だった。

  • ユーロドルはアジア市場で1.38台半ばまで買われたが、その後の海外市場では

    1.38台前半まで下落したあと、やや反発し「往って来い」の展開に。

    値動きが大きかったユーロ円の動きに引っ張られた側面も。

  • 株式市場は3日大幅に続伸。ヤフーの決算や、良好な経済指標に安心感が広がり

    ダウは162ドル高で、1万6400ドル台まで上昇。

  • 債券相場は横ばい。株高やイエレン議長の発言などで売られたものの、ウクライナ

    情勢が支えとなり、前日比小幅な下落に留まる。

  • 金は、原油は小幅に反発。


  • 3月住宅着工件数 → 94.6万件

  • 3月建設許可件数件数 → 99.0万件

  • 3月鉱工業生産 → +0.7%

    本日の注目イベント

  • 独   独3月生産者物価指数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   4月フィラデルフィア連銀景況指数  

  • 米   決算発表 →GE、ブラックロック、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー

  • 加   カナダ3月消費者物価指数


    前日まで101円90銭から102円レベルが重たく、この水準で押し戻

    されてきたドル円は、株式市場の急騰に102円台に乗せ、昨日この欄で

    も述べたように「102円台を維持」しています。欧州市場で一時102

    円37銭まで上昇し、NYではもう一段のドル高への期待もありましたが、

    動きは小幅で、下押しはなかったものの、欧州市場でのドル高値を抜くこ

    ともできていません。

    これは「日足」の一目均衡表を見ると、「雲」の入り口があり抵抗される

    ことが容易に想定されることと、さらにこの水準には「52日線」と

    「120日線」が集まっており、一筋縄ではいかないことも予想されました。

    従って、足許ではまずこの水準を明確に上抜けすることが「102円台維持」

    の条件になります。

    この水準を抜くことができなければ、再び101円台まで押し戻され重苦し

    い展開が続くことも予想されます。

    とは言え、やはり株価の大幅な上昇はドル高への大きな援護射撃になること

    を改めて確認した次第です。

    昨日のNY市場でも、アジア市場での株高や、中国の1-3月期GDPが政

    府目標には届かなかったものの、市場予想を上回ったことで株式市場にも好

    影響を与え、ダウ平均株価は162ドルの大幅高で取引を終えています。

    ダウ平均はここ3日間で398ドルほど上昇し、先週1週間の大幅な下げを

    ほぼ取り戻した格好です。

    NY株式市場の大幅反発の背景の一つには、企業業績の上振れが挙げられます。

    昨日もヤフーの好決算が相場全体の雰囲気を良くした面もあります。

    ただ注意すべきは、今決算では全体が良い訳ではなく、そこには企業の戦略も

    からんでおり、選別する必要があります。

    金融でも、JPモルガンやバンカメは不調である一方、シティーやウェルズな

    どは好決算でした。

    今後は日本の3月期決算も本格的に発表されることから、日経平均株価もその

    結果を織り込んでいく動きになろうかと思います。

    ドル円は上述のように、102円台半ば超えができるかどうかが注目されます

    が、まだ手放しでドル高を見据えるわけには行きません。

    それはやはり米長期金利が「低位安定」しているからです。

    株価が大幅に上昇すれば、「リスクオン」から一般的には安全資産の債券が売

    られ、その結果長金利が上昇します。

    ここ3日間で398ドルもダウが上昇しましたが、この間の長期金利は僅か

    1ベーシス(0.01%)程度の上昇でほとんど変わっていないとも言えます。

    ドル円が昨年末のように大幅な上昇を見せるは、長期金利が2.8%から3%

    程度へ上昇していることが必要です。

    そう考えると、足許のドル高にそれほど大きな期待を寄せるのは時期尚早です。

    本日も株価が堅調に推移すると予想し、ドル円のレンジは101円80銭から

    102円80銭程度を予想したいと思います。

    新聞記事に「要人発言」が相場を動かすとありましたが、本日は安倍総理が

    ジャパン・サミット2014で講演するすることになっており、また日銀支店

    長会議が開催され、黒田総裁が挨拶を行うことになっています。




    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1530-12cdcdcd

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。