FC2ブログ

ドル円ウクライナ情勢緊迫で下値をテスト 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円は引き続きウクライナ情勢の緊迫から下値を試す展開が続き、

    一時1週間ぶりに102円台割れまで下落。その後は消費者信頼感指数が

    市場予想を上回ったことから102円20銭前後まで戻して引ける。

  • ユーロドルは横ばい。下値を徐々に切り上げてはいるものの、

    1.38台半ばが天井となり、もみ合いが続く。

  • 株式市場は下落。アマゾンの決算をきっかけにナスダック指数が

    1.8%の大幅下落。ダウも140ドル安の1万6360台で引ける。

  • ウクライナ情勢を背景に債券は続伸。この日は株価が大幅安を演じた

    ことで債券相場は5日続伸。10年債利回りも2.66%台まで低下。

  • 金は続伸し1300ドル台を回復。原油は続落し約3週間ぶりに

    100ドル台まで売られる。

  • 4月ミシガン大学消費者信頼感指数(改定値) → 84.1


    本日の注目イベント

  • 米   3月中古住宅販売成約指数


    ウクライナ情勢の緊迫を背景に先週末のNY市場では、1週間ぶりに

    ドル円は101円台後半まで円買いが進みました。

    先週は、米経済指標の安定が見られたことで102円台半ばから上値

    を試したものの、103円には届かず、再び101円まで下落し、今

    度はドルの底値を探る展開になりそうです。

    先週末、オバマ大統領は対ロシアへの追加制裁について欧州首脳と協

    議し、ドイツのメルケル首相も対ロシアで新たな措置を講じる準備を

    進めていることを明らかにしました。

    これはウクライナ国境付近でロシアが軍事演習を開始したことで、ウ

    クライナ情勢が新たな段階に入ったと判断したものと見られます。

    ブルームバーグによると、米国と欧州連合(EU)はウクライナ危機

    を強めたとして28日にもプーチン大統領の側近とロシア企業に対し

    新たな制裁を発動する可能性があると伝えており、具体的にはロシア

    の国営石油会社の最高経営責任者であるロスネチフ氏と、側近のイゴ

    ール氏の名前を挙げています。

    ロシアの軍事演習に対してウクライナ国防省も、同国南部の防空部隊

    が「戦闘即応態勢」を整えていることを明らかにしているなど、市場

    ではやや「リスクオフ」が進みそうな気配です。

    そのため、ドル円は再び102円を割り込む動きを見せ、株価も下落

    し、債券が買われています。今週はウクライナ情勢に加えて、重要イ

    ベントが目白押しです。

    日本では日銀政策決定会合が開かれ、米国でもFOMCが開催されま

    す。さらにECBが政策金利の発表を行い、ドラギ総裁の会見も予定

    されています。

    また、米国の第1四半期GDPも発表され、週末には恒例の雇用統計

    です。日本ではゴールデン・ウィークがスタートし行楽シーズンの幕

    開けですが、金融市場にとってもこれだけ重要イベントが揃うと、目

    が離せないゴールデン・ウィークとなりそうです。

    ドル円やユーロドルなど主要通貨に明確な「方向感」は見い出せません。

    ドル円は101円~103円のレンジだとは言えますが、そのレンジ

    のどちらを抜けていくのか、まだ不透明です。

    ウクライナ情勢は緊張感を増してきましたが、長期戦の気配です。

    やはり相場の方向を決定付けるのは上記重要イベントの結果というこ

    とになります。ドル円の変動率は急低下していますが、日本ではGW

    ということで参加者が減り、上記イベントの結果次第では相場の急変

    があるかもしれません。

    ポジションと資金の管理には注意が必要です。

    ドル円の本日のレンジは101円80銭~102円70銭程度と予想

    します。



    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1537-e291168b

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。