FC2ブログ

ドル円109円台半ばで推移 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は東京時間午後に安倍首相の所信演説に呼応するかのように

    109円75銭まで上昇し、110円が視野に入った。ただその後の

    海外市場では利益確定のドル売りが優勢となり、109円台は

    割り込まなかったものの上値が重い展開に。NYでの下値は

    109円13銭。

  • ユーロドルも急ピッチのユーロ安が一旦は止まる。東京時間に

    1.2664までユーロ安が進んだが、こちらも利益確定の買戻しに

    1.27台前半まで押し戻される。

  • 株式市場は反落。香港のデモで地政学的リスクが高まったとの

    見方が広がり、ダウは41ドル下落。

  • 債券相場は香港情勢から買いものを集め上昇。安全資産としての

    米国債に資金が流れ、長期金利は約3週間振りに2.5%台を割り込む。

  • 金は反発し、原油は続伸。


  • 8月個人所得        → +0.3%

  • 8月個人支出        → +0.5%

  • 8月PCEコアデフレーター → +1.5%

  • 8月中古住宅販売成約指数  → -1. 0%

    本日の注目イベント

  • 日   8月失業率

  • 日   8月鉱工業生産

  • 中   中国 9月HSBC製造業PMI(改定値)

  • 独   独9月雇用統計

  • 独   独8月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏8月失業率

  • 欧   ユーロ圏9月消費者物価指数(速報値)

  • 英   英4-6月期GDP(確定値)

  • 米   7月ケースシラー住宅価格指数

  • 米   9月シカゴ購買部協会景気指数

  • 米   9月消費者信頼感指数

  • 加   カナダ7月GDP  

    ドル円は昨日の東京時間午後に、109円75銭まで急速に値を上げ、

    110円手前までドル高円安が進行しました。

    昨日も述べましたが、ここまで来たら「110円を見ないわけには行か

    ない」といった雰囲気になりつつあります。

    昨日は、場合によっては海外市場で「110円達成」があるかもしれな

    いとも見ていましたが、香港で民主化を求めるデモが数万人規模にまで

    拡大したことから地政学的リスクが意識され、利益確定のドル売りが優

    勢となり、「110円達成」はお預けとなっています。

    昨日の動きなどを見ていると、やや投機的なドル買いのように見受けら

    れますが、それもドル高トレンドを巧みに取り込んだ動きと解釈できます。

    経済界にも急激な円安を懸念する声も出ています。

    日本商工会議所の三村会頭や、経団連の榊原会長などが円安のスピード

    が速すぎるとの懸念を表明しています。

    それでも基本的には日米の金融政策の差は歴然としており、ここを基本と

    するドル高の流れを変えることは簡単ではありません。

    米国にも急激なドル高を懸念する声も徐々に出始めてはいます。

    しかしドルに対しては円だけではなく、ユーロも豪ドルも大きく下落して

    おり、むしろ円安は米国の景気拡大による面が大きいとも言えます。

    この点に関しては、ダラス連銀のフィッシャー総裁が雄弁に説明していま

    す。同総裁はブルームバーグラジオとのインタビューで、「強いドルは米

    経済への信任投票だと思う」と述べています。

    また、強いドルには好都合な点があるとして、「輸入製品価格が下がり、

    インフレ面で当局を支援する」とも語っています。

    香港での民主化を求めるデモが拡大したことで、新たな地政学的リスクが

    意識されます。

    特にデモは中環(セントラル)で行われていることから、金融機関が集中

    しているためその影響が懸念されます。学生リーダーなどは、自由で開か

    れた選挙の実施などを10月1日まで行うよう要求しており、予断は許し

    ません。

    ドル円はややリスクオフが高まりつつあるため、状況によっては円が買い

    戻されることも考慮しなければなりません。

    今週は、ECB理事会やADP雇用者数、そして雇用統計と重要イベント

    が多く、この局面で110円に届かないようだと「調整」が始まる可能性

    もあると考えています。

    ドル高トレンドは継続中ながら、急激なドル高を警戒すべきステージに入

    っているのかもしれません。

    本日のレンジは108円80銭~109円80銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1635-3239537f

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。