FC2ブログ

ドル円早朝に117円台に突入 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はミシガン大学消費者マインドが2007年1月以来の高水準

    だったことを受け119円台に乗せる場面も。その後は原油安の影響から

    株価が急落し、長期金利も急低下したことで円買いが強まり、118円21銭

    まで下げ、118円台後半で越週。

  • ユーロドルは1.24台半ばを挟んでもみ合い。上値は重いものの、

    下げればショートカバーも入る展開。

  • 株式市場は大幅に反落。原油価格が一段と下げたことや、中国の工業生産

    統計を受け世界経済の減速懸念が広がった。ダウは前日比315ドル下げ

    1万7280ドル台で引ける。

  • 株価の急落や、原油安を受け、債券相場は一段高。長期金利は約2ヵ月ぶりに

    2.1%台を割り込む。

  • 金は続落。原油価格はIAEAが2015年の世界需要を下方修正したことで

    一段安。

  • 11月生産者物価指数            → -0.2%  

  • 12月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)→ 93.8

    本日の注目イベント

  • 日   12月日銀短観

  • 中   中国 11月マネーサプライ

  • 米   11月鉱工業生産

  • 米   12月NAHB住宅市場指数

    昨日の衆院選の結果はほぼ事前予想通りでした。

    自公併せて2/3の議席を確保し、これで安倍政権の基盤はさらに磐石のものと

    なり、「アベノミクス」が評価されたとの認識のようです。

    ただ投票率が戦後最低を記録したようで、有権者の二人に一人が棄権したこと

    になります。信認されたと言うよりも「他にないから」といった風潮が、その

    まま選挙結果につながったと言えます。「アベノミクス」で、法人税減税や規制

    改革など、やり残した仕事をどこまで実現できるかが問われます。

    早朝のドル円はNYクローズのレベルからは売られ、117円台後半までドル

    が売られています。これは選挙結果というよりも、先週末のNY株式市場が大

    幅下落したことの影響が残っていると考えられます。

    NYダウは351ドル安と大幅に下落し、長期金利は2.1%を割り込んでき

    ました。ここを見る限り「リスクオフ」の動きにつながっており、円が買われ

    易い状況です。

    株安、債券高にも関わらずドル円が118円台後半で推移していた背景は、や

    はり好調な米経済指標に支えられています。

    先週末に発表されたミシガン大学消費者マインドは2007年1月以来となる

    「93.8」でした。好調な景気に支えられていることから、今週行われる、

    今年最後のFOMCでは、いわゆる「相当な期間」という文言が外されるという

    見方が有力です。

    もし外されれば、2015年6月の利上げ観測が正当化されることになり、利

    上げはドル買い材料となります。

    先週から、ドル円のカギを握るのは「NY株式市場」だと述べてきました。

    その意味で、ダウが351ドルの下げを見せた後、今日、日本株がどのような

    動きを見せるかが非常に注目されます。

    前述のように、信認されたと思える「アベノミクス」に対して、NY株安、あ

    るいは原油安がどの程度円高方向に作用するかという点が今日の焦点です。

    今週は相当荒っぽい展開が予想されます。

    米国では来年にも利上げが確実視されていることで、長期的に見ればドルの

    「買い場」を探る戦略でいいとは思いますが、一方で株安、原油安が止まらな

    い限り、先週記録した121円85銭を上抜けするのは簡単ではありません。

    衆院選を終えて、安倍首相が自身の経済運営にどのような発言を行うのか、ま

    た、週末には黒田総裁の記者会見もあることから、市場はいつも以上に「要人

    発言」に敏感に反応しそうです。

    今日1日では値幅も大きいと思われ、レンジも117円50銭~119円30

    銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1686-6167e663

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。