FC2ブログ

ドル円急落し、一時115円台半ばへ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 原油安に伴いルーブルの下落が止まらないことから、リスク回避の動きが

    さらに強まり、ドル円は一時115円57銭まで急落。株安、金利低下もあり、

    円の買い戻しが加速。その後は原油価格が小幅に反発したことで、116円台半ば

    まで戻して引ける。

  • ユーロドルも買い戻しが進み、約2週間ぶりに1.25台まで上昇。

  • 株式市場は続落。投資家のリスク許容度が低下し、株価の下落圧力に。

    ダウは4日続落し、かろうじて1万7000ドルの大台はキープ。

  • ロシアの金融市場の混乱から米国債は買いを集め、長期金利は低下。

  • 金は続落し、原油価格は一旦下げ止まったものの、反発力は弱く

    前日とほほぼ変わらずの55.93ドルで引ける。


  • 11月住宅着工件数 → 102.8万件

  • 11月建設許可件数 → 103.5万件


    本日の注目イベント

  • 日   11月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏11月消費者物価指数(改定値)

  • 欧   ギリシャ議会、大統領選出のための第1回投票

  • 英   11月失業率

  • 英   BOE議事録

  • 米   FOMC 

  • 米   イエレン議長記者会見

  • 米   11月消費者物価指数

    通貨ルーブルを防衛するため、ロシア中銀が大幅に金利を引き上げたにもかかわらず、

    ルーブルの下げが止まらず、これが世界的な「リスクオフ」姿勢を強め、株安、債券

    高と安全通貨の円を買い戻す動きにつながっています。

    昨日の東京では117円台前半で推移しており、一時は118円に乗せる場面もあっ

    たドル円は、115円台半ばまで急落しました。

    ついに「本格的な調整」が来ました。

    まだどこまで調整局面が続くか分かりませんが、現時点でドル円は121円85銭の

    高値から約6円28銭も下落し、率にして5.15%の調整を見せたことになります。

    調整額としては年初から始まったドル高局面では最大となります。

    原油安がここまで大きく金融市場を揺さぶることになるとはやや想定外ですが、足元

    では原油安による「マイナス」の部分に焦点が当たりすぎているようにも思えます。

    少なくとも、世界経済にとって原油安は「干天の慈雨」の側面もあり、いずれは「プ

    ラス」の部分にも目が向いてくると思います。

    日米欧で急速に株価に対する悲観論が台頭してきました。

    特に日本では2週前の雰囲気とは大きく異なり、弱気論が広がって来ました。

    今日の株式市場もどこまで下げるかが焦点です。

    今年もあと2週間余りで終わろうとしている中、ドル円の値動きには目を見張るもの

    があります。これも「異次元緩和」の副作用と見ることができますが、今夜もFOM

    Cがあり、週末には日銀の金融政策決定会合が行われ、どちらも議長と総裁の記者会

    見があります。現在の負のスパイラルを断ち切るという意味で、相当な期待感もあり

    ます。

    FOMC声明文では、いわゆる「相当な期間」という文言が削除されるのかどうかが

    注目されており、

    市場のコンセンサスは、削除され、あらたに「辛抱強く」という文言が挿入されるの

    ではないか、というところです。

    仮にその様な状況になれば、利上げが近いということで、再び株価が下落するリスク

    はありますが、このあたりを、イエレン議長が自らの言葉でどのように市場に働きか

    けるのかにも注目しています。

    だた、原油価格の急落は米国のインフレ率低下圧力になっており、「相当な期間」と

    いう文言は据え置かれるのではないかという見方も根強くあります。

    インフレ率を重視すれば据え置かれ、労働市場の回復など、景気を優先すれば文言が

    外されるということになりそうですが、その意味でも声明文の中身だけではなく、イ

    エレン議長の発言にも注目が集まります。

    今日の相場もめまぐるしい展開を見せそうです。

    予想レンジも難しい状況ですが、連日2円程度の値幅を見せていることで、115円

    50銭~117円50銭程度とします。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1688-495f52e1

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。