FC2ブログ

ADP雇用者数を好感しドル円反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は反発。ADP雇用者数が24.1万人と、市場予想を上回ったことを

    好感し、119円65銭までドル高が進む。株価が大幅に反発したこともドル買い

    材料となったものの、長期金利が依然として2%を割り込んでいることでドルの

    上値も限られた。

  • ユーロ圏のCPIが「-0.2%」と発表されたことでユーロドルは1.18

    近辺まで続落。22日の理事会でECBが量的緩和に踏み切るとの観測がさらに強まった。

  • 株式市場は大幅に反発。民間雇用統計が予想を上回ったことで、明日の雇用統計にも

    期待が高まり、ダウは212ドル高。その他主要株価指数も大きく上昇。

  • 株高から債券相場は反落したものの、FOMC議事録では早期の利上げはない

    との印象から下落幅は限定的。長期金利は1.96%台までやや上昇。

  • ドル高から金は反落。原油価格も5日ぶりに小幅に反発。


  • 12月ADP雇用者数 → 24.1万人

  • 12月貿易収支    → 390億ドルの赤字

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏11月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏11月生産者物価指数

  • 英   BOE金融政策発表

  • 米   新規失業保険申請件数

    ドル円がようやく下げ止まりを見せました。

    もっとも、ドル円が下げ止まったというよりも、原油安が止まった結果、NY株式市場

    が大幅な反発を見せたことで、「リスクオフ」の流れにややブレーキがかかったという

    ことのようです。それでも原油価格の反発力は弱く、頼みの米長期金利の上昇も僅かで

    す。

    ドル円が119円65銭をつけた後に、再び118円台後半まで値を下げたのも、その

    あたりの反発力が弱かったからと考えられます。

    注目のユーロ圏CPIは市場予想の「-0.1%」から、さらに低下して「-0.2%」

    でした。原油価格の大幅下落で早ければ今回の数値で「マイナス」に陥るのではないか

    と見られていましたが、予想を超える物価の下落でした。

    さらに失業率は11.5%と、依然として高止まりしています。

    市場は、この発表を受けてECBによる量的緩和実施の可能性がさらに高まったとして

    ユーロ売りを進め、一時は1.18近辺までユーロ安が進行しました。

    ECBに残された時間はありません。

    このままでは景気はさらに悪化し、日本が脱却に苦心している「デフレ」に陥る可能性

    が高い状況です。加えてギリシャの政局不安が拡大しており、ユーロ売りに拍車を掛け

    ている状況です。

    ECBは22日の理事会で、かなりの確率で量的緩和に踏み切ると予想しています。

    国債購入を1兆ユーロほど買い入れる案が有力視されていますが、どこの国の国債をど

    れだけ買うのか詳細を巡って意見が分けれることも想定されます。

    そのため今回の理事会では結論がでず、次回に持ち越されるのではとの見方もあるよう

    です。

    ドル円は119円65銭まで反発しましたが、ここは丁度「1時間足」の「雲の上限」

    であり、見事に上昇を止められているのが見て取れます。

    もっとも、その後118円85銭近辺まで反落した際にも、今度は「雲の下限」で下落

    を止められており、テクニカルに沿った動きを見せたといえます。

    従って、現在は「雲の中」で推移していますが、119円35銭を明確に上抜け出来れ

    ばもう一段のドル高も見込めそうです。

    また、下値は118円60銭を割り込むと下落トレンド入りする可能性があります。

    ただ、既に「先行スパン1」と「先行スパン2」が「ねじれ」を完成させている点には

    注意が必要です。

    昨年12月のFOMC議事録が公表されましたが、議事録では大部分の参加者は「辛抱

    強さへの言及について、委員会が正常化プロセスを少なくとも向こう2会合で開催する

    可能性は低いことを意味しているとの認識を示した」とあり、12月のイエレン議長の

    記者会見での発言と整合しています。

    ただ、インフレ率については「コアインフレが現在の水準付近で推移している状況で正

    常化を開始する可能性があると指摘。ただその場合、参加者はインフレ率が時とともに

    2%台へと戻っていくことにある程度の自信を持ちたいとの認識を示した」とあります。

    インフレ率のメドであるコアインフレ率が2%に達しなくても、利上げの可能性がある

    ということのようです。

    本日のレンジは118円70銭~119円90銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1698-7ce2daa7

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。