FC2ブログ

米金利低下でドル円117円台半ばに  

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 昨日の東京時間に117円74銭までドル安が進んだが、その後

    株価が下げ幅を縮小したことから、118円85銭近辺まで値を戻したが

    NYで再びドルが下落。長期金利の低下と株安を背景に117円53銭まで

    円が買われる。

  • ユーロドルは次回の理事会でECBが量的緩和を行うとの発言で、

    約9年ぶりとなる1.1753までユーロ安が進む。

  • 株式市場は反発して始まったが、結局、原油安や商品相場の下落を受け

    3日続落。ダウは282ドル上昇した後、143ドル安まで下落し、27ドル安

    まで戻して引ける。

  • 債券相場は株価が最後はマイナスで引けたことや、商品相場の下落を背景に

    続伸。10年債利回りは一時1.9%台を割り込む場面も。

  • 金は続伸。原油は一時45ドル台を割り込んだが、引けでは前日比小幅安の

    45ドル89セントで取引を終える。


  • 12月財政収支 → 190億ドル


    本日の注目イベント

  • 日   12月マネーストック

  • 欧   ユーロ圏11月鉱工業生産

  • 欧   ドラギECB総裁とメルケル首相、ショイブレ財務相非公式経済会議に出席

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 米   12月小売売上高 

  • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演

  • 米  企業決算 → JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ

    ドル円は上値の重い展開が続いています。

    昨日の東京時間でも、日経平均株価が一時350円を超すマイナスになったことで、

    117円74銭までドル安が進んだが、その後は急速にドルが買い戻され、約1円

    もドル高となり118円85銭近辺まで値を戻す場面もありました。

    欧州からNYの朝方に掛けては118円台半ばで推移していましたが、NYダウが

    急速に値を下げたことに伴い、ドルは再び下落しています。

    NYダウが前日比280ドルを超える上昇から、一転してマイナスに転じると、ド

    ル円も117円台半ばまで下落し、株安、金利低下などから円が買われ易い地合い

    になっています。

    NYダウは420ドルを超える値幅を見せ、原油価格が一時44ドル台前半まで下

    げるなど、金融、商品市場は非常に荒っぽい動きをしています。

    世界的な緩和状態を背景に、大量のマネーが少しでも有利な運用先をもとめて右往

    左往している状況が続いています。

    まだ2015年が始まったばかりですが、今年1年の市場の先行きを暗示している

    ような動きと言えなくもありません。

    昨日はWTI原油価格も在庫増加観測を背景に一時は、44ドル20セントまで下

    落する場面がありました。供給が需要を上回っている状況の中、OPECが減産す

    る姿勢を見せず、近いうちに40ドルを割り込むといった見方もあります。

    原油価格の大幅下落が、物価下落圧力となり、先進諸国はデフレとの戦いを余儀な

    くされている状況です。

    そんな中、日銀は20、21日に金融政策決定会合を開き、物価情勢の展望の中間

    評価を行います。ブルームバーグが伝える所によると日銀は、原油価格が昨年10

    月以降も下落を続けていることから、15年度の生鮮食料品を除いた消費者物価指

    数(コアCPI)前年比上昇率の見通しを、前年度比1.7%上昇から下方修正す

    るようです。

    黒田日銀総裁は昨年12月の会見で、「2015年度を中心とする期間に2%程度

    に達する可能性が高い」と述べ、依然として2%物価目標の旗を下ろしてはいない

    ことから、今年のどこかのタイミングで再び「追加緩和」を行うのではないかとの

    見方も広がっています。

    原油価格は特に10月末から下げ足を速めており、昨日の44ドル台を基準にする

    と、下落率は45%と、約半値になったことを考えれば、「再追加緩和」も決して

    ないとは言い切れません。

    上述のように、ドル円は118円台後半まで反発しましたが「1時間足」の雲の下

    限で上昇を止められた形になっています。

    また「日足」では、かなり厚い雲が下方にあり、現在この雲に入ってきたところで

    す。この雲を下抜けするには113円程度まで下落する必要があり、今のところ現

    実的ではありませんが、一方で「日足」でも「遅行スパン」がローソク足を下抜け

    してきたため、ドルの下落圧力は高まっていると見ることができます。

    今日も株価とのにらみ合いになりますが、昨日のNYの下値である117円台半ば

    が抜けるかどうかがポイントになりそうです。

    予想レンジは117円20銭~118円50銭程度と見ています。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1701-c662c857

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。