FC2ブログ

NYダウ下落で昨年来の円90円台前半へ。 




2009年1月12日(月)

おはようございます。

文芸春秋に北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の横田早紀江さんが

「めぐみちゃんの贈り物」と題した手記を寄せています。

めぐみちゃんのお父さんは日銀の行員で、広島から新潟へ転勤になり

この転勤がめぐみちゃんの人生、あるいは家族の人生を大きく狂わせたわけです。

それまでのマンション生活と違って、新潟の社宅には庭があり

早紀江さんはそこにコスモスを植えました。肥料をやりすぎたせいかコスモスは大きく育ち、

それを見ためぐみちゃんが「お母さんが育てたコスモスは、風が吹いてもゆれないよ。

そのめぐみちゃんが忽然を姿を消してから31年の歳月が流れました。

早紀江さんは「めぐみは、私が育てたコスモスのように強い子です。」と

語ってはいますが、ご両親にも高齢化の波が押し寄せ、ある意味では時間との勝負になって来ています。

一日も早く解決して欲しいと、日本中の子を持つ親は願っているはずです。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 12月の雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数はマイナス52万4千人と
    市場予想より若干良かったことでドルは91円台まで上昇。

  • しかし、失業率は7.2%と前月比0.4ポイント悪化。更に10,11月の
    雇用数も15万4千人下方修正されたことで、株式市場が軟化。

  • ドル円も歩調を合わせるように下落し、一時90円15銭と昨年来の
    円高水準を記録しました。

  • 一方、ドルは対欧州通貨では、仏、独の鉱工業生産が悪化したことを受け、
    大幅なドル高となっています。





本日の注目点


      
  •  特に重要な経済指標はありません。
         

ドル円は先週末の雇用統計を受けて90円直前までドル安が進みました。

昨年末から続いた「説明の付かないドル高」もファンダメンタルズを反映した本来(?)の

姿に戻ったようです。

今後もドル安は続くというスタンスを基本に、94円65銭まで上昇したドルのサポートを

フィボナチオの視点から確認しておきたいと思います。

 94.65(1/6) - 87.10(12/17) = 7.55

 94.65 - (7.55×0.382)= 91.76

94.65 - (7.55×0.500)= 90.87

94.65 - (7.55×0.618)= 89.98

 94.65 - (7.55×0.764)= 88.88

という計算にになりが、ひとまず「61.8%」のサポート近辺を試したようです



ドルは円に対して弱含む一方、欧州通貨に対して強含んでいます。

昨年秋以降に急激な円高が始まった状況、つまり強い順に、円、ドル、欧州通貨という

パターンになってきそうです。

欧州通貨、とりわけユーロが弱含むのは、ユーロ圏の一段の景気悪化を示す指標が相次ぎ、

消費者物価の大幅下落とあいまって、今週行われるECB理事会での利下げ、またその後の

追加利下げが見込まれてきたことが主因のようです。

また先週末、S&P社がアイルランドの格付けを「Stable」から「Negative」に引き下げ、

ギリシャのソブリン格付けを引き下げる可能性があると警告したこともユーロにとって

悪材料となったようです。

いよいよ今週から来週にかけて、オバマ新大統領就任を控えてムードはドルにとって

プラスになりそうですが、それが完全に期待はずれに終わるのかどうか見極めたいと思います。














スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/173-ad5716c0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。