FC2ブログ

NYダウ大幅安。6日続落で円88円台半ば。 



おはようございます。


今週は寒い日が続いています。東京地方も朝方は0度近くになり、

朝起きるのに(勇気?)が要るようになって来ました。

駅に向かう途中、半ズボン姿の小学生を見かけます。

思わず観ているほうが「寒い・・・・」と感じてしまいます。

しかしよく考えてみれば、自分が小学生の頃も同じような格好をしていました。

私は、東京の大田区に住んでしたが、小学校までの道はまだ舗装されていない

ところもあり、

とことどころに窪みがありました。そして、冬にはその窪みが凍っていて、

その氷を割りながら登校したものです。

極めつけは、校庭の端にあったプール。

かなり厚い氷がはっていて、割って遊んだものでした。

さすがに、最近は見かけませんね。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 12月米小売売上高は前月比マイナス2.7%となり、2008年通年でも前年比
    初のマイナスを記録、個人消費の低迷が改めて鮮明になりました。

  • この発表を受けて、株式市場は寄付きから下落し、一時300ドルを超す大幅な
    下げに、ドル/円も売られ88円半ばを記録。

  • ドイツ銀行の四半期決算が48億ユーロ(約5600億円)の赤字となり、通期でも
    大幅な赤字との見通しで、ユーロが対円、ドルで下落。
    さらに、英HSBCの減配観測もあり、ユーロ下落に影響を与えたようです。

  • ベージュブックでは大半の地区で経済活動が鈍化しているとの報告があり、
    米経済のマイナス成長が続くとの見方が支配的でした。

  • NYダウは250ドルほど下げて引け、6日続落しこの間の下げ幅も780ドルとなり
    8000ドル割れも視野に入ってきました。




本日の注目点


      
  • 欧  12月ユーロ圏消費者物価指数 
  • 欧  欧州中銀(ECB)理事会 
  • 米  12月卸売物価指数
  • 米  週間失業保険申請件数
  • 米  1月NY連銀製造業景気指数 
  • 米  1月フィラデルフィア連銀景況指数      

ユーロ/ドル続落し、昨日の海外では一時1.31台を割り込みました。

本日のECB理事会での利下げ観測が強まる中、S&Pはギリシャのソブリン債を格下げ、

連日ユーロ圏主要国の格付け引き下げが続いています。

ドイツ銀行、HSBC,など欧州を代表する金融機関の業績悪化も鮮明になってきました。

また、昨日、ドイツ連邦統計庁が昨年第4・四半期のGDPについて、前期比マイナス

1.5%~2.0%になるとの見通しを示すなど、ここへ来てECBによる利下げは

避けられない状況となってきたようです。

ユーロ/ドルの1.3割れ、ユーロ/円の115円割れは射程距離に入ったようです。


しかし金融機関の業績悪化見通しは欧州だけではなく、既に米国でもドル売り、株安材料に

されています。

今朝の新聞報道にもあったように、シティグループは来週発表の四半期決算で

100億ドルの赤字になるのではという見方もあり、グループ内の不採算部門を

大幅に売却し規模を1/3にするとWSJ紙は報じています。

来週から本格化する米主要銀行の決算発表が今後の為替相場の行方に大きな影響を

与えることは間違いないところです。

その意味で、前日のバーナンキ発言(追加資本注入の用意がある。)は銀行業績悪化を

示唆していると考えざるを得ません。



予想されていたこととはいえ、昨日発表の小売売上高は、一年で最も消費が活発な

12月が前月比マイナス2.7%と落ち込み、消費低迷が改めて確認された格好です。

米国民は住宅価格の下落に伴い消費余力が無くなったうえに、雇用が不安定で

先が読めないというところでしょうか。

間もなく就任するオバマ新大統領に期待したいという気持ちも頷けますが、

同氏の手腕はまだ未知数です。

期待倒れに終わらなければいいのですが、ドル/円が90円以下で取引されて

いるということは、米国民の期待と市場参加者の見方に違いがあるということです。










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/177-a80868f7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。